ピアノ買取!失敗せずピアノを高く売るには

ピアノ

今まで大切にしてきたピアノ。ちゃんと評価できるところに売りたいですよね。
今回はピアノ買取の方法をご紹介します。

ピアノを失敗せず買取できる方法とは?

ポイント

ピアノを売るならこのお店がおすすめ!

ピアノパワーセンター

ピアノパワーセンターは、使わなくなったピアノを無料で買取できるサービスです。

家から処分したいと思っても処分が難しいピアノは、専門家に査定してもらうことでリーズナブルな買取価格で買取できる場合があります。

ピアノパワーセンターに、売りたいピアノのメーカー、型名、シリアル番号等をお伝えすれば、簡単にピアノの料金を見積もってくれます。

ピアノの対応にお困りでしたら、お気軽に査定をしてみてはいかがですか。

ピアノを高く売る方法

ピアノを高く売る時の、詳細を紹介します。

まずピアノの評価には、製品番号とシリアル番号が必要になります。

ピアノには寿命があるため、それを調べるために製品番号とシリアル番号を調べるのです。

また、ピアノの寿命を延ばす方法やピアノが買い取ってもらえなかった場合の方法も説明していきます。

ピアノモデルの確認方法

ピアノモデルの確認方法をご紹介します。

まず、ピアノの代表的なメーカーには、ヤマハとカワイがあります。

ヤマハ、カワイともに、ピアノ鍵盤のカバーを開けると、金色でメーカー名の「YAMAHA」または「KAWAI」が刻印されています。

KAWAIの場合、K.KAWAIやshigeru kawaiの場合がありますが、いずれの場合もKawaiのピアノです。

グランドピアノの場合、側面にメーカー名が刻印されていることが多いです。

海外製のピアノでメーカー名がわからない場合、蓋を開けるか側面を確認すると、メーカー名が書かれているでしょう。

製品番号・シリアル番号の見つけ方

アップライトピアノの製品番号・シリアル番号の見つけ方

アップライトピアノの場合、蓋を開けると、ピアノの弦が止まっている金色の部分に製品番号とシリアル番号が書かれています。

大きな英数字はモデル名、桁数の多い数字はシリアル番号です。

グランドピアノの製品番号・シリアル番号の見つけ方

グランドピアノの場合、蓋を開け、弦を止めた部分の左端に刻印してあります。

過去にチューニングをお願いしている場合、チューナーの記載文に製品番号やシリアル番号が記載されているので、チューニングの記録がないか確認してみてください。

一部の国内メーカーは、シリアル番号からいつ製造されたかを知ることもできます。

高価な買取のヒント

ピアノを高額買取して貰うために、まず見た目を変えていくと査定金額がアップする可能性があります。

初めに行いたいのは、専用クリーナーでピアノを磨いて指紋、シミ、キズ等を目立たなくすることです。
表面の小さなキズを補修すると、そのまま買取ってもらうより評価額が良くなる場合があります。

またピアノの調律については、買い取る業者によって変わってきます。
一部の業者は、調律は関係なく買取価格を決めますが、他の業者は調律してある方を好む人もいます。

ピアノを売るときは、調律をしておいた方が高くなる可能性が多いと覚えておきましょう。

そしてピアノは、買取された後は倉庫に保管されています。
ピアノの保管料は買取価格に含まれていることが多いですが、もし、保管料が含まれていない場合は、保管料が別料金として取られることがあります。

なので、買取業者に保管料の確認は始めに確認しておいた方が良いでしょう。

ピアノは、置いたままにしていてもどんどん劣化していきます。なので、新しいピアノの方が高額で買い取ってもらえます。

ピアノを買い取った業者は、ピアノを修理して、国内や海外で再販します。

私たちがピアノを高く買い取ってもらうには、見た目を綺麗にし、売るときに保証書などを用意するとよいでしょう。

メーカー名がわからないピアノを売る場合は、型番や製品番号を調べておくのが良いでしょう。

もし、型番や製品番号がわからない場合は、キーボードの蓋を開けたところを確認してみてください。

それでもわからない場合は、取扱説明書の表裏を調べてみると、わかる場合があります。

ピアノの寿命について

ピアノには寿命が限られています。

見た目からはわかりにくいですが、ピアノの響板と呼ばれる部品が寿命といえるでしょう。

ピアノは弦を張っている限り、音を出すことができますが、乱れない音を出しているのかと言えばそうでもありません。

例えば、最近の安価なピアノの響板は、5年から10年の寿命です。
一方、過去に作られたピアノは、100年経っても演奏できるものもあります。

響板を修理するには、弦とフレームを外し、フェルトやクロスなどを新しいものに交換し、外装を塗り直す作業です。

見た目は変わらなくても、ピアノの中身が一新しているのです。

その作業は、安いピアノを購入するのと同じ価格になるので、今現在では本体を買い替える人も多いようです。

また、海外製のピアノや高級ピアノの場合、大切な自分のピアノの響板を交換して使う人も多くいるようです。

大切のピアノの場合、手放すことが難しいと考えている人がいるからでしょう。

ピアノ買取前の準備

ピアノを買取する前の準備として、まず外装をきれいにして、複数の会社へ買取の見積もりをしてもらうことをお勧めします。

はじめにやっておきたいことは、ピアノをきれいにみせるということです。

まず、ピアノ専用クリーナーを使って表面の指紋や皮脂の汚れを取り除きます。
次に、ツヤ研磨剤を使って塗装面に光沢を与えます。
クリーナーとツヤだしの組み合わせは、メーカーから販売されています。
汎用品は安くて使いやすいですが、合わないものもあるので、楽器屋さんでピアノのお手入れ方法を聞いてみるのがおすすめの方法です。

ピアノの表面は、傷つきやすく、擦るとすぐに傷が付きやすいです。
ピアノをふく時は、雑巾やタオルは使わず、専用のクロスで拭くようにしましょう。

買取できないピアノとは?

ピアノの中には、買取価格が高くないものや、買取できないものがあります。

例えば、ピアノの傷がひどかったり、破損部分が大きい場合は、買取できない場合があります。

また、地震や火災などで破損したり、本体内部まで壊れている場合は、買取できない場合が多くあります。

電子部品を搭載したピアノは、購入する時は高いですが、売るときは必ずしも高くはありません。

自動演奏機能付きのピアノは、買取後のトラブル防止のために買取できない場合があります。

ピアノ自体は、適切に管理・修理すれば、ずっと使うことができますが、自動演奏機能や消音機能などの電子部品が付いている場合は、その電子部品が故障する可能性があるため、買取できなかったり、評価額が下がる可能性があります。

ピアノを売るときに「電子部品を交換」してあるのか、確認した価格となりますので、古い自動演奏機能やミュート機能をお持ちの場合は値段が下がる場合があります。

また、電子ピアノを売る場合で、電子部品が破損している場合は、買取できないことがあります。
電子部品が交換可能であれば、評価額は下がりますが、買取して貰えると思いますが、電子部品の交換が難しい場合は、買取は難しいでしょう。

ピアノは古くても買い取ってもらえることはあります。ただし、洪水やひび割れなどで壊れてしまうと買取は難しいと考えてください。

ピアノは、特大のゴミで処分はできません。
できるだけ買取できる場所、または無料で買い取ってもらえる場所を探してみましょう。

それが難しい場合は、廃棄専門業者に頼むことです。

また、電子ピアノは通常のピアノと廃棄の方法が別となります。

ピアノの処分費用

ピアノは通常のゴミとして処分することはできません。

また、特大のゴミとしても回収できません。

ご自身で分解・廃棄することは非常に困難ですので、専門の業者にご相談ください。

専門の回収会社にお願いすれば、安い料金で処分して貰えます。場合によっては0円で処分できるところもあります。

その理由は、ピアノの需要が海外でとても多いからです。

ピアノを回収した会社は、海外に販売することで、売り上げを伸ばしているようです。

そのため、まずは無料で回収して貰える業者を探してみましょう。

ピアノを動かすことが難しい場合は、その場所でピアノを解体して業者に渡すことになります。解体・輸送などの難しさにもよりますが、処分費用は約3万円、10万円ぐらいになるでしょう。

買取できるピアノの種類

買取可能なピアノの種類をご紹介します。

一般的に、ピアノには、縦長の箱型のアップライトピアノとコンサートで使用されるグランドピアノがあります。
最近では、チューニングを必要としないコンパクトな電子ピアノも人気を集めています。
また、ピアノの仲間にエレクトーンとアコースティックピアノも紹介します。

電子ピアノ

電子ピアノは、簡単に言えば学校で使われているオルガンのようなものです。
近年改良されており、タッチの強さに合わせ音の強さを調整できるようになっています。
ヘッドホンを使えば音漏れが無いので、隣人の迷惑になりません。電子ピアノはあらかじめ調律された音が録音されているので調律する不要はありません。

電子ピアノの買取価格は普通のピアノよりも安く、耐用年数は電子部品に依存します。
なので、売るときの価格は安くなります。

また、電子ピアノは自治体が回収してくれるので、通常のピアノに比べて廃棄方法は非常に簡単です。

アップライトピアノ

アップライトピアノは、昔ながらの黒い箱型のピアノです。
その黒い箱の中に、響板と呼ばれる金属板に、弦を張って、それを叩いて音を出しています。
普通「ピアノを買取する」と言うときは、アップライトピアノを指すことが多いです。

グランドピアノ

グランドピアノは、コンサートホールに設置される大型ピアノです。近年、民家に設置できるコンパクトなグランドピアノがありますが、アップライトピアノよりも大きく、かなりのスペースが必要です。

サイズが大きいため、リサイクルショップによっては買取できない場合があります。グランドピアノを売りたい場合は、必ずグランドピアノであることを業者に伝えてください。

エレクトーン

エレクトーンは、ヤマハが開発した電子オルガンの一種です。
エレクトーンは、日本発祥の楽器で電子ピアノのように見えますが、小さなボタンがたくさんあり、さまざまな効果音を出すことができます。

エレクトーンは、楽器店で買取をしたり、専門の買取者に買取して処分したり、自治体に回収してもらったり、楽器店で下取りしてもらったりと、色々な方法で対処することができます。

アコースティックピアノ

アコースティックピアノとは、弦を叩いて音を出すピアノの事をそう呼びます。

つまり、電子ピアノ以外のピアノは、アコースティックピアノということです。

ちなみに、消音装置付きのピアノ(消音ピアノ)は、鍵盤の下の消音ユニットが、押した鍵盤と同じ位置の電子音を出す仕組みとなっています。

ただし、電子部品なので、消音ユニットが破損する可能性も考えられますし、もし破損した場合は消音ユニットを交換して修理をします。

日本の大手ピアノメーカー

日本に流通している大手ピアノメーカーをご紹介します。

日本ではヤマハ、カワイ、東洋ピアノが日本で有名なメーカーの3つだと思いますが、他のメーカーもあります。

以前は多くの工場がありましたが、現在は廃業している工場もあります。
そのため、中古でしか見ることができない珍しいピアノもいくつかあります。

カワイ

カワイは静岡県浜松市に本社を置く楽器メーカーです。カワイの買取価格は条件により大きく異なりますが、アップライトピアノで約8万円、グランドピアノで約20万円です。

ヤマハ

ピアノメーカーの間で有名な会社です。ピアノ生産で世界最大のシェアを誇っています。本社は静岡県浜松市にあります。ピアノだけでなく、エレクトロニックピアノやエレクトーンも開発・製作しています。ヤマハピアノの買取価格は、アップライトピアノが約10万円、グランドピアノが30万円、電子ピアノが1万円です。

カシオ

カシオは電卓のメーカーとして有名ですが、電子ピアノやシンセサイザーも製造しています。電子ピアノの買取価格は2005年製が約4,000円です。

コルグ

コルグはシンセサイザーと電子ピアノを製造する会社です。デザイン性に優れたエレクトロニックピアノを豊富に取り揃えており、インテリアとしても最適です。買取価格は約8000円です。

ワーグナー

東洋ピアノがプロデュースするピアノブランドのひとつです。東洋ピアノは静岡県浜松市にも本社を置いています。ヤマハやカワイと同様に、アコースティックピアノを製造しています。ヤマハやカワイとは異なり、会社名はブランドではないため、会社名としてはあまり知られていない可能性があります。中古品の買取価格は約8000円です。

ローランド

電子ピアノのメーカーですが、さまざまなデジタル楽器も製造しています。ローランドピアノの買取価格は約2万円です。

ここで紹介したピアノ以外でも買取できる場合があります。
まずは買取業者にご相談してみてください。

ピアノ買取に関するQ&A

ピアノを売買する際のよくある質問をいくつかご紹介します。

壊れたピアノや古いピアノを買取することはできますか?

古いピアノの場合、壊れてなければ買取できる場合が多いです。
アコースティックピアノの場合、消耗品や響板などの部品は時間の経過とともに摩耗しますが、手入れの行き届いたピアノは保存状態が良く、経過年数に応じた価格になります。

またピアノが壊れている場合、破損の程度によって買取できるかどうか変わってきます。多くの場合、内部に洪水やひび割れがあったり、動物や昆虫が侵入して損傷したりすると、買取できなくなります。

部品の交換や修理をすれば買取できる場合もあります。その状況は専門家に尋ねてみるとよいでしょう。

専門業者にお願いすれば、修理も併せて買取を引き受けてくれる可能性があります。

ピアノの部品は買取できますか?

ピアノの部品だけ買取する業者はほとんどありません。
多くの業者は、ピアノを買取して修理し、再販することで売り上げることです。

ピアノを解体するだけでも専門知識が必要です。
中に張ってある弦は強い力で引っ張っています。素人が触るのはとても危険ですし、部品を自分で解体するのは難しいでしょう。

ピアノを買取する方法

ピアノの買取方法をご紹介します。

ピアノを買取する方法には3種類あります。
宅配買取、出張買取、オンライン査定です。

今から3つの買取方法の長所と短所を紹介します。

ちなみに、現在の主流の買取方法は出張買取です。

宅配買取

宅配買取は、自宅から宅配会社にピアノを渡す簡単な方法です。

メリットは、簡単にできることです。
着払いで、引き取り会社に送ればいいのでとても簡単です。

デメリットは、業者によって宅配買取を依頼していない会社がある場合と、宅配便等で送れないピアノがあるという事です。

業者にもよりますが、買取できない場合はホームページに書いてありますので、よく確認すると良いでしょう。

宅配便で送ることができるのは、小型サイズのピアノです。

小さなシンセサイザーや折りたたみ式の脚を備えた電子ピアノは宅配便で買取可能になっているお店もあります。

出張買取

ピアノは、大きくて重いため、自分で送るのが難しいです。
そのため、業者を依頼して「出張買取」をしてもらうのが安心でしょう。

出張買取は、買取業者がトラックで自宅まで来て、買取してくれます。
買取業者はピアノをトラックに乗せて運んでいきます。

ピアノの査定とピアノの買取料はその場で行われます。

また、出張料金は無料から有料といろいろありますが、基本的にピアノを買い取って貰う時は出張で買い取って貰うのがおすすめです。

出張買取のメリットは、自分でピアノを運ぶ必要がなく、ピアノの運搬を全て業者の方が行ってくれます。

ただし、業者の方が自分の家で作業をするため、自分の家を見られたくない人はイヤかもしれません。

どちらにしても、ピアノは大きくて自分一人では運搬はできないため、他の人に頼む必要があります。

オンライン査定

オンライン査定とは、サイトでメーカー、製品番号、モデル番号を入力して買取価格を提示する方法です。
オンライン査定をすれば、おおよその価格が出してくれますが、実際に業者に依頼をした時に、価格のズレが出る場合があります。

例えば、商品を調べたときに、傷がある場合などは、オンライン査定時より価格が安くなる可能性があります。

オンライン査定額が買取額とどの程度異なるかは、業者にご相談してください。

実際の査定額は、業者の人が実物を見て評価をした時に、正しい評価額を出すことができます。

オンライン査定は、価格の大まかな値段だと覚えておくと良いでしょう。

ここまで、3つの買取方法を見てきましたが、はじめにお伝えした通り、現在の主な評価方法は出張買取です。

宅配買取サービスは、一部のエレクトロニックピアノやシンセサイザーなどの小物のみご利用いただけます。

ピアノは、普通の人が運ぶことが難しいため、ピアノの業者が運搬することが多いため、出張買取に依頼することが多いのです。

出張買取の査定は、別途料金を請求する会社もあれば、そうでない会社もあります。

なので、できるだけ高い買取額になるような会社を選びましょう。

ピアノ買取!失敗せずピアノを高く売るには まとめ

ピアノ買取の方法とピアノを高く売る方法について紹介しました。

ピアノはお手入れすれば、ずっと使うことができます。

もしあなたが、ピアノを買取して貰おうと思っても、お手入れがしてあれば、高額で買い取って貰える可能性が高くなります。

今まで使っていたあなたのピアノを、ぜひ高い値段で買取して貰いましょう。

-ピアノ 売るなら

© 2021 売るなら. All Rights Reserved. 無断転載禁止