着物の落款とは?基本や注意点も! 証紙との違いを解説!

落款

現代の日本社会では、着物を日常生活に取り入れている人はあまり多くありません。

そのため、着物に馴染みのない人だけでなく、着物の価値を正しく把握できる人も少なくありません。

最近亡くなった祖母から着物を相続したけど、どれくらいの価値があるのかわからない。

知る由もありません。縫い目で着物の作者がわかると聞いたことがあるけど、誰のものかわからない...。

と、着物の価値を心配される方がいるのも事実です。

そんな時は、着物の「落款」を知っておくことが大切です。

落款とは、一言で言うと「作家が自分の作品、自分の作品のために残した証拠」のことです。

つまり、着物の作者を追跡することができるのです。

また、着物には落款だけでなく、保証書などの紙が貼られている場合もあり、正確な価値を知りたい場合でも、難しいため困ることがあると聞いています。

この記事では、証紙の違いや落款の基礎知識、また落款がなくても着物がきちんと売れるのかまで、様々な角度から解説していきます。

そもそも着物の落款とは?

落款

落款とは、着物に押されている印鑑や刺繍のことです。
正式には落成款識(読み:らくせいかんしき)といいます。

実は落款が押されているのは、着物だけではありません。

落款のもう一つの例えは、書道や絵画など、様々な芸術作品が完成した時に、名札やサインのように、いわば「私が本当にこの作品を作った」という証拠として作品に残しておくのです。

落款に決まった形式やルールはなく、サイズや書体はもちろんのこと、何を書くかはそれぞれの作家さんが決めています。

このような落款が押された着物を「作家物」と呼ぶこともあります。

着物には様々な種類がありますが、それぞれの織り方や染め方に特徴があり、その情報から専門家が判断することもあります。

しかし、着物の専門家であっても、産地や作者などの詳細を一目で明確に判別することが難しい場合があります。

そんな時に重宝するのが落款です。

落款があれば、誰が作ったのか、どこで作られたのかを簡単に知ることができます。

つまり、落款は着物の価値を判断するための有効な材料なのです。

例えば、似たような着物があって、一見すると違いがわからないとします。

しかし、似たような着物が何枚もあっても、着物の中に1枚だけ落款が押された着物が見つかれば「本物の借者が作った着物ということがわかります。」しかし、落款を見つからない場合「価値の低い類似品や模造品のもの」と考えられます。

着物の落款は、着物の背中や襟元に貼るのが一般的です。

絵画など他の作品の場合は、色が少し弱いところをあえて強調するために、落款を貼ることもありますが、着物の場合は少し違います。

着物の落款は、着物を着たときに、あえて見えないところに入れるというのがセオリーです。

落款が読めない...誰の作品なのか?

落款

落款は、作者の名前や産地、工房などを探すのにとても便利です。

もちろん、すべての着物に落款が入っているわけではありませんので、落款がないと情報を得るのが難しい場合もあります。

しかし、落款があったとしても、一般の人が読みやすく識別しやすいものではなく、難しい書体や記号で表現されていることも多いです。

したがって、「落款があるからといって、誰でもすぐに作家の作品を理解できるわけではない」ということに注意してください。

しかし、着物の専門家となると話は別です。

専門家は着物に関する知識が豊富なので、一目見ただけで「有名な作家の作品だ」と結論付けることができます。

すぐに誰の落款かわからなくても、「この落款は、あの作家の落款に似ている・・・つまりあの一家の着物である!」とわかることもあります。

様々な情報をもとに、作品の正しい価値をしっかりと考えることができます。

現在、ネットなどのQ&Aサイトで、

この落款は誰のものですか?

この落款の読み方は?

と聞いていることがありますが、専門的な知識や経験がないと、落款を見極めるのが難しいのが現実です。

参考:加賀友禅会の印鑑一覧

着物ブランドといえば、すぐに「加賀友禅」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

現在、加賀友禅はネット上で落款を公開していますので、興味のある方は以下のサイトでチェックしてみてください。

http://www.kagayuzen.or.jp/sign/

落款と証紙は何が違うのでしょうか?

落款
落款とは別に、着物には証紙が付いている場合があります。

この証紙とは、「この着物はこのような商品であり、品質の高い着物であることは間違いありません」ということを証明する書類であり、いわば宝石類の証明書、品質保証書のようなものです。

この点では、落款も証紙も似たような立場にあり、着物の価値を判断する材料として重宝されています。

しかし、落款が単に作者や工房の情報を記載したものであるのに対し、証紙は、着物の「ブランド」とその内容や根拠を明確に示すものと考えるべきである。

また、着物の証紙は、正式に認められた正当なブランドの着物(経済産業大臣の検査を受けたもの)にしか貼ることができません。

また、証紙を発行している組合もあり、その品質は組合によって厳しく管理されていますので、"証明印が押されている=間違いなく品質が高い "と思っておいて大丈夫です。着物の "証紙"は

  • 絹100%
  • 機械織りですか、手織りですか?
  • 染め方の種類は?

など、証紙が付いていることで「着物が高級ブランドであるということがわかります。」
ただし、証紙に誰が作ったのかは書かれてはいません。

例えば、同じ柄や素材で作られた加賀友禅の着物が2着ある場合は、両方に同じような証紙が付いていると思います。

しかし、作者が違うと落款も違ってきます。

その意味では、落款は作者の名札のようなものと言われており、証紙とはまた違った重要な意味を持っています。

落款がなくても売れる?

ここまで説明してきたように、落款は着物の作者を知るための重要な手がかりになります。

そして、「有名な作家の作品=価値が高い」というのは、着物だけでなく、絵画や陶磁器などの美術品にも当てはまります。

そのため、「落款付き=買取時の価値が高い」可能性が高いと言えます。

売りたい着物に落款が付いている場合は、必ず落款の有無を明記して査定を申し込むようにしましょう。

高額で買い取ってもらえる可能性があります。

しかし、「落款がない」ことが「質の悪い着物」というわけではありません。

落款がなくても、査定の際に高値で買取されてる場合もあります。

このような場合、着物の状態や付属品など、様々な観点から査定した結果、高値で買い取ってもらえたということが多いのですが、落款がなくてもきちんと売ることは可能です。

落款がないのは、偽物ではありません

落款

落款がないからといって「偽物!」というわけではありません。
例えば着物を買取する場合、落款があれば「これは高級品だろう」と思うのは間違いありません。

しかし、落款がないからといって、偽物や不良品だから買取できないというわけではありません。

なぜかというと、落款は作家の名札のようなものだからです。

何度も説明してきたように、作家は「これは本当に私の作品です」ということを示すために、作品に落款を押します。

しかし、実際には、落款を押せるかどうかの明確な条件はありません。

極端な話、超有名な作家が落款を貼ることもあれば、駆け出しの作家が落款を貼ることもあります。
逆に言えば、悪徳業者が偽物や粗悪品に落款を押すことで、価値を高く見せるということもあります。

なので、極端が貼られていなくても、素材や状態の良さで、高く買い取ってもらえることもあります。

一方で、「誰かのサインが入っているから、絶対に高値がつく!」と期待して鑑定もらったのに、大した値段では無い時もあります。

むしろ、購入時の極端の有無よりも、着物自体の状態が重要です。

仮に極端があったとしても、最悪の場合は買い取ってもらえない事もあります。

例えば、以下のような場合です。

  • 着物にカビが生えている
  • 日焼けや変色がある
  • 目立ちやすい傷がある

このような場合、どんなに有名な作者の落款があっても、高額で買い取ってもらえないことがあります。

 

着物を買取に出す際は、専門知識のある買取店を選ぶのがベスト

落款

着物を査定に出す際には、専門性の高い鑑定士がいる業者やサービスを選ぶことが大切です。

なぜなら、落款や証紙があれば正しく査定してくれるだけでなく、落款がない着物の方が真摯に対応してくれる可能性が高いからです。

一方で、リサイクルショップに査定を依頼したい場合は、持ち込んでしばらく待つことはしますが、する買い取ってもらうことができます。

しかし、店員さんに着物の専門知識がないので、買い取り額はとても安くなるでしょう。

また、買取を急いでいない場合は、オークションサイトを利用して高値で売るという方法もあります。

しかし、オークションサイトの場合は、あなた自身に着物の知識が無いと、高く売ること自体は難しくなるでしょう。

実際に、あまり高く売れる状態ではない着物なのに「高い値段で売りに出した場合」書い手は付かないでしょう。

それなら、着物専門で買取業者を探し、売るのが、一番確実で、早くて、ベストな買取方法です。

そんな着物のおすすめの買取業者は以下の3つです。

バイセル

バイセル

着物の出張買取で有名なBuySell(バイセル)。

上のページでは、着物の買取事例を紹介しており、どのような価格で買い取ってくれるのかを紹介しています。

特に、証紙がない、汚れている、値段がつきにくい着物でも、どれぐらいの価格で買い取ってくれるのか査定してくれます。

そういう点でもバイセルは利用者にとっては嬉しいポイントです。

また、バイセルの査定は早ければ即日で買取ってもらえます。
さらに、着物に詳しいスタッフが丁寧に説明してくれるので、ユーザーが満足できるのもポイントです。

買取プレミアム

買取プレミアム

買取プレミアムでの着物の買取は、宅配買取や持ち込み買取、出張買取など様々なスタイルから選べるのが魅力の一つです。

また、女性の査定員が常駐していることも魅力の一つで、出張買取の際に男性が来て強気な態度で接してくるのが不安な方でも安心して利用することができます。

また、申し込み前に無料の電話相談を受けることができ、申し込み自体は24時間受け付けているのも買取プレミアムの大きなポイントです。

ザ・ゴールド

ザ・ゴールド 着物

最近、テレビCMなどでザ・ゴールドを耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

出張料・査定料・キャンセル料などは全て無料!とのこと。

 

また、ザ・ゴールドは50万円近い高額買取の実績があるので、高額査定が期待できます。

着物だけでなく、布や和装小物などの買取も可能です。

専門のスタッフが丁寧に査定しますので、売りたいものがあればとにかくご連絡ください。

上記ページには、実際に金を使用した方のコメント動画も掲載していますので、ぜひチェックしてみてください。

 

着物の落款とは?基本や注意点も! 証紙との違いを解説 まとめ

落款とは、着物作家の作品であることを示す名札の一種です。

落款には公的な意味はありませんが、作家が依頼して貼るものです。

証紙は公的機関からの証明書であり、着物の品質を証明することができます。

落款や証紙がある場合は、買取時に高価買取が期待できます。

落款の有無ではなく、着物の状態が実際に買取査定に影響してきます。

着物買取業者は専門の査定員がいるお店を選ぶ必要があります。

 

着物の落款は作家の名札であるだけでなく、高額査定を得るためにも重要なものです。

しかし、「落款があるから高値がつく」「証紙がないから売れない」と考えるのは非常に危険です。

 

落款の有無に関わらず、着物の状態が良ければ高値で売れる可能性があります。

着物の買取では、着物の状態そのものが査定額に大きく影響します。

また、着物が付いていると一般の人には分かりにくい場合もありますし、落款から着物の作者を探すのが難しい場合もあります。

このような場合は、着物に詳しい業者に査定してもらうのが最も効果的です。

 

インターネットの買取サービスを利用すれば、手間や時間をかけずに出張買取が可能ですし、落款や証明書がしっかりしている着物であれば、驚くほどの高値がつくこともあります。

この記事で落款についての正しい知識を身につけて、着物を最高額で買い取ってもらえることを願っています。

-着物 売るなら

© 2021 売るなら. All Rights Reserved. 無断転載禁止