毛皮の最適な保管管理方法|いつまでも質の良い毛皮を維持!

毛皮を長持ちさせる適した管理方法が知りたい

毛皮を買って初めて保管するのですが、保管の管理の仕方が解りません。

毛皮は、着ていないシーズンオフの管理状態が重要と聞きました。

毛皮は素材が特殊ですので、素人では最適な管理方法が解らなく困っています。

どのように保管をして、管理をしていけ行けばよいのでしょうか。

多少手間がかかっても、綺麗な状態で維持できるのであれば行ってみようと思っています。

高かったので、いつまでもこのままの良い状態を保てるような保管管理方法を教えて下さい。

毛皮の長期保管管理方法

毛皮は冬しか着ませんので、他の時期は保管になります。
きちんと保管をする事で、綺麗な毛皮を保つ事が出来ます。
これらのお手入れやポイントにより、毛皮を管理しましょう。

1.汚れを綺麗に落とす

まず、汚れなどを綺麗に取り除きます。

毛皮を叩いて、汚れやほこりが残らないように念入りに行います。

汚れが付着したままで保管を行うと、害虫が付いてしまう事があります。

毛皮の劣化につなげてしまいますので、丁寧に時間をかけて行いましょう。

その後、粗いブラシで毛並みを整えましょう。

2.ゆったり出来るスペースで保管

毛皮はふわっとした素材ですので、毛皮がつぶれてしまっては毛皮独特の雰囲気が出なくなります。

その為、キツキツな状態でハンガーにかけるのではなく、ゆったりとした空間を作ってその中に掛けて保管するようにしましょう。

毛皮のストールやマフラーも、同様に保管をするとふわっとした状態を維持できます。

3.大きなハンガーにかける

毛皮は型崩れしやすいので、大きな物で支えるのが基本となります。

型崩れ防止の為、大きなハンガーにかけて保管をしましょう。

大きなハンガーは、毛皮購入の際に毛皮屋さんに聞くと良いでしょう。

良心的な店舗は、購入の際にハンガーも一緒にくれます。

毛皮を保管するスペースの環境

毛皮は空間の状態に左右されやすい素材ですので、毛皮に合った空間で管理保管を行う事が理想です。

温度は10度以下で湿度は50%程が、理想な保管空間の環境です。
また、日光とは相性が良くないので、日に当たらない場所が最適です。
クローゼットや押入れ等に入れ、防虫剤と一緒に保管をしましょう。

埃や光から毛皮を守る為には、通気性が高いカバーをかけるか薄手のバスタオルをかけて保管をしましょう。

毛皮だけの状態で保管をすると、毛皮に埃が付いてしまうので絶対によくありません。

ある日、長期保管の毛皮を着ようと思ったら、埃が付いていて毛が抜けやすくなっていたという事は、良くある話です。

更に、臭いを吸収しやすい素材ですので、香水やたばこなどの臭いが出る物とは一緒に保管しないようにしましょう。

毛皮保管サービスが出来る業者に依頼

どうしても毛皮の保管管理に不安な方は、毛皮の保管を行ってくれる業者がありますので、問い合わせてみると良いでしょう。

毛皮を保管してくれる業者は、毛皮に起こりがちな不具合を起こさないように特殊な保管方法をしてくれます。

次に必要になるまで最適な状態で保管を行ってくれますので、毛皮の長持ちにつなげる事が出来ます。

毛皮が必要になった時に、最善の状態で渡してくれるのでとても便利です。

ご自分の毛皮ですのでご自分で保管する事が 1番なのですが、どうしても自信が無い場合はそのような業者を頼るのも1つの方法です。

当サイトでおすすめしたいショップ


福ちゃん

福ちゃん 毛皮

福ちゃんは「お客様のご意見を大切にする」買取ストアです。なんと実際に使用した顧客の90%以上が、買取価格に満足しています。

すべての訪問および料金査定は無料です。セキュリティ対策は完璧です!安全で優れたショッピングストアです。

福ちゃん詳しくはこちら>>

バイセル

バイセル 毛皮

「名前が刺繍された毛皮」や「破れたり日焼けした毛皮」など、諦めるしかなかった毛皮でも、バイセルは買取することができます。

その日に買取し、その日に現金化!出張費と査定料はすべて無料です。

バイセルはこちら>>

買取プレミアム

買取プレミアム

アジアを中心に「幅広い販売チャネル」を持つ買取プレミアム。販売チャネルが確立されたため、買取の種類が広く、買取価格が高くなっています。

ショールやボレロなどの小さな毛皮アイテムも買取の対象となるので、それらを販売したい場合は、今がチャンスです!

買取プレミアムはこちら>>

関連ページ

-毛皮 売るなら

© 2021 売るなら. All Rights Reserved. 無断転載禁止