喪服は買取可能?絶対に知っておきたい相場!

喪服

「着ていない喪服を手放すには?」

「どこか誰かに喪服を貰ってもらえるのか?」

このように、喪服の処分に困っている人はたくさんいます。

近年では、喪服や葬儀、冠婚葬祭などで着用する衣類が一般的になってきています。

和服よりも洋装の方が楽なので、「和服は必要ない」と感じている人もいるでしょう。

 

着物の喪服を手放して捨てるなどの処分に消極的な人もいるでしょうし、喪服の性質上、他人に手放すのが面倒な場合もあるでしょう。

「喪服を買い取って、利益が出ればいいのに」と思っていませんか?

この記事では、着物の喪服を査定・買取するために知っておきたいことをご紹介します。

喪服は売れないとは言えません

「喪服は査定対象外!喪服は査定対象外!」という買取業者はたくさんあります。

「洋服が主流になり、着物の喪服の需要がなくなった」「死を連想させるから」などの理由で買取できないケースがあるからでます。

 

しかし、数は多くはありませんが、喪服を査定してくれる買取業者は存在しますので、不要な着物喪服が売れない!というわけではありません。

 

また、着物の喪服にも種類があり、喪服だと思っていた着物が喪服ではない場合もあるので、査定の対象になることもあります。

まず、喪服とは何か?どんな種類なのか?

などを理解し、自宅にある着物が本当に喪服なのか、買取可能な着物なのかなどの知識を身につけておく必要があります。

着物の喪服とは?種類はあるの?

喪服とは、葬儀や式典の際に着用する衣服のことですが、前述したように最近ではほとんどの人が衣服を着用しており、着物は一部の遺族のみが着用することが多いようです。

ここでは、喪服の現状を紹介するとともに、着物の喪服とはどのようなものなのかを解説していきます。

 

着物の喪服を手放すことに悩んでいる方は、喪服事情を理解しておくと良いでしょう。

喪服事情とは?洋装が増えてきています。
男性の着物喪服といえば、昔から「紋付羽織」があり、現在では黒や黒のスーツが主流となっています。

黒のスーツに白シャツ、黒のネクタイ、靴下、靴を履くのがマナーです。

男性の場合は、ご遺族の方でも黒の服がほとんどです。

女性でも、遺族や親族以外は黒や黒のスーツやワンピースが一般的です。

着物の喪服を着用するシーン

洋装が一般的ですが、お葬式には着物を着る人が多いです。

男性の場合、遺族や親族の紋付羽織袴姿は、多くの人が参列する葬儀で見られることがあります。

女性の場合は、遺族や親族が着物の喪服を着ることが多いので、全く需要がないわけではなく、所有している人も多いです。

そのため、着物の喪服はあった方が良いでしょう。手放すのを躊躇しませんか?

しかし、葬儀で着るという性質上、急に用意する時間がなかったり、久しぶりに用意したり、自分のものが多すぎたりして、所有していても借りることができる場合もあります。着替えや片付けで忙しい

着物の喪服は所有していてもしていなくても、親族でもない限りは洋服を借りるのが効率的だと感じる人が多いです。

借りることが一般的になってきていますが、「借りればいいんじゃないの?と思う人もいるでしょう。それは、喪服に家紋を付ける必要があるからです。

レンタル喪服には、家紋を付け替えられる喪服や、誰でも使える一般的な紋章と言われている「五三の桐」の紋が入った喪服などがあります。

これらの喪服はいざという時に着るものなので、処分するのに困るのではないかと心配な方は、気軽にレンタルして手放すことができます。

喪服には3つの種類があります。

喪服

喪服には3種類あり、故人との関係性によって分けられます。

ここでは、現在でも一般的に着用されている女性の和装喪服をご紹介します。

正喪服

女性の場合は、喪主の際にのみ着用する喪服です。

和装の特徴は、黒の「五つ紋」の着物に黒の帯と草履、白の靴下です。

準喪服

親しい友人、喪主以外の遺族や親族が着用する喪服です。

和装の特徴は、黒の「三つ紋」や「一つ紋」の着物に黒の帯と草履、白の靴下を合わせたものです。

現代の準喪服は西洋風な服装が多く、親族などの参列者が着る着物は、準喪服が多いです。

略喪服

略喪服は仮通夜など、急な弔事の時に着ると言われています。

現在で略喪服を和装喪服に着る人はほとんどいません。

略喪服の種類は、黒の「一つ紋」や「三つ紋」の着物です。

 

このように、和装喪服の種類の違いは、紋の数にあると言えます。

では、紋の数は喪服を売ることに関係があるのでしょうか。

喪服を売るときの注意点

喪服

着物を売るケースは少ないと言われていますが、喪服の知識を身につけて売却先を選べば、売れる可能性を高めることができます。

ここでは、喪服の査定を依頼する際の注意点をご紹介します。

和装喪服は紋の数によって種類が違う?

喪服の種類によって「一の紋」「三の紋」「五の紋」など、紋の数が異なることをご紹介しました。これが喪服を売る事とどう関係しているのでしょうか?

 

普通多くの買取業者は「喪服は査定対象外」 と言われます。

 

しかし、喪服の種類や紋の数を確認すると、実は喪服だと思っていたものが売れる場合があるのです。

五つ紋以外は、喪服と区別されません

葬儀で着る黒の着物は全て喪服だと思われがちではないでしょうか?

また、マナーを意識していれば、喪服とされていない着物を着てお葬式に行くことはありません。

 

しかし、着物の分類として「喪服」とされているのは「五つ紋」の着物で、「三つ紋」「一つ紋」の喪服とされている着物は留袖、訪問着、無地とされています。...

そのため、「喪服は査定対象外!」ということになります。買取業者が「喪服は査定対象外!」と言っていても、「喪服は査定の対象にはなりません。査定の対象になる可能性があります。

背中に1つ、胸に1つ、袖に1つの計5つの紋が入っている着物の場合。

喪服を手放そうと考えている方は、ご自宅で着物のチェックをしてみてはいかがでしょうか。

証明書のスタンプでセットを評価する
着物の中には、その品質や価値を保証する「証明書」が発行されているものがあります。

証明書スタンプとは、産地、ブランド名、伝統工芸品、重要無形文化財、絹100%、織り方、染め方、縫い方などの証明書のことです。査定の際には、この証明印を使用します。

証明印は着物を査定する際に考慮される証明書ですので、ご自宅にある場合は着物に査定印を押してもらうようにしてください(証明印がないと査定できません)。

新品の着物を購入する際には、ほとんどの場合、肌襦袢と帯のセットが付いてきます。

セットになっている場合は、全体を査定してもらうと買取価格が高くなることがあります。

喪服の買取価格を知って、処分方法を検討しましょう。

喪服は自社で取り扱っていない業者が多いため、買取価格が高くなることはありません。

不用品を処分する際には、売れるのであれば捨てるよりも良いと考えるのが自然です。

しかし、買取相場が高くないことを知って、他の処分方法を検討したいと考える人もいるでしょう。

ここでは、喪服の買取相場について解説した上で、買取を含めた様々な処分方法をご紹介します。

喪服の買取相場

一般的に喪服の買取相場は「数百円~1,000円程度」です。

新品価格が10万円を超えるブランド着物でも、4,000円前後が目安です。

また、シミや虫食いなどの保存状態が悪いものや、10年以上経過しているものは売れない可能性があります。

ただし、これは喪服の相場であって、着物ではありません。

喪服とされている着物は、喪服とされていなくても査定されることがあり、査定額が相場よりも高くなることがあります。

買取価格が低い場合はどうなる?

買取ができない場合や買取価格が低い場合は、別の適切な処分方法を検討することをおすすめします。

喪服の処分方法には様々な方法があります。

子孫や親族に手渡す

娘や孫に渡すのもいいですし、親戚や知人に渡すのもいいでしょう。

しかし、洋服が主流で、そもそも必要ないと感じるものを贈るのは、どんなに親しい間柄であっても迷惑になるかもしれません。

母親から受け継いだ喪服という性質上、渡される側も処分に困ることがあります。

寄付金

喪服を手に取って、再利用や活用できるサービスがあります。

受け継がれてきた喪服の場合は、捨てるのではなく、使いたい人に譲った方が良い場合もあります。

ただし、寄付をした場合でも、少額の費用がかかることが多いです。

リサイクルショップ・古着屋

喪服をはじめとする着物全般に精通した査定員が在籍しているお店ばかりではありません。

着物を中心に取り扱っていない店舗が多いため、重量だけで査定するなど、適切な買取価格を提示できない場合があります。

また、喪服という性質上、コレクション自体を無料で受け付けていない、または受け付けていない店舗も多くあります。

着物の買取専門店

着物鑑定士として、「これは喪服だ」という偏見を持っているわけではありません。

場合によっては、「三つ紋」が入った喪服だと思っていた着物が、喪服ではなく着物と評価されることもあります。

その結果、上記の喪服買取価格よりもお得になる可能性があります。買取価格が安すぎると感じた場合は、着物買取専門店に査定してもらう必要があります。

また、買取専門店は基本的にキャリーバッグの査定をしてくれますが、出張買取や宅配買取にも対応しているお店もありますので、持ち運びや持ち物が難しい方も安心です。時間がないということもあります。

しかし、着物の買取専門店はたくさんありますが、「喪服は査定対象外! と言われています。

喪服の買取を行っている着物買取専門店を見極めるにはどうすればいいのでしょうか?

喪服の買取は着物買取専門店がおすすめです

着物が喪服かどうかの判断は難しいかもしれません。

ここでは、「喪服も査定可能!」のお店を3つご紹介します。喪服も査定可能!」のお店を3つご紹介します。

バイセル

バイセル
もし、「この着物は喪服なのかな?という方はぜひご相談ください。

バイセルでは、「着物をお求めやすい価格で買取することを目標にしています。

喪服だと思っていても高値で買い取ってもらえる可能性がありますので、諦めずに査定を依頼してください。

主なサービスは以下の通りです。

評価方法 出張・宅配・機内持ち込み手荷物
予約の取り方 電話またはWeb(24時間予約可能、土日祝休み)
出張エリア 47都道府県(一部地域では即日査定可能)
料金等について 査定・キャンセル・出張・送料無料(送料失敗は返品のみ有料)
お支払い方法 出張買取・持込買取で即日現金化、宅配買取で最速送金

バイセル公式の詳しくはコチラ

買取プレミアム

買取プレミアム

買取プレミアムは、他店では査定が難しい喪服を1着でも査定できるお店です。

出張査定も行っていますので、遠方の方や量が多くて持ち運びが難しい方でも気軽に依頼することができます。

さらに、一人暮らしの方や高齢の方など、女性の中には男性の査定員がいると躊躇してしまう方もいます。

買取プレミアムには女性の鑑定士が在籍しているため、安心して査定を依頼することができます。

また、鑑定士の買取が完了した後には、鑑定士がきちんと対応してくれたかどうかの確認の連絡があるので、詐欺を防ぐためのフォロー体制は万全です。

主なサービス内容は以下の通りです。

評価方法 出張・宅配・機内持ち込み手荷物
予約受付方法 電話またはメール(24時間予約可)
出張エリア

四十七都道府県

一部地域では即日査定も可能です。

料金など

査定・キャンセル・出張・送料無料。

(不着契約の場合は返送料のみのご請求となります。

お支払い方法

出張買取・持込買取では即日現金化、宅配買取では最速送金。

(不着契約の場合は返送料のみのご負担となります。)

買取プレミアム公式

 

ザ・ゴールド

ザ・ゴールド 着物

貴金属やブランド品の買取でテレビCMでもおなじみのザ・ゴールドは、着物の買取も行っている専門店です。

ザ・ゴールドでは、他店では査定対象外の着物も丁寧に査定しています。喪服だと思っていた着物であっても、参考になることがあります。

また、査定員は女性が多いので、ご年配の方や一人暮らしの女性でも安心して査定を依頼できるでしょう。

主なサービス内容は以下の通りです。

査定の方法 出張・宅配・機内持ち込み手荷物
予約受付方法 公式サイトにある24時間評価申込書
出張エリア 21都道府県(一部地域では即日査定可能
料金等について 査定・キャンセル・出張・送料無料(配送不良は返品のみ有料)
お支払い方法 出張買取・持ち込み買取で即日現金化、宅配買取で最速送金

各買取専門店の公式サイトでは、買取実績や利用体験談などの参考情報をご覧いただけますので、ぜひご覧ください。

ゴールド公式

喪服は買取可能?絶対に知っておきたい相場!まとめ

和装喪服は買ってくれないというのが一般的ですが、売れないというわけではありません。

喪服の中でも「五つ紋」以外であれば「着物とみなされ」買取される可能性があります。

喪服と判断された場合でも、買取選定して貰った場合「数百円~数千円」となることが多いです。

 

喪服は、他の種類の着物に比べて、買取の可能性が低いと言えます。

しかし、喪服の種類を知り、査定を依頼するお店を選べば、買取の可能性を広げることができます。

処分に困っている喪服がある場合は、喪服も選定可能の買取店に依頼することが良いでしょう。

-着物 売るなら

© 2021 売るなら. All Rights Reserved. 無断転載禁止