着物の証紙とは?買取査定時に重要な証紙

着物の証紙

着物を買取に出す際には、証紙があるかどうかが重要です。

鑑定書があるのとないのでは買取価格が違ってきます。

通常、着物を着るときには証紙が必要ないのですが、なぜ買取の際には証紙が重要なのでしょうか。

着物の知識がない方にもわかりやすく着物正証とは何かを紹介していきます。

着物の証紙とは?

着物の証紙

着物の証紙は、着物の畳紙の中に入っているのが一般的です。

中には、着物の端切れに貼られているシールのようなものもあります。

そこに「商標登録」や「証明」と書かれていれば、その着物の証紙になります。着物証紙とは、一言で言えば、その着物の価値を示す証明書です。

シャネルやルイ・ヴィトンなどの高級ブランドのバッグや洋服に付いているギャランティーカードと同じように、その着物が「本物」であることを証明する大切なものです。

ただし、証紙はどの着物にも付いているわけではなく、「高級着物」と呼ばれるランクの着物に付いています。

着物を着るのに証紙は必要ありませんが、着物の価値を証明する大切なものなので、大切に保管しておくことをおすすめします。

証紙の種類

着物の証紙

着物の証紙には大きく分けて3つの種類があります。

それぞれの種類とその意味をご紹介します。

ここで紹介した証紙の種類は、着物の証紙の基本的な部分なので、必ず覚えておきましょう。

着物証紙の種類

着物の証紙

着物には様々な種類があり、その種類を示す証紙があります。

例えば、京友禅や本庄大島紬、本場黄八丈などの有名な着物の種類やブランドを証明するのに使われています。

着物の種類によって証紙用紙の色や書き方に違いがあり、本物の証紙用紙を見分けるためには、どのブランドがどのような種類の証紙を発行しているのかを知る必要があります。

伝統工芸品や重要無形文化財を表す証紙

着物の証紙

質の高い工芸技術の着物に、証紙が発行されます。

経済産業大臣は伝統的工芸品、文部科学大臣は重要無形文化財が指定されており、それぞれの着物に証紙を発行します。

伝統的工芸品に認定された着物には、「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」に基づいて作成されたオリジナルマークの付いた証紙が発行されます。

重要無形文化財に認定された着物には、着物の種類を示す証紙を添付して発行されます。

生地の品質を示す証紙

着物の証紙

現在、着物には合成繊維であるポリエステルをはじめ、デニム生地、ウール、麻など様々な生地が使われています。

しかし、着物で最も価値があるとされる生地は絹100%です。

絹100%の着物に付いている証紙は、絹の品質を証明するものです。

近年では海外から輸入した安い絹を使った着物が作られることもありますが、海外で作られた着物にはこの証紙は付いていません。

絹の品質証紙には2種類あります。輸入した繭や絹糸を使って日本で染めて仕立てた着物には「日本の絹」の証紙が付いています。

日本で生産された蚕や繭を使い、すべての工程を日本で行っている着物には、「日本製絹純国産」の証紙が付きます。

絹の品質証紙の多くはシールですが、中にはスタンプが押されているものもあります。

証紙でわかること

着物の証紙

着物の証紙から読み取れることはたくさんあります。

着物の産地

着物の織り方は産地ごとに異なるため、着物の産地を知ることは重要です。

例えば、有名な大島紬の着物は、一つの産地だけでなく、奄美大島や宮崎県、鹿児島県など様々な産地で作られています。

そのため、その着物がどこで作られたかを証明するために、証紙が使われています。

着物の製造元

着物の製造元とは、言い換えれば織り手のことです。

証紙自体は着物ブランド組合が発行しているので、織り手が組合に加入していなければ証紙は発行されません。

組合に加入するためには、織り手の技術を組合に認めてもらう必要があるので、着物を買う人は証紙があるから安心して着物を買うことができるのです。

伝統工芸品であるかどうか

経済産業大臣から伝統的工芸品として認められた着物の証紙には、上半分に「振」、下半分に日の丸の文字が入ります。

着物の織り方

着物は大きく分けて手織りと機械織りの2つの織り方があります。

どちらの織り方で織られたかがわかるように、着物の説明が記載されています。

着物の原料名

着物に使われている絹の量が多いほど価値が高いと言われており、どれだけの絹を使って着物を作ったかがわかるようになっています。

例えば、博多織の着物の場合、絹50%の着物には金色の証紙を付け、絹50%未満の着物には青色の証紙を付けて、着物の品質を表しています。

着物の染め方

染色した糸を使って着物を仕立てる場合は、染色の方法とその糸を染めるための材料が記載されています。

着物の染め方には、泥染め、藍染め、泥藍染めなど様々な染め方がありますが、どのような染め方をしているのかは、証紙の色や図を見ればわかります。

このように、着物の証紙からわかることは6つあります。

証紙のない着物は偽物?

着物の証紙

着物の製造元が組合に加入していなければ、どんなに技術力の高い着物を作っていても証紙がありません。

そのため、証紙のない着物を偽物と断定することはできません。

 

有名な着物の代表格である加賀友禅の着物を例にとると、いくら加賀友禅の着物であっても、メーカーが加賀友禅組合に加盟していなければ証紙は付きません。

中には、証紙の値段が着物の値段に上乗せされて高額になってしまうため、あえて証紙を付けないメーカーもあります。

これは、より多くの人に買ってもらうために、少しでも安くしたいと考えているからです。

また、近年では、着物の仕立てを「伝統」ではなく「芸術」と考えている作家さんもいて、自由に創作したいからといって組合に加入しないこともあります。

証紙がないと買取価格に影響

着物の証紙

着物自体の品質と証紙の有無は必ずしも関係ありませんが、証紙のある着物の方が証紙のない着物よりも買取価格が高くなります。

これは、先ほど説明したように、証紙には産地やメーカー、使用されている素材などの情報が記載されているため、着物の価値を簡単に証明することができるからです。

逆に言えば、いくら高級ブランドの着物を持っていても、証紙がなければ「本物」であることを証明することはできません。

証紙のある着物を持っている場合は、必ず証紙と一緒に査定に出すようにしましょう。

 

注意しなければならないのは、偽物の証紙も存在するということです。

偽物の証紙の特徴として、割り印が押されていなかったり、デザインが違っていたりすることがあります。

しかし、特定の紙に書かれているデザインが違うからといって、すぐに偽物だと判断することはできません。

作成された時期によって証紙のデザインや色が変わることもあるので、公式サイトを確認してから判断することが大切です。

 

証紙の保管方法としては、着物と一緒に畳紙に包んで保管するのが一般的です。

中にはファイルに入れて綺麗に保管する人もいます。

ファイルに分けて保管しておくと、買取に出すときになくならないように、どの証紙がどの着物のものなのかがわかるようになるはずです。

買った時には本物の証紙が付いていたとしても、保管中に証紙を紛失してしまうと、着物の価値を証明することができなくなってしまうので注意しましょう。

有名着物に付いている証紙の特徴

着物の証紙

証紙には、発行している協会によって様々な種類があります。

有名な着物についている証紙の特徴を理解することで、偽物を見分けることができます。

 

ここでは、有名な3つの着物を例に、それぞれの特徴を詳しくご紹介します。着物の年代によって証紙用紙が変わることもありますので、あくまでも参考程度に覚えておいてくださいね。

本庄大島紬の証紙

本庄大島紬の証紙は、本庄大島紬協同組合が発行するもので、登録商標は「旗印」です。

証紙は手織りか機械織りかによって異なり、また染色方法によっても異なります。

  • 緯絣で手織りの場合は、旗印は縦絣の場合と同じ青で、「緯絣」の印が押されていて、鹿児島県本庄大島紬協同組合連合会発行の伝統的工芸品マークのシールが付いています。
  • 緯絣で機械織りの場合は、旗印が青色で、「織り絣」の文字が刻印されていて、鹿児島県絹工業会発行の伝統工芸品マークが付いています。
  • 機械織の縞大島の場合は、旗印がオレンジ色で、金色の「正絹」の印が付いています。
  • 正真正銘の大島紬には、古代染め純泥染めと古代染め純植物藍の2種類の証紙があります。
  • 泥染め基準に合格した着物には、藍泥染めや色泥染めなど、泥を部分的にしか使わない染色方法にも適用される「古代染色純泥染め」の証紙が付いてきます。
  • 藍染の基準をクリアした着物には、「古代染純植物藍」の証紙が付いています。

結城紬の証紙

結城紬の証紙の大きな特徴は、「結」と表示されているものと「紬」と表示されているものがあることです。

この2つの違いは、発行者です。

 

「結」と書かれた証紙は本場結城紬問屋協同組合が発行し、「紬」と書かれた証紙は茨城県結城郡織物協同組合が発行しています。

紬には地織機で織られたものと高織機で織られたものがあり、見ただけでは違いが分からない人がほとんどですが、本庄紬は地織機で織られたものと高織機で織られたものがあります。

証紙を見ると、地織機で織られた着物には緑色の証紙が発行され、高織機で織られた着物にはオレンジ色の証紙が発行されているということがわかります。

また、本庄結城紬には、緑色の証紙の他に、絹100%のラベルと4種類の組合証紙があります。

 

証紙には「真綿手紬糸」と書かれた品質表示、産地証紙、糸を摘んでいる女性の写真、検査証紙があります。

検査証紙の詳細は公開されていませんが、幅や長さ、縫い目の数、柄のズレの有無など16項目の厳しい基準をクリアした着物にのみ添付されています。

これらの項目が全て貼付されていないと、本物の結城紬とは認められません。

博多織の証紙

博多織の織物には

  • 献上
  • 変り献上
  • 平博多
  • 間道
  • 総浮
  • 捩り織
  • 重ね織り
  • 絵緯博多
  • 着尺

博多織にはたくさんの種類があります。

博多織に添付されている証紙は、着物の原料に応じて色分けされているのが特徴です。

博多織の証紙は博多織工業会が発行しており、博多織の公式サイトには現在7種類の証紙が掲載されています。

金の証紙
博多織  金の証紙

絹50%以上使用の着物や帯に貼付
青の証紙
博多織 青の証紙
絹50%以下使用の着物や帯に貼付
金丸の証紙
博多織 金丸の証紙
絹50%以上使用の小物に貼付
丸青の証紙
博多織 丸青の証紙
絹50%以下使用の小物に貼付
着尺・袴地の証紙
博多織 着尺・袴地の証紙
伝統的工芸品
伝統的工芸品の証紙
博多織 伝統的工芸品の証紙
絹50%以上使用の着物や帯に貼付
手織りの証紙
博多織 手織りの証紙
手織り製品に貼付

絹50%以上のものは金の証紙、絹50%未満のものは青の証紙で区別されています。

正絹以外の経糸と正絹以外の緯糸で作られた着物には緑色の証紙が、正絹以外の糸で作られた着物には紫色の証紙が付いていましたが、この2つの証紙は2014年以前に作られた着物に付いていたもので、現在は発行されていません。

また、障子紙には丸と角の2種類があり、丸い障子紙は小物に、角い障子紙は着物に使用されています。

手織りの場合は、手で織った女性のマークが入った証紙が貼られています。着物や袴の生地の場合は、四角い紙を使用します。

これらの草紙が貼られた博多織の着物のうち、伝統的な技法で織られた特に品質の良いものには、経済産業大臣指定の「伝統的工芸品認定証」のシールが貼られています。

まとめ

証紙は着物の価値を証明するものです。

全ての着物に証紙が付いているわけではありません。

有名な着物でも証紙が付いていないものもあります。

各ブランドの証紙の特徴を理解しておかないと、偽物の証紙を買ってしまうことになりかねません。

着物の証紙は、着物を購入した時の金額を決めるものなので、とても大切なものです。

着物を買取してもらったら、着物と同じように大切に保管しておく必要があります。

買取査定の際には、着物と一緒に証紙を取り出して、買取金額をアップさせましょう。

-着物 売るなら

© 2021 売るなら. All Rights Reserved. 無断転載禁止