毛皮の種類や特徴まとめ!

毛皮の種類や特徴まとめ!

毛皮には、たくさんに種類があります。

このページでは毛皮の種類を紹介していきます。

ミンク類

ミンク

ミンクの毛皮を買取したい方へ >>

①ミンク/Mink

1866年に野生のミンク(ワイルドミンク)の養殖に成功し、1930年代にメンデルの法則の適用により改良された変異体の出現により、現在25色以上が生産されています。

刺された髪は強く、しなやかで艶があり、毛羽は密で絹のようなものなので、衣料品としては最高品質の素材と言えます。

耐久性・保温性に優れています。 染色が容易で、多くの色を正確に表現できます。

脱毛・シャーリングなどの加工を施したことで広く使用されています。

 

※ミンクのブランドについて

ミンクは世界中のさまざまな国で栽培されており、その主な生産地域では、生産者グループが組織され、それぞれが独自のブランドで他と区別しています。

ただし、このブランドは生皮の品質のみを表しています。

 

この生産者のブランドだけを盲目的に信じることは非常に危険です。

それは、毛皮の品質がその後の日焼けや縫製によって大きく変化するためです。

 

特にラベルの交換や偽物などの有名なブランドが乱用されていることに注意してください。

ミンクは刺す髪の長さによってショート〜ミディアムロングに分類され、これだけが「お気に入り」と回答できます。

世界の主な毛皮生産者は以下の通りです。

①アメリカンレジェンド 

http://www.americanlegend.com/

米国シアトルに本社を置くミンクの毛皮養殖組織。アイコンは「Blackglama」で、刺すような短い髪のビロードのような漆黒のミンクです。

アメリカンレジェンドミンクは、アメリカンレジェンドオークションでのみ販売されます。

「Blackglama®」および「AmericanLegend®」は登録商標です。

アメリカンレジェンドの毛皮を買取する方法 >>

②サガ・ファー

http://www.sagafurs.com/

フィンランドのヘルシンキに本社を置く毛皮農業組織。

主にミンク、キツネ、ヒレタヌキを扱っています。

「サガ・ファー」の商品名は、厳格な品質検査に合格したものに限ります。

品質ラベルは、サーガファーズ®ルミロイヤル、サーガファーズ®ロイヤル、サーガファーズの3種類があり、品質の高い順に並んでいます。

「Sagafurs®」は登録商標です。

サガファーの毛皮を買取する方法 >>

③コペンハーゲン・ファー 

http://www.kopenhagenfur.com/

デンマークのコペンハーゲンに本社を置く毛皮農業組織。ミンク、チンチラ、スカラを扱っています。

「K」で始まる「コペンハーゲン」はデンマーク語で、「デンマークから」を強くアピールしています。

品質を示すラベルには、高品質からコペンハーゲンパープル、コペンハーゲンプラチナ、コペンハーゲンブルゴーニュ、コペンハーゲンアイボリーの4種類のラベルがあります。

④ノース・アメリカン・ファー・オークションズ 

http://www.nafa.ca/

毛皮を生産する組織であるカナダのトロントを拠点とする同社の設立は、存続している最も古い北米企業であるハドソンズベイである1670年にさかのぼります。

ミンクやキツネのランチ(農作業)の他、野生の毛皮も取り扱っております。

最高品質の北米の養殖ミンクには、「NAFAミンク」というラベルが付いています。特に、ブラックミンクには「ブラックNAFA」というラベルが付いています。

略称、NAFA(ナファ)。

⑤ソユーズプシニーナ 

http://www.sojuzpushnina.ru/en/s/2/

ソユーズプシナは、ロシアの国際サンクトペテルブルク毛皮オークションの主催者です。

ロシアが唯一の生産国であるロシアセーブルは、「ソボル」と呼ばれる特別な名前を持ち、その品質を誇っています。

⑥ファーハーベスターオークション 

http://www.furharvesters.com/

カナダのオンタリオ州ノースベイに本社を置くこの毛皮生産者グループは、世界の毛皮産業に最高級の野生型毛皮を提供しています。

インディアンの横顔のマークが目印です。

②ウィーゼル/Weasel

ウィーゼル

北半球に広く分布しており、髪の色や質は地域によって異なります。

イタチ(日本名イタチ)、アメリカイタチ、中国イタチと呼ばれています。

日本で毛皮として扱われるイタチのほとんどは中国産です。

黄褐色の短毛はミンクよりも絹のような光沢感が劣ります。 引き抜いたり、切ったり、染めたりしてよく使われます。

③セーブル/黒テン/Sable

セーブル

黒貂(くろてん)とも呼ばれます。

また、ロシア、中国北部、北海道にも住んでいますが、一般的にロシアのロシアクロテンを指します。

色は黒褐色から黄褐色まで変化します。

毛羽はやや長く、非常に柔らかく、保温性に優れ、光沢があり、軽い。

最も高級な毛皮素材の1つと考えられています。

2.フォックス類

シルバーフォックス

①シルバーフォックス/銀狐/Silver fox

シルバーフォックスは、レッドフォックスの突然変異体です。

養殖はカナダ、アメリカ(アラスカ)、ロシア、ノルウェー、フィンランドで行われています。

刺すような髪は長くて張りがあり、銀色で黒い。

黒と銀がはっきりしているほど、品質は良くなります。

そのまま使用することが多いですが、染色すると銀色の髪だけが染まり、黒い部分が残ります。

綿毛の密度はBlue Foxの密度よりも低くなっています。

②ブルーフォックス/青狐/Blue fox

ブルーフォックス

世界で最も豊富なキツネの種である青いキツネ、そしてそれらのほとんどはスカンジナビアの水産養殖です。 髪を長く刺しますが、シルバーフォックスよりも短くてシルキーです。 綿毛はかなり長く、密です。 全体が灰色で耐久性に優れ、保温性にも優れています。 キツネの中で、それは毛皮の衣類に最もよく使われる種です。 自然な色は灰色がかった淡い色なので、染めやすく、多くの色を表現できます。 コートに合わせて各色を染めるなど、トリミングの需要が高い素材。

③シャドーフォックス/Shadow fox

シャドーフォックス

ブルーフォックスの変種。 ブルーフォックスよりも薄い灰色で、髪はやわらかく、刺し傷や綿毛はほぼ白くなっています。 淡い色の染色に使用します。

④ブルーフロストフォックス/blue frost fox

髪の色にはシルバーフォックスの特徴があり、髪の質にはブルーフォックスの特徴があります。

⑤レッドフォックス/赤狐/Red fox

レッドフォックス

南アメリカを除くすべての大陸に分布する野生のキツネ。 品質は生息地によって大きく異なりますが、一般的に品質が高いほど、透明度が高く、赤みがかったオレンジ色になり、グレードが低くなるほど、赤味がかった茶色、または黄褐色になります。 ING。 品質は絹のようにふわふわで長くて濃いですが、火のように赤い色をしているカムチャッカはファイアフォックスと呼ばれ、品質が良いです。 養殖もほとんどありません。

⑥コヨーテ/Coyote

コヨーテ

北米の草原に生息するため、プレーリーウルフとも呼ばれます。 日本ではオオカミとも呼ばれていますが、オオカミとは違います。 生息地によって髪の質や色にかなりの違いがありますが、髪の色は黄味がかった灰色または濃い灰色です。 刺し傷の毛は、柔らかいものから硬いものまでさまざまです。 綿毛の密度はブルーフォックスの密度よりわずかに低くなっています。

⑦タヌキ/狸/Tanuki

タヌキ

日本、中国、ロシア全土に生息しています。 背骨は黒で、茶色から灰色がかった茶色の長い絹のような刺し傷があり、密な深い綿毛があります。 それは時々、脱毛後に絹のようで密度の高い綿毛だけで使用されます。 刺し毛はブラシ毛としても使用されます。 中国のアライグマは中国のアライグマと呼ばれ、ロシアのアライグマはロシアのアライグマと呼ばれます。 フィンランドで飼育されているアライグマの名前は、フィンアライグマです。 日本では、資料名を記載する際に、「たぬき」の名前を併記する必要があります。

⑧ラクーン/あらいぐま/Raccoon

ラクーン

日本名アライグマ。 北アメリカに住むタヌキに似た動物。 ブラウングリーンからグリーンブラウンのやや長めの刺し髪と、尻尾に黒と黄褐色のリングが特徴です。 アライグマ、中国のアライグマ、ロシアのアライグマ、フィンのアライグマなどは、形は似ていますが、アライグマとは種が異なります。

3.キャット類

①リンクス/大山猫/Lynx

リンクス

野猫の一種で、日本では大型の野猫と呼ばれています。 北米、モンゴル、ロシアに生息しています。 髪は長く、濃く、とても柔らかくなっています。 裏は薄茶〜茶褐色のスポット柄。 腹部は白く、濃い茶色の斑点がはっきりしていて綺麗です。 ほとんどの毛皮とは異なり、リンクスは腹部の美しさにより価値があり、頻繁に使用されます。

②リンクスキャット/Lynx cat

リンクスキャット

山猫は北米から中央メキシコに分布しました。 Lynxに似ていますがLynxより小さく、毛羽はやや短いですが、スポットはより壮観です。 Lynxのように、腹側は美しく、価値があります。 リンクスキャットの小さい猫はボブキャットと呼ばれています。

③レオパードキャット/Leopard cat

ベンガルヤマネコは南アジアとマレーシアに分布しています。 黄褐色から淡褐色の地面にある黒褐色の斑点の特徴。 髪は短くて柔らかいです。 現在、同じタイプのいくつかはワシントン条約によって規制されています。 日本では、「種保存法」に基づく展示・譲渡の際、登録票の添付が義務付けられています。

4.ラビット類

①ラビット/ラパン/ウサギ/Rabbit/Lapin

ラビット

南ヨーロッパ原産ですが、飼い慣らされたものは世界中で見られます。 フランスの名前ラパンも一般的です。 髪の色には多くの種類があり、それぞれの種類に名前があります。 典型的な例は、白うさぎ(白)、チンチラうさぎ(灰色青)、ゴマうさぎ(灰色茶色)、ゴールうさぎ(淡い茶色、ベージュ色)、黒うさぎ(黒、黒茶色)、斑点うさぎ(それぞれの一部) 上記の色は別の色です)。 混在しています)。 特殊タイプとして、縮退した毛羽のみのレックスタイプがあります。 髪の毛の一部が細いため、切れたり切れたりしやすい性質がありますが、シャーリング処理(シェアード処理)を行うと欠点が解消されます。 ウサギはやや耐久性が低いですが、染めやすく比較的安価なので幅広い用途に使えます。

②チンチラ/Chinchilla

チンチラ

それはもともとアンデスに住んでいた小さな野生動物ですが、すべての養殖種は現在毛皮に使用されています。 刺した髪は縮退しており、非常に滑らかで柔らかい毛羽だけで構成されており、髪の密度も非常に高くなっています。 背中は紺色と水色で、腹部はブルーグレーです。 ミュータントにもベージュカラーがあります。 肌は軽いですが、非常に薄くて繊細で、耐久性が低いため、取り扱いにはご注意ください。

③リス/Squirrel

リス

コートの表地に加え、ライナーとしてもよく使われています。 良い等級は、密集した髪と白い腹部を備えた澄んだ青灰色の背中を持っています。 小動物ですが、尻尾が細かく、毛先はフェイスブラシなどの化粧筆に使用されています。

④ヌートリア/Nutria

ヌートリア

南アメリカのアルゼンチン原産のビーバーのような動物です。 1954年に養殖用に北米から輸入され、各国で繁殖が始まりました。 柔らかな茶色の綿毛と薄い茶色のしっかりした、厚くて光沢のある長い刺し口があります。 脱毛やクリッピングの後によく使われます。

⑤ビーバー/Beaver

ビーバー

北米の川や湖に生息し、ダムを作ることで有名です。 毛羽は柔らかく濃密ですが、茶色でやや長めのツヤのあるピアスヘアは硬いので、ハジキやカット・染色後によく使用されます。

5.ラム類

ラム類

①カラクルラム/Karakul lamb

からくるラムの総称。 ペルシャの子羊またはアストラハンとも呼ばれます。 原産地によっては、南西アフリカの「SWAKARA」など、一部のブランドは商標名を持っています。 髪の色のほとんどは黒で、灰色、茶色、白もあります。 毛髪は刺さず毛羽のみで構成されており、髪の長さは非常に短い髪と短い髪が特徴で、巻き毛の形状によって様々な美しいシミが見られます。 巻き毛の形状や髪の長さによってタイプ別に分類されています。 特にショート・ライトタイプは「ブロードテール」と呼ばれています。

②カルガンラム/Kalgan Lamb

カルガンラム

典型的な中国の子羊の一種。 白い巻き毛が特徴です。 髪の長さは少し短く、髪の質はやや柔らかく、つやが足りません。 染色後によく使用されます。

③チキャンラム/Chekiang Lamb

チキャンラム

中国の浙江省で生産された子羊。 髪はシルクのように柔らかく、穏やかな波状の形と光沢があります。 染色後によく使用されます。

④チベットラム/Tibet Lamb

チベットラム

チベットの子羊。 短い髪のモンゴル産子羊の変種で、脚が非常に長く、白い巻き毛が特徴です。 元々、錦麺用は山羊の毛皮でしたが、日本ではチベット羊に代わってチベット羊と呼ばれています。 染色後によく使用されます。

⑤ベビーラム/Baby Lamb

ベビーラム

一般に、新生子羊の用語。 日本では、ニュージーランド産のラムニーとその交配種で、生後約1週間です。 黒、茶色、灰色、白、斑点パターンで利用できます。 私はよくカールした髪を伸ばしたり、切ったりして使用します。

おすすめの毛皮買取専門店をご紹介

福ちゃん

福ちゃん 毛皮

福ちゃんは全国対応で、どんなに遠方でも「訪問料」「査定料」など全て無料で対応している、良心的な買取店です。もし買取不成立だったとしても、キャンセル料は一切なし!無理な買取を勧めたりする行為はありません。気になる毛皮があったら、まずは電話で相談もOK。お客様の立場に立って考えてくれる買取店「福ちゃん」がおすすめです!

福ちゃんはこちら>>

バイセル

バイセル 毛皮

バイセルは、スピード重視の買取サービス。「すぐ来てほしい」そんな依頼も、バイセルなら即日買取対応ができます。

ショールやバッグなど「毛皮小物だけ」の買取でも査定してくれるので、気になる方は依頼してみるのがオススメです!

バイセルはこちら>>

買取プレミアム

買取プレミアム

買取プレミアムは女性査定員が在籍しているので、男性スタッフの訪問が嫌な方におすすめです!

ネームが入った毛皮や汚れがあるもの、古い毛皮も買取可能なので、諦める前にぜひ買取プレミアムに相談してみて下さい!

買取プレミアム>>

-毛皮 売るなら

© 2021 売るなら. All Rights Reserved. 無断転載禁止