IT業界で30代、40代でエンジニアの転職は難しい?転職年齢に限界はある?35歳限界説は本当なのか?40歳以上でも転職で年収は上がる?ミドル世代が転職に成功するには?

IT業界に限らず、「今の仕事を変えようかな」とか「他の会社に行こうかな」と思うことは珍しいことではありません。

新卒のまま同じ仕事、同じ会社で働くことだけが全てではありません。

ただ、働いてきた会社を辞めて他の会社に転職しようと思った時、誰もが1番気になるのがやはり”年齢”でしょう。

社会に出て長く働いてきた人ほど、30代、40代になって「この年になってからの転職は年齢的に難しいかも…」と諦めかけている人も多いと思います。

また、未経験でエンジニアなどのIT業界の職種への転職を考えている場合もあるでしょう。

実際のところ、経験やスキルには自信があっても、年齢的な問題で転職を躊躇している人は多く、”35歳限界説”という言葉もよく耳にします。

そこで、IT業界でエンジニアとして転職するのに年齢制限や年齢の限界はあるのか?ミドル世代のIT業界での転職は難しいのか?そして、年齢が高いエンジニアが転職で成功するためのポイントなどについて解説していきます。

IT業界で30代、40代でエンジニアの転職は難しい?転職年齢に限界はある?35歳限界説は本当なのか?40歳以上でも転職で年収は上がる?ミドル世代が転職に成功するには?

30代、40代のエンジニアは転職は無理?エンジニア不足の背景

エンジニアに限ったことじゃないけど、やっぱり年齢は高くなると転職は無理なんじゃないかな?

若ければ若いほうが企業も採用してくれるんじゃないの?