着物買取!着物を高く売るなら?人気業者がおすすめの理由

着物買取!着物を高く売るなら?人気業者がおすすめの理由

  • 昔頂いた着物
  • 成人式に買ってもらった着物
  • 以前買って見た目が古い着物

もくじ

着物買取ってどんなもの?

着物というと年配の方が着用する衣服というイメージが強かったですが、近年は若者の中にも着物に関心を持ち、着付け教室などに通われる方も少なくありません。

 

また、リサイクル店でも着物を購入する事ができますので、気軽に手に入れる事ができる存在となっています。

 

そういったリサイクル店で販売されている着物というのは、着物買取によってお客様から仕入れた着物が販売されている訳ですが、着物買取は不要な着物を処分する方法としてよく利用されています。

 

着物買取を利用すれば着物をお得に処分する事ができますので、出番の無い着物がある時に役立ちますが、利用方法はいくつかあります。

 

まずは店頭へ直接行って着物買取をしてもらう方法です。

 

処分したいと思ったらその場で査定を受ける事ができますし、すぐに現金化する事ができますので、楽々着物を処分する事ができます。
業者に出張してきてもらうという方法もあります。

 

時にはどの業者が着物買取をしてくれるのかがよく分からなかったり、距離があって行くのが面倒に感じてしまう事もあるものですが、そういった時でも電話やメールで連絡する事で業者の方から来てもらう事ができます。
その為、わざわざ自身で足を運ばずとも楽々着物を売れるようになるのです。

 

因みに出張費用は無料になっている事が殆どですので気軽に依頼してみる事ができます。
着物買取を依頼するもう一つの方法として、宅配買取を利用するという選択肢もあります。

 

宅配買取は近年人気のサービスですが、業者の元へ宅配便で送って査定をしてもらう事ができますので、業者と直接会う事もなく売却する事ができます。
宅配買取で売却をキャンセルする場合、業者によっては返送費用が掛かってしまう事もありますので注意が必要です。

 

着物買取をしてくれる業者は色々ありますが、業者ごとに買取価格は異なり、さらには大きな差が付くケースも珍しくありませんので、しっかりと買取価格の比較をしてから売る事が大切です。

 

着物買取!着物を高く売るなら?人気業者がおすすめの理由
大掃除や遺品整理をした時、昔懐かしい着物を見つけた時、

ちゃんと買取業者に持っていくようにしましょう♪

「着物は着ないので、タンスに入れたまま」

 

それでは、着物がかわいそうですし、せっかくなら着物がきたいという方に届けてあげたいと思いませんか?

 

ここでは、あなたの着物を買い取って、次の方へと販売してくれる、

 

着物買取サービスをご紹介します。

 

着物買取サービスは、お近くのリサイクルショップや古着やさんとは違い、
着物一点一点を正しい値段で査定してくれるサービスです。

 

では実際に、着物買取サービスはリサイクルショップとどこが違うのか?

ご紹介していきます。

 

着物買取サービスとは?

着物買取サービスでも有名である、福ちゃん・まんがく屋・ヤマトク・買取プレミアム・スピード買取にネットで依頼して、着物を買取して貰うシステムです。

 

買い取りは証紙が残っている着物だけではありません。

 

どんなに古い着物でも、帯や小物も査定してもらうことが出来るので、今口コミで人気になっているサービスなのです。

 

もし有名作家の着物の素材をお持ちであれば、驚くべき金額で買い取ってもらえるかもしれません。

 

あなたが、今は全然着ていない着物や高級な生地の羽織があるといっても、急に買い取って貰うのは難しいかもしれません。

 

そこで、着物のプロ査定が、家まで訪問してくれるのが、着物買取サービスなのです。

 

正しく鑑定してくれる!着物買取店について

 

正しい知識で着物を査定してくれる
プロの査定員であれば、ひとつひとつを正しい知識で査定してくれます。

実は着物の査定にはかなり目利きが必要なのですが、

着物買取店のプロは熟練した査定員が買取を行うので安心です。

スピーディーに査定しそのまま現金で買取してくれる
着物が多い時は、査定に時間が掛かる場合もあるでしょう。

しかし、熟練度の高い査定員が、お客様の納得いく買取値で買い取ってくれるので、

自分では、いくらで売れるのかわからない着物をお願いすることができます。

出張料、査定料、キャンセル料が掛からない
着物を売るとき、査定員に来てもらったり、箱で着物を送ったりする場合があります。

どのように対応しても、余計な料金はかからないほうが嬉しいですよね。

今回は、着物買取で最もおすすめできる3つのお店をご紹介いたします。

着物買取店 TOP3 おすすめ店はココ!

着物買取 福ちゃん

着物買取!着物を高く売るなら?人気業者がおすすめの理由

買取方法

出張買取

宅配買取

店舗持込

買取エリア 日本全国
料金

出張訪問料 → 無料

査定料 → 無料

買取手数料 → 無料

キャンセル料 → 無料

支払方法 即日振り込み

 

着物買取具体例

 

梱包発送買取-由水十久の訪問着 梱包発送買取-久保田一竹の訪問着 梱包発送買取-結婚式の着用する黒留袖

着物買取!着物を高く売るなら?人気業者がおすすめの理由
由水十久の訪問着を売ることになりました。複数で売ればかなりの額になります。

着物買取!着物を高く売るなら?人気業者がおすすめの理由
染色家、久保田一竹の訪問着。この訪問着には、美しい色が入っていないので、買い取り額も安いです。

着物買取!着物を高く売るなら?人気業者がおすすめの理由
訪問着や黒留紬を査定に出しました。

梱包発送買取-大島紬 梱包発送買取-佐波理綴 梱包発送買取-久米島紬

着物買取!着物を高く売るなら?人気業者がおすすめの理由
着物と合わせ草履などすべてを鑑定師に見てもらったところ高額で査定してもらいました。

着物買取!着物を高く売るなら?人気業者がおすすめの理由
証紙付きの大島紬や結婚式用の着物を売却。

着物買取!着物を高く売るなら?人気業者がおすすめの理由
着物の査定額が高胃と聞いたので久米島紬を売りに出すことにしました。

 

 

口コミ情報

着物買取!着物を高く売るなら?人気業者がおすすめの理由

 

業者にお願いしようと思ったのですが、1着1,000円の買取り。

なので、買取サービスを始めて使うことにしました。

評判は良かったけど申込みはネット買取なので不安でした。

申し込み後、すぐにご連絡が来て、その日のうちに着物の査定をしていただくことになりました。

着物買取!着物を高く売るなら?人気業者がおすすめの理由

 

 
振袖を売ったので、その口コミを書きます。買取って貰ったのは、買取プレミアムです。

ネットで買取のお願いをして、すぐその日のうちに査定員が来ることになりました。

口コミの書き込みをいろいろ見ていたので、不安も無かったです。

お願いした着物はその場で現金買取してくれました!

着物買取!着物を高く売るなら?人気業者がおすすめの理由

 

 
以前持ち込みで着物を売ったことがあったのですが、1着500円だったので、今回はネット買取を利用です。

評判が一番高い買取プレミアムで買取をお願いしました。

査定員の方は、素材が良い着物なのでと12,200円で買い取り金額を出してくれました。

もう着物を使うことも無いのでそのまま買い取って貰いました。

 

 

バイセル

着物買取!着物を高く売るなら?人気業者がおすすめの理由

買取方法

出張買取

宅配買取

店舗持込

買取エリア 日本全国
料金

出張訪問料 → 無料

査定料 → 無料

買取手数料 → 無料

キャンセル料 → 無料

支払方法 即現金支払い
  • 着物買取具体例
出張買取-久保田一竹の和服 出張買取-有名作家の訪問着 出張買取-琉球藍の植物染料を用いた読谷山花織

譲り受けた和服ですが、着る機会が無くなってしまったので、今回は買取査定へ。

母親が残した訪問着を売ることに。

遺品を整理して、読谷山花織など紋織物を売却することになりました。

出張買取-大島紬 出張買取-佐波理綴 出張買取-久米島紬

民族衣装の大島紬を売ることになりました。

証紙付きなので、査定額も高くなりました。

クオリティの高い佐波理綴を売りにに出しました。

頂き物で、品も良かったので買い取り額も良い金額でした。

着なくなっていた、久米島紬を査定に出しました。

草履や小物を一緒に出し、買い取り金額も高くお見積りして頂きました。

 

 

口コミ情報

 

石井
業者にお願いしようと思ったのですが、1着1,000円の買取り。

なので、買取サービスを始めて使うことにしました。

評判は良かったけど申込みはネット買取なので不安でした。

申し込み後、すぐにご連絡が来て、その日のうちに着物の査定をしていただくことになりました。

 

 
振袖を売ったので、その口コミを書きます。買取って貰ったのは、買取プレミアムです。

ネットで買取のお願いをして、すぐその日のうちに査定員が来ることになりました。

口コミの書き込みをいろいろ見ていたので、不安も無かったです。

お願いした着物はその場で現金買取してくれました!

 

 
以前持ち込みで着物を売ったことがあったのですが、1着500円だったので、今回はネット買取を利用です。

評判が一番高い買取プレミアムで買取をお願いしました。

査定員の方は、素材が良い着物なのでと12,200円で買い取り金額を出してくれました。

もう着物を使うことも無いのでそのまま買い取って貰いました。

 

 

 

 

買取プレミアム

着物買取!着物を高く売るなら?人気業者がおすすめの理由

買取方法

出張買取

宅配買取

店舗持込

買取エリア 青森県・秋田県・福島県・東京都・神奈川県

千葉県・埼玉県・群馬県・静岡県

岐阜県・愛知県・大阪府・兵庫県・京都府・奈良県

滋賀県・和歌山県・福岡県

熊本県・鹿児島県

料金

出張訪問料 → 無料

査定料 → 無料

買取手数料 → 無料

キャンセル料 → 無料

支払方法 即現金支払い
  • 着物買取具体例
出張買取-金が少ない白綾苑大庭の袋帯 出張買取-著名作家の訪問着 出張買取-価値のある加賀友禅の着物

白綾苑大庭の袋帯は貴重で10万以上するものが多いです。今回も珍しい柄の着物を売却しました。

著名作家の着物数点を証紙付きで買取したところ。思ったより高い値段で買い取ってくれました。

加賀友禅の着物が色、染色など奇麗なまま買取しました。金沢の風土が描かれた素敵な着物です。

出張買取-反物の和服 出張買取-夏着物(薄物) 出張買取-着物一式

祖父が残した反物をそのまま売却しました。反物の和服はかなり良い価格になります。

懐かしい夏着物を売却しました。柄は暗い感じでも証紙付きだから、良い値段で査定してくれます。

タンスにしまいっぱなしの着物を売りに出しました。珍しい動物柄の着物や草履を合わせて売りに出しました。

 

 

口コミ情報

 

石井
業者にお願いしようと思ったのですが、1着1,000円の買取り。

なので、買取サービスを始めて使うことにしました。

評判は良かったけど申込みはネット買取なので不安でした。

申し込み後、すぐにご連絡が来て、その日のうちに着物の査定をしていただくことになりました。

 

南田
振袖を売ったので、その口コミを書きます。買取って貰ったのは、買取プレミアムです。

ネットで買取のお願いをして、すぐその日のうちに査定員が来ることになりました。

口コミの書き込みをいろいろ見ていたので、不安も無かったです。

お願いした着物はその場で現金買取してくれました!

 

佐々木
以前持ち込みで着物を売ったことがあったのですが、1着500円だったので、今回はネット買取を利用です。

評判が一番高い買取プレミアムで買取をお願いしました。

査定員の方は、素材が良い着物なのでと12,200円で買い取り金額を出してくれました。

もう着物を使うことも無いのでそのまま買い取って貰いました。

 

 

 

着物買取 福ちゃんが一番おすすめな理由は?

 

福ちゃんは、他の着物買取ショップとは違う満足感があります。

そのおすすめしたい4つの満足度を紹介します。

着物を売った後も対応することが出来る。
着物を売った後、クリーングオフが出来る。
査定、キャンセル、手数料が無料。
納得した値段で査定してくれる。

福ちゃんの納得プランは上記の4つとなります。

 

福ちゃんの着物買取が充実しているか わかるでしょう。

 

もちろん、それは買い取る業者によって変わってきます。

 

 

着物をうまく売るときの基礎知識

着物買取の相場 アンティーク着物について 浴衣の着物の売却
着物買取の相場
売りたい着物の相場を知ったほうが買取して貰いやすいものです。

詳細はコチラ>>

アンティーク着物
値が付きやすいアンティーク着物。アンティーク着物についてご紹介。

詳細はコチラ>>

浴衣
浴衣の着物は売ることが出来る?買うことが出来る?

詳細はコチラ>>

 

どのような着物が高く買取して貰えるのか?

 

高額買い取り希望なら、着物の保存状態が良いことが必須

 

新品や仕付けが付いているといった1度も着ていない着物はもちろん、着たことがあっても着用回数が少なければ、高額での買い取りが期待できます。

 

ただ、「シミ」、「色落ち」、「汚れ」、「虫食い」「カビ」があれば、価値がかなり下がると考えて下さい。

 

着物の生地の質やサイズ、作家ものかどうか

 

生地の質が「正絹」ならば高額買い取り査定の対象になりますが、着物のサイズが小さすぎたり特殊なサイズは買い取り価格が低くなります。

 

身丈が160センチ~、裄丈が65センチ~であれば大丈夫です。

 

さらに、作家は人間国宝作家をはじめ、工芸会や国画会などで有名な作家、そして老舗の呉服屋が仕立てた着物などは、高額買い取りしてくれますよ。

 

現代風のような着物ではなく、古い色や柄であれば、査定額が低くなるかもしれません。

 

証紙があるかどうか

 

着物の品質や産地などを証明できるのが「証紙」ですが、証紙があるのとないのとでは査定の金額が大きく変わります。

 

着物買取サービスは「訪問」がおすすめ!そのわけは?!

 

着物買い取りサービスを取り扱っているものに「ネット」「古着屋」「リサイクルショップ」「質屋」などがあります。

 

中でもおすすめなのは家に訪問して査定をする「着物買い取り専門店」です。

 

ネットやリサイクルショップ、そして古着屋は利用しやすいです。

 

その理由として、市内に古着屋があれば、自分の高級な記事を持ち込みで買取って貰えばよいのですが、大切な着物の扱いが雑な場合がありますし、買い取り価格が安価な場合が多いです。

 

また、質屋は目利きの店員がいれば良いですが、全ての質屋さんに目利きの店員がいるとは限りませんし、質屋に入ること自体抵抗を感じてしまいます。

 

なかには、生地に値段が付かず処分ということだってあるのです。

 

ところが、着物買い取り専門店は着物専門ですから信頼できます。

 

経験のある着物専門だからこそ、着物を丁寧に扱ってくれますし、何よりも家に訪問してくれる「出張査定」があるので、目の前で丁寧に査定をしてくれるので、信頼が出来ますしお客様の評判も良いのです。

 

着物買取の悩みQ&A

 

どんな着物の種類が高く買い取ってもらうことができる?

 

着物には様々な種類がありあますが、最も高く買い取ってもらうことができるのは「訪問着」になります。

 

続いて

 

・「振袖」 ・「紬(つむぎ)」 ・「留袖」 ・「小紋」 ・「帯」

 

の順で高額で買い取ってもらうことが期待できます。

 

どんな柄が高く売れますか?

 

訪問着は流行の柄に高値がつくことが多いのですが、 「古典柄」も高く売れることがあります。

 

なぜなら、訪問着を着る年齢層が 「きちんとした場に行く機会の多い大人」が多いということ。

 

なので、古典柄も需要が多いので、高く売ることができます。

 

「流行の柄」や「古典柄」で未使用品の場合、 高値で買い取ってもらえる可能性があります。

 

母が着ていた小紋の着物が沢山あるのですが、高く買ってもらえますか?

 

小紋は、ちょっとした外出などの、いわゆる「普段着」として着ることが多いです。

 

そのため高値では買取しない場合が多いようです。

 

ですが、小紋でも例外なのが「江戸小紋」。

 

江戸小紋は、遠くから見ると、柄はほとんど分からず、色無地に見えます。

 

柄が細かいほど格が高くなり、有名作家の江戸小紋などは 高値で買い取りしてもらえる場合があります。

 

母が30年前に着ていた着物を売りたい!古いけど大丈夫?

 

多くの買い取り店が10年以内のものを、高い値段で買い取っています。

 

ですが、10年以上であっても、有名な作家の着物であったり、 色や柄、そして保存状態が良いものであれば、高い査定金額が付くことがあります。

 

「保存状態」について補足すると、自分ではきちんと保存しているつもりでも、 絹というのは年月が経つと劣化してしまいます。

 

見た目は華やかでも、裏地の色が褪せていたり、金や銀、箔が変色してしまうので、着る機会がなくなった着物は、早めに買い取り査定に出す事をおすすめします。

 

信頼できる着物買い取り店とそうではない店。見分けるポイントを知りたい!

 

経営年数を見よう

 

近年、買い取り専門店が増えていますが、中には買い取りをきっかけにブランド品や金などといった買い取りを促すことを目的にした店舗も存在します。

 

大切に保存していたものを売るなら

 

「目利きや熟練の鑑定士が在籍していること」

 

「10年以上もの経営年数があること」

 

を目安にして下さい。

 

専門性が高い買い取り店かどうかを見よう

 

訪問して買い取りを行う専門店や宅配買い取り専門店などは、買い取りサービスに特化したお店です。

 

こういったお店というのは、店舗の立地コスト、運営コスト、さらに人件費などというものを効率よく圧縮させることができる特徴があり、圧縮させた分を高額買い取りや他のサービスに還元することかできます。

 

このことから、宅配や訪問で買い取りを行う専門店は、信頼できるだけでなく高額な買い取りが期待できるのが分かりますね。

 

着物の買い取り価格を知りたい!相場はどれくらい?

 

条件として汚れや傷がなく、かつ10年以内で証紙付きの正絹の着物であれば、

 

・振袖→1万円
・訪問着や付け下げ→1万円
・紬→7000円
・黒留袖→6000円
・小紋→6000円
・袋帯→8000円
・名古屋帯→6000円
・根付、帯揚げ、帯締め、下駄などといった小物→1000円~2000円

 

となっています。

 

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

正絹なのかどうか自分で判断できない場合は?

 

洋服とは違って品質表示のタグがついてない場合がほとんどです。

 

正絹かどうかは、普段から着物を扱っている方や呉服屋さんなら、 よほど古いものや特殊な織り方でない限り、手触りなどで分かるそうです。

 

自分で正絹かどうか判断できない場合は、買取査定をしてもらいましょう。

 

その場合、査定料がかからない着物買取店がオススメです。

 

バッグや雨コートなど、着物以外のものも買い取ってくれる?

 

多くの着物買い取り店は、 「バッグ」「帯」「草履」「下駄」「根付」「扇子」「帯揚げ」「かんざし」などといった、 和装小物も買い取りを行います。

 

また「雨コート」「長襦袢」なども買い取り対象となります。

 

高額買い取りをしてもらうなら?コツを知りたい!

 

上記でもお伝えしているように、バッグや草履、雨コートなど、 着物と一緒に使うものも査定の対象になります。

 

使わなくなった和装小物があれば、一緒に査定に出すのがオススメ。
小物そのものに高値が付くことは期待できないかもしれませんが、 まとめて査定してもらうことで、着物の買い取り価格にプラスアルファを 提示してくれる場合がありますよ。

 

もちろん、和装小物も合わせて買い取りに出すなら、小物の保存状態も確認する必要があります。

 

ウールや化繊の着物も買取り対象になる?

 

ウールや化繊の場合、古着を扱うリサイクル店などでは値が付かなかったり、 安かったりすることが多いです。

 

ですが、着物買取店など「流通ルート」がある店の場合は、買い取ってもらえることもあります。

 

ウールや化繊の着物でも人気のある「有名ブランド」の着物だったり、未使用品、 見た目では正絹にも見えるような作りのものは買取してもらえる事もあります。

着物の買取査定ポイント

サイズと質について

着物は日本の文化とは気っても着ることのできない深い縁が有り、洋服文化が定着した現代であっても非常に価値のあるものとして扱われています。
そのため、着物処分をする必要がある場合もただ捨てるのではなく、買取に出すことで現金に変えようとする人が非常に多くなっています。
着物買取りの際には、主に三つのポイントがチェックされるのが主流となっています。
まず最初に重要になるのが、生地の質です。
現在の着物は普段着としてではなく、結婚式などの特別な席で着るものとなっています。
そのため現在着物買取りが行われているのはほとんどが見栄えのする正絹でできたものであり、ウールや綿でできたものは殆ど着物買取りの対象となっていません。
ウールや綿の着物や、普段着の紬であっても、それが伝統工芸品であったり著名な作家の作品でも無い限りは、査定をしてもらっても大した値段が付かないということになりがちです。
第二に重要になるのがサイズです。
買取られていった着物は基本的に、手を加えずにそのまま店頭に並んで転売される傾向にあります。
そのため、着物買取りで高額な査定額がつくのは、ほとんどが多くの人が着ることのできる一般的なサイズのものです。
あまりにも大きすぎるものや小さすぎるものなどは着る人を選んでしまうため、買取という綿ではあまり好まれません。
最後に確認されるポイントが、保存状態です。
着物は基本的にそのまま転売されますから、着物買取り業者からしてみれば「手入れの必要の無い、すぐに転売できるもの」が好まれます。
そのため保存状態が悪い着物ですと査定額が落ちてしまったり、着物としての価値が損なわれるほど酷い状態のものはそもそも買取りの対象にすらならないこともあります。
なるべく普段から風に当てたり、防虫剤を入れるなどしての対策が必要となるでしょう。
ここまでで紹介した三つの要素は着物買取りのうえで大変重要になりますが、どれかの条件を満たしていない場合であっても、業者によっては例外的に買取をしてもらえる場合もあります。
そのため、不要な着物が出た際には自分で判断せず、なるべく専門の業者に一度相談してみるようにすると良いでしょう。

ブランド・作家

着物買取りの査定時にポイントとなる項目:有名作家、ブランド品
何かしらの理由で不要な着物が出た時には簡単には処分せず、まずは着物買取を依頼してみる事が大切と言えます。
着物によっては非常に高い価値がありますので、素人判断で無価値と判断しない事が大切です。
では、どういった着物なら高値で買取ってもらう事ができるのかと言いますと、例えば有名作家やブランド品の着物は高い価値があります。
有名作家などの着物は愛好者も多いですし、数が少なく希少だったりもしますので、そういった着物の場合ですと時には何百万円という高い買取価格が付く可能性もあるのです。
因みに実際に着物買取を依頼する際には実績のある買取店に査定を依頼する事が大切です。
特に着物というのは目利きが難しいと言われていますので、着物に関しての高い知識を持っている買取店に見てもらうようにしないと、安値での買取に終わってしまう事もあります。
やはりせっかく売却をするのなら損をする着物買取にはしたくないものですので、その為にも査定を依頼する買取店選びはしっかりと行う必要があります。
また、買取店によって価格の付け方は違っていますので、いくつかの買取店に査定を依頼する事も大切と言えます。
面倒だからと一つの買取店での査定で売却を決めてしまうと、もっと高く売れるチャンスを逃す事になりますので注意が必要です。
実際に着物買取を依頼する際には、しっかりと付属品を用意しておく事が大切です。
付属品と一口にいっても色々なありますが、中でも大切なのが証紙です。
証紙というのは売りたい着物の産地を見極める為の大切な判断材料になりますので、有無によって査定結果が違ってくる事もあります。
証紙は布や紙、端切れになっていますので、そういった付属品が無いかをチェックしてみる必要があります。
着物買取の際にはできるだけ綺麗に畳みシワが無い状態にしておく事も大切です。
状態によって印象が違ってきますし、印象を良くする事で高値に繋がり易くなりますので、鑑定士の心証を良くする為にもちょっとした気配りが大切です。

柄の流行

着物買取りの査定時にポイントとなる項目:柄の流行
着物買取りの査定時には、柄の流行が非常に強く関係してきます。
通常の洋服などを買取りに出す際は、どうしても現在の流行の服とそうでない服との間に大きな需要の差がありますから、査定には差が出てくるのが通常です。
一般的に身近ではない着物買取りの場合であってもこれは変わることはありません。
着物も人が着る衣装の一つですから、中古着物を買う人それぞれにとっての好みが存在しています。
極端な話にはなりますが、誰でも着られるような柄の着物であればそれだけ色々な人が買う可能性がありますし、誰も着たがらないような柄の着物であれば当然、誰も買ってくれないということになってしまうためです。
基本的に着物買取りで買取られていったほとんどの着物は生地などに加工されるわけではなく、着物としてそのまま転売されることとなりますので、その時々の中古着物市場において需要がないと判断されてしまう着物はどうしても査定額が低くなってしまうのです。
こうしたことを防ぐには、着物を買うときから柄に関して注意を払うことが必要になります。
例えばそのときに流行していた柄を買うのではなく、どのような人でも欲しがるような柄のものを買うことなどが有効だといえるでしょう。
また着物はその長い歴史の中で、多くの着物に連綿と受け継がれている「古典柄」と呼ばれる柄があります。
例えば落ち着いた色合いの上に乗せられた鮮やかな草花文様や宝尽くし文様といったものはどのような年齢の人であっても着こなすことが出来ますし、色が少し派手であっても描かれている柄が誰にでも好まれるようなささやかなものであれば、そういった着物が柄の流行を受けて価値を下げるといったことはほとんどありません。
着物を買うときは時として、人とは違うものを着たいという衝動に襲われがちですが、もしいつか着物買取りに出すと考えているのであれば、なるべく柄の流行を受けないようなものを買うようにすると良いでしょう。

着物の高額買取ポイント

大きめのサイズか?

高値で着物買取りしてもらうために必要な項目:大きめの着物かどうか
着なくなった自分の着物や亡くなった家族が所有していた着物などもう袖を通すことないタンスや納戸などに眠ってしまっている着物を所有していることも少なからずあるのではないでしょうか。そしてその場合もう着ることがないとわかっていても捨てるには忍びない思いになったり、だからと言ってこのまま持ち続けてもタンスなどの肥やしにしかならないという思いになったり、どうすればよいかわからないままずっと持ち続けているといった悩みを持っている方も多いでしょう。
そんな時の解決法のひとつとして着物買取専門店に着物の買い取りを依頼するのも良いのではないでしょうか。捨てて処分する訳ではなく、着物買取りの専門業者に買い取ってもらうことでまたそれを有効に活用してもらえる可能性がひろがり無駄にしたという気持ちになりませんよね。そして買い取ってもらえることで不用なものをお金に換えることが出来るのも嬉しいものです。着ないものとは言え高価で大切な着物です。折角着物買取りに出すのであれば少しでも高値で査定してもらいたいと願うのは当然のことでしょう。
高値で着物買取りをしてもらうために必要な項目がいくつかあります。当然ながら購入時にそれなりの金額がした質の良い着物かどうか、シミや汚れがない綺麗な状態の着物であるかどうか、有名な作家やデザイナーが手掛けた着物かどうかなどの点も高値の査定に関わる項目に挙げることが出来ます。そしてその他に見落としがちでありながら大切なポイントとして大きめの着物であるかどうかがあります。基本的に着物買取りでは仕立て直しをすることなく転売することが多い為、より多くの方が着ることが出来るサイズの着物であることは重要なポイントになり、そうであれば高い評価の査定がされるのです。特に女性の着物は着丈より長い着物を腰紐を使ってたくし上げて着用します。ですので多少長くでも調整することが出来ますが、短いとどうすることも出来ません。またあまりにも大きいものは小さく仕立て直すことが可能ですが、逆は無理ですよね。
こうしたことから着物買取りにはサイズも重視され大きめのものが高評価であることも覚えておきましょう。

生地の品質

高値で着物買取りしてもらうために必要な項目:生地が上質かどうか
着物処分の際に着物買取りに出すということは、ただ着物を捨ててしまうのとは異なり、持ち主にお金が渡されます。
着物を処分する理由は人それぞれですが、ただ着物を捨てるよりも、なるべくであれば最後まで有効活用をしたいと考える人は多く、着物買取りは高い人気を持っています。
ですが着物買取りではどのようなものでも買取ってもらえるというわけではなく、いくつかの条件を満たす必要があります。
そのなかでも最も重要な条件となるのが、生地が上質かどうかという点です。
今現在の日本では洋服文化が非常に定着しており、日常的に着物が着られるということは殆どなくなってしまいました。
そのため、現在の中古着物市場においても需要があるのはほとんどが、正絹でできた訪問着に限られています。
着物買取り業者にとっては売れる可能性の低いウールや綿の着物は、なるべくであれば仕入れたくないと考えるのです。
では正絹であればそれでいいのかと言われれば、生地が正絹であっても買取の際にはさらに確認されるポイントがあります。
それが、生地に汚れや痛みはないかという点です。
正絹のような素材は特に繊細であり、多少の湿気や扱いのミスで、大きく痛むこともあります。
特に処分に出そうとする着物のほとんどは着る機会がなかったか、もう着ることが出来なくなってしまったかのどちらかであることが多く、長期にわたってたんすの中にしまわれていた着物などは湿気で品質が劣化してしまっていることも少なくありません。
正絹は大変美しいものですが、一度失われてしまった価値を取り戻すのは容易ではありません。
基本的に買取られていく着物はそのまま店頭に並べられて、中古着物として転売されることになります。
転売するに当たってはなるべく安く仕入れてそのまま売りたいと考えるものですから、生地が劣化してしまっているものはどうしても査定額が下がってしまったり、買取をしてもらえないということになりがちなのです。
ですが着物の価値判断には非常に専門的な知識が必要ですので、もし処分しようと考えている着物が上質なものでなくとも、可能であれば一度、専門の業者に判断してもらうようにすると良いでしょう。

保管状態

高値で着物買取りしてもらうために必要な項目:シミや黄ばみがない保存状態の良い物か
着物を着用した後はきちんと手入れをして保存をすることでシミや黄ばみから守ることができます。
着用したあとすぐに箪笥に閉まってしまうと体温で温まった温度や汗などの湿気で、カビや黄ばみの原因になってしまいます。
そこで 着用後はすぐにきもの用ハンガーにかけて一晩つるしておきます。
一晩が無理でも最低2時間直射日光が当たらず風の当たる部屋にかけておきます。
そのあと乾いたタオルで着物についたほこりをこすらずに取り除き、汚れや黄ばみがないかを確認します。
シミを見つけたら糸などで印をつけて原因がわかればメモをしておきます。
汗が原因なら水で絞ったタオルでふき取った後、風を通しておきます。
頑固なシミの場合は早い目に着物専門店に相談し、対処をします。
半襟の首筋に当たる部分などはぬるま湯に中性洗剤を混ぜたものでたたくように洗います。
しわに関してはアイロンをかけておきます。
そのように大切に手入れされた着物でも、やがて使わなくなって着物買取に出すことがあります。
着物買取りで少しでも高く買い取ってもらうには、着物の生地や柄に左右されますが、それ以外に着物の保存状態も大きく左右されます。
すぐにでも着ることができるきれいな着物は高額着物買取の第一条件です。
だから着物を着ていたころの、着用後の手入れや保存が正しくされ、シミや黄ばみがない状態にしておくことが大切です。
クリーニングに出したことがないものがないということも高額着物買取の条件になります。
そのためには着物の手入れを正しく知って着用をしていたということが大切になってくるのです。
そのほかにもサイズが大きすぎず小さすぎず適当な大きさであることや、仕立てが老舗の呉服屋さんで行われたもの、またデパートなどの展覧会で購入したものは高額な買取価格になるようです。
車にしても着物にしても宝石などにしても保存状態がいいということは高額買取には不可欠です。
特にこのような高価な商品はその商品を愛し、売却のことも考え、大切に扱うことが必要なのです。

着物の査定時のポイント

伝統工芸の袖かどうか

着物買り時の鑑定でみられるポイントって?:伝統工芸の袖かどうか
着物買取りに置いて買取られていく着物は、ほとんどが正絹でできた訪問着です。
現在の着物は、ほとんどが晴れの舞台に着ることを目的として買われていくものとなっていますので、普段に着ることを目的とした紬などは、どうしても値段が付かないことが多くなってしまっています。
ですが、そういった場合であっても例外が存在しています。
着物買取りにおける紬の例外が、それが「伝統工芸の袖」であった場合です。
例えば大石紬や牛首紬といったものは非常に価値があり、それが伝統工芸によって作られたものであるとしっかり鑑定してもらうことさえ出来れば、時として一般の訪問着よりも遥かに高額な査定額が付くこともあるのです。
ですが、着物買取りにおいて伝統工芸の袖を買取ってもらうには、大きな注意点があります。
それが「伝統工芸の袖であることを証明すること」です。
一般的に着物買取りを行う査定担当者は着物に関する深い知識を持っていますので、着物を見ればある程度まではそれが何という銘柄であり、どのような生地で、どれくらいの価値があるのかという事を調べることが出来ます。
しかしながらそういった場合であっても、しっかりとした証明があればより高額の査定をしてもらうことができるようになります。
それに必要なのが「証紙」と呼ばれる、着物の証明書です。
証紙は基本的に着物であれば購入した際に手渡され、反物を買って着物を仕立てたときであっても反物に付属しているものです。
証紙がついていないという着物は、ほとんど無いといって差し支えありません。
この証紙にはその着物・反物が、どこの地方の何という銘柄なのか、またそれに使われている生地は何なのかということが表記されており、着物の価値を裏づける役割を屋足してくれます。
中古着物を店頭に並べる際は、この証紙が歩かないかで大きく価値が変動することも珍しくありませんので、着物買取りの際はこの証紙がついていることが好ましいとされているのです。伝統工芸の袖をもっており、着物買取りに出そうとする際は、必ず証紙が手元にあるかどうか確認すると良いでしょう。

老舗の呉服屋

着物買り時の鑑定でみられるポイントって?:老舗の呉服屋でしたてたものかどうか
現代の日本においては、着物を着て街を歩いている人を見かけることが、ほとんどなくなりました。しかし、昔は頻繁に着ていたため、自宅に着物を保管してあるという人は珍しくありません。たいていの人は、何か特別な式典が開かれる場合などに、着物を取り出して着るようにしています。ただ、着用しない期間が長くなってくると、次第に着物の生地が傷んできます。傷んでいることが明らかに分かってしまう着物は、もう着ることができなくなります。着用しないことが確実な着物は、思いきって処分してしまうことも重要なことです。近年は、さまざまな業者が着物買取を手がけています。着物買取のサービスを利用して処分するようにすれば、着物を廃棄したりする手間が省けます。

 

着物買取の業者は多数あるため、利用しやすい業者を探すことが大切です。着物買取の手続きを進める中で、業者と交渉する場面があります。業者と自分との相性も大きく関係してくるので、複数の業者を比較してから決めるべきです。そして、業者と交渉するために、しっかりと着物に関する知識を身につける努力を怠ってはいけません。

 

着物買取では、着物の鑑定が行われます。保管状態が良好であるか、どのような生地なのか、など複数のチェック項目があります。基準は業者によって異なりますが、買取金額を決めるための重要な工程なので、鑑定を行わない業者はありません。

 

また、着物の保管状態などが良好だからといって、必ずしも高い金額が付けられるとは限りません。どのような場所で作られた着物なのか、という点も評価の対象となるのです。呉服屋で仕立てられているのが一般的ですが、どの呉服屋でも同じ技術を持っているわけではありません。老舗の呉服屋で仕立てた着物と、比較的新しい呉服屋で仕立てた着物とでは、着物買取の際には金額に差が生じてくるのです。業者からは、老舗だったのかどうかを必ず確認されます。老舗で仕立てた着物で、保管状態が良ければ、高い金額になりやすいです。

美術展覧会で購入

着物買り時の鑑定でみられるポイントって?:美術展覧会で購入したものかどうか
着物というのは、さまざまな生地から作られていて、独特の魅力があるものです。昔の日本では、着物を着用するのが当たり前でしたが、現代ではほとんど着ている人がいません。着物を持っている人は多いものの、自宅で眠らせたままになってしまっている人が大半なのです。しかし、着ないまま保管していると、いざ着ようとして取り出した時、生地が劣化していて使い物にならないものです。必要の無くなった着物は、保管したままにするのではなく、処分することも大切です。近年では、着物買取というサービスがあり、業者が買い取ってくれる場合が多いです。積極的に着物買取を利用すると、処分する際に手間がかからずに済みます。

 

着物買取を利用する場合、さまざまなことに注意しなければなりません。まずは、複数ある業者の中から、買い取ってもらう業者を見つけることが必要です。適切な業者を選ばないと、買取金額が低くなってしまうものです。業者との交渉を行う場合に、業者の言いなりにならないためには、着物に関する知識を身につけることも重要になります。

 

着物買取の業者は、買取手続きを進めるに当たって、鑑定作業を行います。着物買取の対象になっている着物かどうか、着物の保管状態が良好であるか、どのような布・生地が用いられているか、などをチェックするのです。鑑定を行った上で、買取金額を決めることになります。

 

着物買取の査定で見られているのは、着物そのものの状態だけではありません。どのような場で手に入れた着物であるか、という点も重要になります。たとえば、美術展覧会で購入した着物であるか、という点を確認されます。着物を入手した経緯というのは、その着物に価値があるのかどうかを判断するために、必要な情報なのです。美術展覧会などの場であれば、取り扱っている着物の品質も保証されているものです。

 

着物買取で有利な取り扱いを受けるためには、積極的に知識を身につける努力をする必要があるのです。

 

買取可能な着物の品目例

黒留袖

黒留袖は着物の中で振り袖と並んで最も格の高い第一礼装になります。
黒留袖とは黒地の着物の背、両胸、両袖の五ヶ所に紋を染め抜き、裾に模様を描いた着物で、衿や裾が2枚に見える比翼仕立てにして着用します。
結婚式や披露宴での新郎新婦の母親、親族などの近親者や仲人の人が着用するものなので切る機会が増えてくる可能性があるので、着物買取においても需要が多くあります。

 

生地や模様によっても着物買い取りの査定が変わってきます。黒留袖の生地は一越縮緬が多く用いられ、共八掛がついてきます。
模様は裾だけで縫い目で模様が途切れない絵羽模様になっていて、この模様は染め、刺繍、泊を用いて松竹梅、鶴亀などの有職模様、正倉院模様などがあります。

 

最近のものだと、生地が化繊だったり、模様がプリントだったりするので着物買取をしてもらえないかもしれません。
明治や大正のものですと正絹が使われていて、職人が手間ひまかけて生み出すような着物となっているのでプラス査定となることが考えられます。

 

また、帯や小物もあると着物買取の値段が高くなる可能性があります。
帯はベルトのような感じに思われますが着物の姿にとって大切なものです。例えば黒留袖の模様が格式のある模様の時はその格式に合う有職模様の帯を、風景模様のように趣きのある模様の時には、重くなく動きのある模様の帯をというように組み合わされていれば、調和のとれた美しく品格のある装いとなるからです。
有名な作家や伝統工芸品は専門的な知識が必要なので折紙や箱書きといった鑑定書のようなものがあれば着物買取に有利です。
一生物と言われているぐらい高価なもので保存期間も長いので、風通しがよく直射日光が当たらない場所で保存するようにしたほうがよいでしょう。

色留袖

色留袖は黒留袖のように用途が狭くないので着る機会が広くなります。
着る機会が増えればそれだけ需要が増えるので着物買取もしてもらいやすくなります。

 

ではどういった時に着るかというと、三つ紋付きは親族の結婚式や叙勲の時で、一つ紋付きは白の重ね衿と白の帯締め帯揚げと白の長襦袢を合わせて結婚式に出席したり、色ものの重ね襟と帯締めを合わせればパーティーや入学式、卒業式など訪問着として着用することができます。

 

色留袖でおしゃれを楽しむ人も増えてきています。黒留袖は格式のある文様が使われていますが、色留袖は格式よりも、華やかさや優雅さに重点を置いた訪問着のような文様があるからです。
着る機会の多い文様であれば、多くの人が欲しがる文様ということもあって着物買取査定もアップする可能性があります。

 

また、着物買取で買取価格が変わるのが有名な作家のものか伝統工芸品かでも決まります。
アンティーク商品ですと、作家の名前が入った折り紙や鑑定書があるかどうかで本物か偽物かを見分ける材料になるのと同じように着物でも同じことが言えます。

 

伝統工芸品などの昔の物は手作業によって作られているため生産量が低く、作業工程が多いものであればそれだけひとつひとつ丁寧に作られていることもあって査定額も高くなる可能性があります。
着物買取に持って行く時には、折り紙や鑑定書や帯や小物などがあれば一緒に持って行くとよいでしょう。

小物類

襦袢や足袋、腰紐など1点ものの小物類でも着物買取の対象になります。
最近では、着物買取の対象となる品目も増えてきました。現在では、インターネットで買取を申し込むこともできますし、店舗に着物を持ち込むこともできます。
店舗が遠い場合は宅配買取を依頼することもでき、自宅にいながら買取を行うことができます。

 

処分した方が手っ取り早いと感じる方も多いようですが、実はそうではありません。
着物の印象を左右する小物類はとても貴重なものなので、様々なところから買取が行われているのです。
特に着物買取は、そのような関連品も買取してもらうことが可能なため、非常に高値で買取してもらえることが多いのです。

 

これまで小物類にこだわってきた方であれば、小物類でも良い値段がつくことが多いようです。
着物買取だからといって、着物ばかりが持ち込まれるわけではなく、草履やバッグなども持ち込まれることがあります。

 

もちろん、しっかりとしたお値段がつきますので、安心して買取に出すことができます。
また、最近ではしっかりと買取をしてくれるところも増えてきており、1点1点値段を連絡してくれるところもあります。
色々な業者が買取をしているので、高値で買い取ってもらえる可能性が非常に大きいのがメリットです。

訪問着

中古着物市場で最も人気があるのは、訪問着です。
振袖も人気ですが、基本的に未婚の女性しか着ないため、汎用性はやや低めです。
また、結婚後もお呼ばれで着物を着たい人は訪問着を選ぶことが多いので、訪問着の需要は強いです。
呉服屋さんで訪問着を購入する際には、いくつかのポイントに注意する必要があります。
まず、訪問着の品質です。
着物には、加賀友禅や西陣織など様々なブランドがあります。
着物買取では、このような有名な着物は非常に需要が高く、高く売ることができるため、特に高額査定になります。
それと同時に、着物の状態も大きく関係してきます。
どんなに豪華絢爛な着物でも、傷んでいたり汚れていたりすると、価値がないと判断されます。
正絹で作られた着物はとても繊細で、一度価値を失ってしまった着物を蘇らせるのは大変な時間と労力を要します。
そのため、着物買取では、できるだけ、すぐに次のお客さまにお売りいただける状態のものが好まれます。
そして最後の重要なポイントは、証紙(しょうし)が用意されているかどうかということです。
証紙とは、いわば着物や反物ごとに発行される証明書です。
その着物がどのようなブランドで、どのような生地で作られているかを証明するもので、これがないと、査定されたときの値段が大きく違ってくるのです。
着物はとても高価なものですから、処分するのであれば、できるだけ高い値段で引き取ってもらうのが損をしない方法です。

 

布の種類

厚司織

厚司織は北海道沙流郡平取町にて生産されています。アイヌ民族の織物の一つで、柔らかさと丈夫さを兼ね備えた優れた特性を持っています。
織りの工程は、機械ではなく、すべて手作業で行われるのが特徴です。
古来より篤志織は、普段着としても高級衣料としても使用されてきました。現在では、壁掛けや土産用のバッグなどにも使われています。

 

買取の際、厚司織は高く評価されますが、保管状態が悪いと、厚司織が良くても金額が下がってしまいます。

刺しこぎん

刺しこぎんは、青森県の津軽地方に伝わっているものです。
非常に長い伝統があり、多くの人々に愛されています。現代とは異なり、昔の社会ではかぶり物、肌着、帯など、さまざまなものに規制がかけられていて、使用する生地などにも限定がありました。
高い技術で作られた刺しこぎんの着物は、当時の規制にも従っていて、丈夫さなどにも定評があります。

 

津軽地方というのは、非常に寒い地域なので、農民自身が寒さから身体を守るための着物が必要とされてきました。
気候などを考慮して作られてきた着物なので、とても優れた品質を維持していたのです。
着物買取の場面でも、刺しこぎんは高い評価を受けています。

南部紬

南部紬は岩手県岩泉町や花泉町でつくられているもので、美しい縦縞と紫がかった染め色が特徴です。
結城や大島ほど高価ではありませんが、ラフな着心地や布自体の素朴な味わいから、高い人気を誇っています。
着物買取の価格は布の種類、つくられた年代、色や柄、シミや傷の有無、保存状態の善し悪しなどで激しく変動します。
ですから、買取の相場を一概にこうと決めつけることはできません。近年では作業効率を上げるため、あらかじめ縒られている紡績絹糸が交ぜられたり、伝統的な地機ではなく力織機を使って織られている場合もありますから、着物買取の値段を個人で判断するのはますます難しくなるでしょう。

鹿角紫根染

鹿角紫根染は、主に秋田県の鹿角市花輪という地域で生産されている布です。茜や紫根を染料に使用していて、羽二重、紬、あるいは木綿といった布地を無地染または絞染にしたものです。鹿角紫根染の紋様には4種類があります。大升・小升・立湧・花輪紋です。

 

着尺地、小物類、帯地、袱紗などに活用されている布で、非常に高い人気があります。色合いや紋様が独特の魅力を持っていて、着物を愛する人々に好まれているのです。着物買取のサービスにおいても、高い価格がつけられることがあります。ただし、保管状態によっては金額が下がってしまうため、鹿角紫根染の着物を保管している際は、風通しに気をつけて、生地が傷んでしまうことを布施がなければなりません。

秩父織物

秩父エリアは山に囲まれて自給自足が難しく、古来より養蚕業が盛んな地域となっておりました。
その背景を後押しするかたちでたくさんの市が立った上で絹の売買が行わることによって経済・流通の発展に繋がることになったのです。
秩父織物は着物買取業者の間でもかなりの高値で取引されるようになり、他の織物と比べてもなんら遜色のない国内を代表する着物として買取りされております。

 

秩父織物の代表的な染色技術としては裏表がないのが最大の特徴となっており、たとえ表が色あせても裏を使って仕立て直せば新品同様として利用することができる利点を併せ持っていたので大変な人気となりました。

村山大島紬

村山大島紬ですが、鹿児島県の奄美大島で織られている特産品であり、昔からさまざまな形で織られているのが特徴となっております。
古い物はかすり模様をかたどったデザインがメインとなっており、その愛着のある模様は戦後の高度経済成長を遂げた時期的な人々の感覚に見事に合致しており、人口染料の普及も手伝ってさまざまな色合いやデザイン・構図と構成のカストマイズなども考慮された上で、合致した当時のニーズにもリアルタイムに対応することによって、高度な色あいの特徴も含めて織られるようになっております。

 

代表的な村山大島紬の種類としては茶泥大島や藍大島と呼ばれる泥藍大島が有名であり、それ以外としては白大島や染め大島・縞大島などのラインナップがメインとなっております。
なお泥染めの村山大島紬は国から国内における伝統工芸として指定されており、大島紬の人気に伴うかたちで大量の大島風紬が織られることになりましたが、着物によっては日本国内のみならず韓国で織られた着物も存在しております。

 

銚子縮

銚子縮は一般的に茨城県神栖市周辺で製作された木綿の縮のことを指しており、銚子の商人が商品売買の取引をひんぱんに行なうことによって販売されたケースが主流となっていた為に銚子縮と呼ばれるようになった説が最有効の展開とされております。銚子自体は有名な漁港として漁業が盛んな地域として印象付けられておりますが、昔におけるこの地域で漁業に霞む形で盛んだったのは漁師の奥さんが内職として製作していた着物の製作となっていたのです。
しかしながら、この着物名の情報が全国各地に拡大されていくとともに手間や原価を抑える為に同名の粗悪品をもが流通するようになっており、そのあおりを受けたこの地域の着物産業は衰退していってしまうことになりました。
以上の事象から、プロの鑑定士でないと正しい価値を見出すのが難しい商品となっております。

伊勢崎絣

伊勢崎絣についてですが、群馬県伊勢崎市を中心として製作されている鮮やかな赤い絣模様が特徴となっております。
もともとは、蚕農家が閑散期に残り物となっていた繭をリサイクルして作り上げたのが起源となっており、自分の家での使用に限られた展開が多かったのですが、明治時代中期から大正時代にかけては急激に昭和初期に人気が高まることになりました。
その為、それまで身内用として少数限定で製作されていたのが売り手市場の巨大なマーケットとなり、活発に生産されていきました。
上記生産はほぼ手作業で行われており、ひとつひとつの風合いが異なって同一の柄が作成されないのも希少度を増す結果として魅力とされ、昭和50年には通産省から伝統的工芸品として指定されております。
伊勢崎絣を着物買取として検討しているのであれば、査定に慣れた買取専門店に依頼することが肝心で、正しく価値を鑑定してもらうことで、より高額での着物買取を期待することができます。

着物買取 まとめ

「母の着ていた着物(遺品)が残っている」

「柄が古すぎて、もう着ない」

 

など、箪笥に眠らせている着物はありませんか?

 

「せっかく母が残してくれた着物なのに 端切れ代程度にしかならないのでは?」 と思っているのなら 一度、ネットでの買取査定をおすすめします。

 

プロの目で査定してもらうことで、 自分が思っていたよりも価値があるものだったり、 もし端切れ代程度の金額だったとしても、 使わないでしまっておいて、カビが生えてしまったり、 虫が付いて変色するよりは、着物も喜んでくれるでしょう。

 

ネットの買取査定なら、 神奈川、東京、埼玉、奈良、愛媛、志賀、三重など日本全国、 短時間で優秀な着物の鑑定師が確認しに来てくれます。

 

以前でしたら、 「yahoo!オークションで売る」 「近くのリサイクルショップに売るに出す」 「質屋さんに見てもらう」 このようなことが多かったでしょう。

 

ですが、着物のように専門の部類は特定の鑑定者に確認して貰わないと、 本当の価格がわからないのです。

 

専門の鑑定師であれば、着物の作家や人間国宝についても見当がつくので、 見ただけでも金額がわかります。

 

しかも、多少カビやシミがあっても、 専用ルートでキレイにすることが出来るとのことです。

 

ただ、正絹で状態の良い着物だったとしても、 サイズが小さい場合は価格を高くしにくいとのことです。

 

関連記事