壊れたスマホを買取して貰う方法とおすすめ買取ショップ

スマホ買取

能的な問題や本体の破損などで壊れたスマートフォンを放置している人も多いのではないでしょうか。

そんな壊れたスマホを処分するのではなく、買い取ってもらう方法をご紹介します。

使えなくなったiPhoneやAndroidスマホでも、買取を依頼することで収入に変えられる可能性があります。

スマホには貴重なレアメタル資源があるため、捨てずに売ればお金に変わることがあるのです。

スマートフォンはもはや単なる電話ではなく、インターネットで楽しんだり、SNSで友達とつながったりと、生活に欠かせない存在になっていると言っても過言ではありません。

地図もカメラも使えるとても便利なスマホですが、持ち運びをしているときに、カバーで保護していても破損してしまうことがあります。

「画面が割れてしまった...」「電源ボタンが反応しない...。」壊れたスマホの修理費用は高額になることがあります。

新しい機種に乗り換えたものの、古い機種を自宅に放置していたという方も多いのではないでしょうか。

壊れたスマートフォンを捨てるのではなく、買取することをご説明していきます。スマートフォンが壊れている場合の、買取方法を説明していきます。

スマートフォンの状態を確認してください

smartphone

スマートフォンは常に持ち運びをしているため、何かにぶつかったり落としたりすると、破損や誤動作の危険性があります。スマートフォンが壊れた場合は、新しいものと交換し、今まで使っていたものは廃棄することを考えると思いますが、ここで今まで使っていたものがどのような状態になっているのか、しっかり確認してください。

前述のように、「不用意に落としたり、壊したりした」などの明らかな損傷があるかどうかはわかりますが、故障など外部から判断できない問題がある場合は、ご自身で復旧できる場合があります。

その直せる場合のポイントを説明するので、確認してみてください。

フリーズする

スマートフォンのアプリをたくさん開きすぎていると、CPUが過負荷になり、熱くなってしまい、フリーズする可能性があります。

フリーズが原因で熱が出ている場合は、一度電源を切ってください。

Android機器の場合、電池を取り外し、しばらくしてから電池をセットし直してから電源を入れてください。

iPhoneの場合、バッテリーを取り外すことができないため、強制リセットしてみてください。

USBケーブルでコンピューターに接続しているときにフリーズした場合は、データが削除されないように、リセットする前に必ずUSBケーブルを切断してください。

動作が思い

特に怪しい使い方をしていなくても、スマートフォンの処理速度が急に遅くなった場合、試してみてください。

具体的な症状としては、「画面をタップしたのに、応答するまでに時間がかかる」「文字入力が1テンポ遅れる」などがあります。

これらの症状は、スマートフォンで実行されているアプリ(常駐を含む)が多すぎるためです。

スマホのメモリを大量に消費している可能性があります。

回避策として、次のことを試してください。

裏で動いているアプリを停止します。

画面に表示されていないアプリでも、自動的にインターネットに接続して情報を検索する場合があります。
一例として、メールアプリやSNSアプリがあります。
これらは、新しいメッセージなどの更新された情報を取得するために常に移動しています。

さらに、位置情報と接続可能なWi-Fiの検出は、裏で自動的に機能する典型的な機能です。

実行中のアプリケーションを完全に終了することで、誤動作の改善が期待できます。

キャッシュクリア

インターネットを閲覧すると、閲覧していたサイトの履歴などのデータが自動的に蓄積されます。

これは「キャッシュ」と呼ばれます。

キャッシュは、同じページを再度開いたときに表示を高速化する役割を果たします。

ただし、蓄積しすぎるとスマートフォンのメモリが消費され、操作が重くなります。

そのため、蓄積されたキャッシュをクリアすると、スマートフォンの操作が軽くなる場合があります。

使用しなくなったアプリを消去する

多くのスマートフォンアプリは便利で面白い物が多い為、インストールしすぎた経験があるかもしれません。

ただし、スマートフォンに多くのアプリを配置すると、メモリを消費して速度が低下することがよくあります。

思い切って、使用頻度の低いアプリを削除することをお勧めします。

写真などを消去する

最近のスマートフォンはカメラ機能が充実しているため、デジタルカメラの代わりに写真や動画の撮影に利用されるようになりました。

ただし、ピクセル数が多く、写真が美しいほど、保存できるデータの量は多くなります。

アイテムによっては、デジタルカメラで撮影した写真と同じかそれ以上のデータ量になる場合があります。

そのため、スマートフォンなどで撮影した写真をパソコンなどに転送して端末に保存し続けると、容量が大きくなりすぎて動作が遅くなります。

本体が熱くなる

購入したばかりのスマホが、触れないほど熱くなる場合は、不良品としてお店に持っていったほうがよいでしょう。

また、長年使用しているスマートフォンで本体が熱くなった場合は、バッテリーに問題がある可能性があります。

この場合、電池を交換することで症状が解消されることが多いので、お店に交換を依頼してください。

バッテリーがすぐ切れてしまう

スマートフォンのバッテリー寿命は、一般的に約1~2年です。

同じスマートフォンを1年以上使用している方の中には、バッテリーの消耗が早いことに気付く人もいるかもしれません。

2年もスマホを使用すると100%充電しても1日は持続しません。

特に、以下のような状況が頻繁に発生する場合は、いつバッテリーを交換するかを考えてください。

  • 急に再起動します。
  • 急にシャットダウンします。
  • 充電が遅い。

あなたの壊れたスマートフォンは買取して貰える

もしあなたのスマートフォンが壊れていたとしても、買取サービスに連絡をすれば、値段が付く可能性はあります。使用できなくなったスマホの実用性は感じられないかもしれませんが、買い取ってもらえる可能性はあるのです。
壊れたスマートフォンの買取に関して知っておくべき方法とポイントは以下のとおりです。

壊れたスマートフォンをどこで売るか

専門の買取者に尋ねるか、オンラインオークションを使用して、スマートフォンを販売するかです。それぞれについて簡単に紹介します。

スマホ買取専門店

スマートフォンの修理技術を持っている企業の中には、携帯電話の買取事業を行っているところがあります。
主に携帯電話を扱っている会社もあれば、ブランド商品や貴金属など幅広い商品を扱う購買事業のひとつとして携帯電話を扱っている会社もあります。
評価や買取作業は業者に任せることができるので、スマートフォンを比較的簡単に売ることができます。

ネットオークション

近年、オンラインオークションなどのインターネットを介した個人間の商品の売買が盛んになっています。スマートフォンもここで売れるかもしれません。上場、価格交渉、発送手続きなど、販売に関わるすべての作業を自分でやらなければならないので、時間と手間がかかります。

壊れたスマートフォンが売れる理由

捨てても構わないと思っていたものを売ることができれば、これよりはましです。しかし、「壊れたスマートフォンはなぜ値段がつくのか」と疑問に思う人もいます。そして、「回収されたスマートフォンは適切に扱われていますか?それは法律や道徳に反していますか?」たくさんあります。

手放した後、違法に処分または悪用された疑いがある場合は、購入査定に提出することはできません。そこで、購入後に壊れたスマートフォンはどうなるのかを説明します。

修理して再販

画面のひび割れなどスマートフォンの一部が破損した場合は、修理して修理技術のある店舗で再販売します。
不良品を安く購入して直せば、購入価格よりも高い価格で販売できるので、店舗としてのビジネスのひとつにする価値があります。
それらの多くは高い修理技術を持っており、それらのいくつかは新しいものに匹敵する修理を持っています。

部品を分解して再利用する
スマートフォンを再利用できる状態に修理するのが難しい場合でも、使用可能な部品を分解して取り外し、交換や修理の在庫として使用する方法があります。修理部品が広く流通していないモデルが多いので、ジャンク品として価値があります。

買取に多いスマホの故障の一例

以下は、買取に多いスマホの故障の例です。

  • 画面の破損
  • 電源ボタンを押しても起動しない
  • 充電できない
  • 本体の損傷
  • フレームの変形
  • 水没による故障

スマートフォンが完全に破壊されていないが、部分的に破損している、または故障している場合は、買取の対象となります。
ここで紹介した以外の故障品でも買取できる可能性がありますので、「とにかく動かない…」と自己判断せずに一度確認してみてください。

買取依頼時の注意事項

スマートフォンは今や私たちの日常生活に欠かせないものであり、個人情報の宝庫です。買取の際は、以下の点にご注意ください。

初期化

あなた自身のプライバシーと電話帳の家族や友人などの情報を保護するために、買取する前にそれを初期化することを忘れないでください。また、買取店は個人情報の保護に配慮しているため、初期化されていないスマートフォンは買取を拒否される場合があります。

端末価格の確認

スマートフォンを分割払いしている場合は、残高がないか確認してください。業者によっては、支払いが完了していないスマートフォンでの購入は拒否される場合があります。

未成年ではない

未成年者(業者によって異なりますが18歳未満)は、自分で購入した場合でもスマートフォンを買取できないことに注意してください。業者によって対応が異なる場合がありますが、保護者の同伴または書面による同意があれば、未成年者でも買取できる場合があります。未成年者でスマートフォンの販売をご希望の場合は、保護者の方にご買取いただくか、同意書をご持参ください。

推定買取価格

ジャンク品としてのスマートフォンの購入価格は数百円から。モデルや発売年によって範囲があり、数年前の場合はほとんど価格がない場合があります。逆に、スマートフォン自体が新品で故障の程度が小さい場合は、数千円以上かかる場合があります。

一度に複数台販売すると評価額が増えるなど、購入者によって評価額の幅があり、主に店舗が扱っているモデルは価格がわかりやすい。

おすすめスマートフォン買取店

では、実際にどのようなスマートフォン買取サービスが人気なのか、ここにいくつかのおすすめショップをご紹介します。

ジャンクiPhone購入ストア

割れたガラスなど、壊れたiPhoneの買取を専門とするお店です。オンラインで24時間365日受け付けており、全国配送でご買取いただくと最短日でご購入金額をお届けします。

iPhoneを新品に交換することを考えている方に、壊れているiPhoneが買取して貰いたいという方におすすめです。

ジャンクiPhone購入ストアで評価

TSUTAYA|スマートフォン タブレットの買取

店舗で買取か、宅配での買取かを選べるTSUTAYAのスマートフォン・タブレット買取サービス。お店に持っていくと、その場で査定され、現金で買取代金を受け取ることができます。また、Tポイントも獲得できるのがポイントです。手頃な価格で買取したい方におすすめです。

TSUTAYAスマートフォン/タブレット購入ページ

ジャンパラ

秋葉原発祥の売買店で、携帯電話やスマートフォンの年間購入実績は12万台。
最新のiPhoneモデルだけでなく、故障した場合でも積極的に買取してもらえます。古いモデルや店舗も備えています。また、分割払い(ビジネス特許取得)でも購入できる中古業界初のサービスを開始しました。

ジャンパラでスマートフォンを評価する

買取する前にバックアップすることを忘れないでください!

smartphone

重要な写真やメールデータを消去しないように、買取前に必ずバックアップを作成してください。

スマートフォンは資源の宝庫です

ネオジム、ニッケル、金、銀、銅、鉛、亜鉛、インジウム、タンタルなどのレアメタルを含む多くの金属資源が、スマートフォンには使用されています。日本は金属資源に恵まれた国ではないため、携帯電話の原料は海外に依存しています。

壊れたまま自宅で寝ているスマートフォンを買取することも、これらの限られたリソースの有効活用につながります。家に置いておくのではなく、再利用してみませんか?

まとめ

壊れたスマートフォンでも購買取できることをご紹介しました。スマートフォンを手放したくなりますが、壊れたとしても、リソースの面でスマートフォンを家に置いておくのはもったいないです。

最近では、さまざまな機能やスタイルのスマートフォンが日々登場しています。途方に暮れていたのですが、次々と新モデルが登場し、買取価格が下がりました。買取サービスを検討している場合は、早めの対応をお勧めします。

-スマートフォン・携帯電話 売るなら

© 2021 売るなら. All Rights Reserved. 無断転載禁止