着物買取のトラブルと対処方法!着物買取で失敗しない方法を紹介

着物買取

着物の種類やブランドについて何の知識もない方や、初めて着物を売る方は、着物の買取でどんなトラブルがあるのか心配になりますよね。

実際、着物の買取に関するトラブル事例は数多く報告されており、嫌な思いをした人も少なくありません。

この記ページでは、着物買取をした時のトラブルと、その対処について紹介しています。

また、着物の買取で失敗しないための具体的なコツも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

着物の購入トラブルの対処法

着物買取

ここでは、トラブルの例とともに対処法を解説していきますので、具体的にトラブルに遭ったときの対処法を見ていきましょう。

トラブル①出張買取

着物の出張買取とは、買取業者の査定士が自宅に訪問して査定と買取を行う買取方法です。

出張買取は、着物を運ぶ手間や梱包の手間を省くことができる便利な方法ですが、その反面、出張買取ではトラブルが発生する可能性もあります。

そのトラブルとは「押し買い」です。

依頼者に買取契約について考える時間を与えずに、突然、買取業者が自宅を訪問して買取を勧誘することは、「抜き打ち訪問」と呼ばれる手口です。

また、訪問前に営業マンが電話で勧誘する「電話営業」もありますので、注意が必要です。

強引な買取業者との接し方

強引な買取業者とのトラブルを避けるためには、勧誘する買取業者を依頼しないように気を付けることです。

なぜ、勧誘する買取業者が訪問してくるのかというと、上でも説明しているような「電話営業」で依頼をした営業者などを呼んでしまった時などです。

買取を依頼する際には、業者の情報を自分で調べ、信頼できる業者に依頼するようにしましょう。

また、着物や貴金属、宝飾品などの買取にはクーリングオフ制度があります。

この制度を利用することで、強引な買取業者と契約してしまった場合でも、「契約日から8日以内」であれば、契約を解除することができます。

着物買取業者の名前を覚えて、消費者センターに相談することをおすすめします。

トラブル②出張買取の抱き合わせ買取

出張買取で「抱き合わせ買取」を行われてトラブルになるケースがあります。

抱き合わせ買取とは、本来買い取ってもらう予定の商品(着物)以外の商品とセットに、買取る方法です。

例えば、お客様のご自宅に訪問して着物の買取をしている時に、他に「貴金属で売りたいものはありませんか?」と尋ねられ、売るつもりが無いのに、買取されてしまうのです。

日本では、抱き合わせ買取は「一般的な不公正な取引方法」(10項)に指定されており、違法とされています。

利用者から着物以外の買取の問い合わせがあった場合は問題ありませんが、着物の買取査定だけを依頼したにも関わらず、しつこく着物以外の査定をする場合、悪徳業者になります。

抱き合わせ買取を行う買取業者

抱き合わせ買取をする買取業者には、3つの共通点があります。

  • 貴金属の査定をしつこく聞いてくる。
  • 1点だけお願いします。と、どうにか査定を求める。
  • 着物を高値で買い取る、と言い、貴金属の査定をお願いしてくる。

買取業者は、なんとしてでも貴金属を安く買い取ろうと思っています。
毅然とした態度で断るようにしましょう。

買取業者の中にはしつこく勧誘してくる人もいます。
そういう場合は、消費生活センターに通報しましょう。

トラブル③宅配買取中のキャンセルができない

宅配買取とは、売りたい商品を梱包して発送し、買取してもらう方法です。

この方法は、査定に立ち会ったり、買取業者と時間を調整したりする必要がないので便利ですが、買取業者と直接顔を合わせることがないので、トラブルに発展することもあります。

そのトラブルというのが「キャンセルができない」ことです。

通常の宅配買取サービスでは、業者が査定内容を提示し、提示された内容に納得してもらえれば買取が完了します。

しかし、一部では「キャンセルを受け付けない」という悪質な業者も報告されています。

また、返品送料を高額に設定し、返品出来させないようにする悪質業者もいるようです。

キャンセル不可の対処法

キャンセルができない場合の対処法は2つあります。

  • 大事な着物の買取や急ぎではない買取の場合、出張買取にする。
  • 事前にキャンセルした場合の返送料を確認しておく。

1つ目の方法は、信頼できる着物買取業者であれば問題ありませんが、信頼できるかどうかわからない場合は、業者と対面で査定を受けられる買取方法を選ぶのが良いでしょう。

2つ目の方法は、上記で書いてある通りですが、返品しようと思った時に高額な返品金額などにならない様に、はじめに返品送料を確認しておきます。

トラブル④買取方法に関係ない買取詐欺(買いたたき)

買いたたきとは、不当に安い値段で商品を買取る手口(価格詐欺)です。

利用者が着物の値段を知らないことを利用し、買取業者が高い着物を安い値段で買ってしまうのです。

着物は特に買取価格の幅が広く、自分で正確な価格を把握するのは難しいですが、それでも買取のプロだからといって安易に買取に出すのは危険です。

買取詐欺(買いたたき)の対処法

買いたたきに対応するためには、事前に買取相場を知っておくか、複数の会社に査定を依頼して比較してみるのも良いでしょう。

複数の業者に依頼をすれば、手間がかかるかもしれませんが、着物の価格の比較をすることができるので、実際の価格が把握することができるでしょう。

着物買取のトラブル・失敗を防ぐ7つのコツ

着物買取

ここでは、着物買取のトラブルだけではなく、着物買取の失敗を防ぐコツをご紹介します。

①複数の着物買取業者に査定を依頼する

着物の買取で失敗しないためには、信頼できる買取業者を選び、複数の買取業者に査定してもらうことをおすすめします。

複数の買取業者の見積もりを比較することで、着物の正確な相場を把握することができるからです。

また、その中から一番高い金額を査定してくれた業者に依頼することもできます。

その場で契約するのではなく、保留にしているので、じっくり検討する時間を有効活用して納得のいく結論を出すことができるでしょう。

②古着屋やオークションでの買取を避ける

古着屋やオークションを利用して着物を買取する方法もありますが、これらの方法は避けた方が良いでしょう。

古着屋やオークションは、買取業者のように着物の査定の専門家がいないため、相場よりも安く買い取られる傾向にあります。

着物の中でも人間国宝や正絹、友禅、訪問着などの着物は人気が高く、高値で売ることができます。

しかし、素人では見分けるのは難しいのが現状です。着物買取には専門知識が必要なので、専門業者に依頼するのが無難です。

③買取実績の多い会社を選ぶ

先ほどの「着物の査定ができる専門家を選ぶ」という説明と似ていますが、買取実績の多い会社ほど、適切な査定ができるため、本来の着物の価格を提示してくれる可能性が高くなります。

買取実績が積み上げられるのは、「正確な査定内容・説明」と「納得のいく査定額」を満たしているからです。

④着物買取の基礎知識を理解しておく

着物買取の基礎知識として、買取方法を理解しておくとよいです。

買取方法には、次の3つの方法があります。
店頭買取・出張買取・宅配買取
です。

また、買取価格に影響する着物の種類やブランドを理解しておくとよいです。

有名なブランドであれば、インターネット上に買取相場や買取のポイントを記載した記事がありますので、大まかな相場を把握することができます。

⑤はじめての訪問で契約しないようにする

強制買取や抱き合わせ買取を回避するため、はじめて訪問者が来た時は契約しないと決めることです。

はじめは査定だけしてもらうと考えていれば、業者の押し売り的な態度に左右されることがなくなります。

もちろん、業者が良心的な人なら、無理やり買い取ることもありませんので、後から買取について考えてみるとよいでしょう。

⑥着物買取サイトを利用する

先ほどはトラブル事例と対処法を説明しましたが、トラブルを防ぐためには全ての要素を満たした方法があります。
それは着物買取サイトを利用することです。

着物買取サイトのメリットとしては、以下のようなものがあります。

  • 査定額の詳細な説明がある。
  • 古物商の免許証や名刺の提示を必ずしてくれる。
  • 徹底したお手入れとサービスがある
  • 丁寧な対応とサービスが徹底している。
  • キャンセルしても親切にサービスしてくれる。

出張料・査定料・キャンセル料無料、出張買取で自宅を訪問する査定士の「古物商許可証・名刺」の提示、アフターフォローを徹底するための心のこもったサービスなど、トラブルを未然に防ぐための様々な配慮があります。

⑦ 電話で勧誘する着物買取業者には要注意

電話で勧誘する着物買取業者には注意しましょう。

電話で買取訪問の許可を得ることは間違いではありませんが、そのような業者の人たちは悪質だったり、強引だったりする傾向があります。

すべての業者が該当するとは言えませんが、押し売り、抱き合わせなどのトラブルが発生する可能性が高いとも言えます。

もし、電話で知らない訪問業者の人から連絡があった場合は、断った方が良いでしょう。

着物買取で失敗しないための業者の選び方

着物の買取で失敗する原因は、業者の選び方で決まります。

ここでは、業者の選び方のポイントをご紹介します。

無料サービスが充実している業者を選ぶ方法

着物買取

着物の買取で失敗しないためのコツとして、「複数の買取業者に査定を依頼する」というのがあります。

しかし、複数の業者に着物の見積もりを依頼するには、査定料やキャンセル料、出張買取の場合は出張費、宅配買取の場合は配送料など、様々な費用がかかります。

せっかく高額で着物を買い取ってくれる業者を見つけても、多くの手数料がかかってしまっては意味がありません。

そのため、無料サービスが充実している会社を選ぶことが大切です。

ただし、キャンセルの場合は返送料が発生するケースが多く、その金額は業者によって異なるので、返送料についても確認しておきましょう。

複数の買取方法を用意している会社を選ぶ

先ほど、店頭買取、出張買取、宅配買取の3つの買取方法をご紹介しましたが、それぞれの買取方法の特徴をご紹介します。

着物の買取で失敗しないためには、それぞれの買取方法を選べるような会社を選ぶことが大切です。

なぜなら、それぞれの買取方法にはメリット・デメリットがあり、どの買取方法が依頼者に適しているのかが変わってくるからです。

例えば、出張買取しか受け付けていない業者であれば、利用者が宅配買取を依頼しているにも関わらず、出張買取しか勧められません。

そのため、出張買取を強要された場合にトラブルに発展する可能性があります。

実際に、業者を利用したことがある人の「口コミ」を参考にする

実際に着物買取業者を利用したことがある人の「口コミ」を参考にするのも、失敗を防ぐための有効な手段です。

インターネットで買取業者を調べれば、トラブルが報告されているケースもあるので、事前にトラブルを起こしそうな業者を避けることができます。

しかし、インターネット上のレビューは匿名であるため、無責任なものであったり、報酬を受け取っている広告主からの依頼で掲載されている場合もあります。

着物買取のトラブルのない業者をご紹介

着物買取

着物買取で失敗しないコツの一つは、複数の業者を比較することでした。

業者の選び方を踏まえて、評価の高い業者を選ぶとより安心して着物を売ることができます。

着物買取におすすめの業者をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ① バイセル

バイセル

着物を高く売ることができる

バイセルは着物の買取サービスを中心に行っている買取業者です。

俳優の木村 佳乃さんがCMに出演しているのを見たことがある方もいるのではないでしょうか。

全国各地への出張買取サービスのほか、宅配買取や買取店での店頭買取にも対応しています。

また、出張買取のアンケートでは、「顧客満足度」「価格満足度」「安心して利用できるサービス」の3部門で1位を獲得しており、高い評価を得ている買取業者です。

おすすめ②買取プレミアム

買取プレミアム

アフターサービスが充実していて安心感がある

買取価格が他店より1円でも安ければ全額返金してくれます。
着物の買取価格に自信があり、全国対応のサービス買取業者です。

単品からでも査定依頼ができますし、古い着物や着物の小物なども買い取ってもらえます。

買取プレミアムをおすすめしたいのは「完全なアフターサービス」があることです。

査定後に連絡があり、依頼者に満足のいくサービスを提供できたかどうかを確認してくれます。

トラブルを未然に防ぐためのシステムになっているので、安心して利用することができます。

おすすめ③ザ・ゴールド

ザ・ゴールド 着物

親切・丁寧・明朗がモットー

ザ・ゴールドは全国の直営店が運営しており、地域に根ざした店舗づくりを目指して「親切・丁寧・明朗(わかりやすい)」をモットーにしている買取業者です。

実店舗で査定士の顔を直接見ることができるので、安心して利用することができます。

買取方法は、店頭買取・出張買取・宅配買取の3つ全て対応しています。
また、買取対象商品は、振袖・留袖・小紋・反物・扇子(せんす)・訪問着など買取品目が豊富なので、安心して買取の相談ができます。

 

まとめ

着物買取

  • 着物買取における代表的なトラブルは4つあります。
  • 代表的なトラブルにはそれぞれ対処法があります。
  • 着物買取で失敗しないための7つのコツを理解することが大切です。
  • 失敗しないための業者の選び方を知っておく必要があります。
  • 着物の買取業者としては、「バイセル」「買取プレミアム」「ザ・ゴールド」がおすすめです。

このページでは、着物の買取トラブルの事例や対処法など、失敗しないためのコツをご紹介してきました。

安心して着物を売るためには、7つのコツと買取業者の選び方を理解しておくことが大切です。

また、おすすめの業者も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

-着物 売るなら

© 2021 売るなら. All Rights Reserved. 無断転載禁止