人によって、「そろそろ転職しようかな?」と思うタイミングはそれぞれですが、上司からのパワハラや仕事に関するストレスなどで悩んでいて”今すぐに転職したい”と考える人と、今すぐでなくとも転職は考えているため”有利な時期を見計らって転職したい”と考えている人の両方がいると思います。

「転職したい」とは思っているけど、やっぱり転職するのであれば失敗はしたくないよね。

僕は自分のスキルやキャリアにはあまり自信がある方じゃないし…。

もし転職をするとしたら、転職するのにベストな時期ってあるのかな?

転職の女神 長女
転職の女神 長女

そうね、”何月に転職するといいのか?”というのは、私が転職サポートをしていてよく聞かれる質問の1つね。

もちろん、転職には”ベストな時期”という時期が存在します。

このページでは、転職したいと考えている人に向けて、転職をどのタイミングで始めたらいいのかについて解説しています。

後悔することのないようベストなタイミングを掴み、誰よりも有利に転職を進めてくださいね!

転職活動をスムーズに行うためには、『転職に有利な時期』や『転職のベストタイミング』を見計らって転職することで、ライバルが少なく内定を獲得をしやすかったり、企業の受け入れ大切が出来ている、転職活動にしっかり取り組めるなどといった、嬉しいメリットがあります。

そこで今回は、転職市場から読み取れる求人数が増加する時期や、その業界・業種ごとの転職のおすすめ時期、自分にとってもベストタイミングがいつなのか判断するポイントなどについてもご紹介ていきますので、参考にしてください。

転職に有利な時期やタイミングは?何月がオススメ?ボーナスや資格取得、求人数、企業の積極採用も関係する?年代別のポイントも!

転職に有利なタイミングの考察

①求人数が多くなり、企業が積極的に採用するタイミング

転職に有利な時期やタイミングは?何月がオススメ?ボーナスや資格取得、求人数、企業の積極採用も関係する?年代別のポイントも!

一般的に考えて、企業から出ている求人数が多ければ多いほど、自分にピッタリの求人が見つかる可能性も高くなり、自分が採用される確率も高くなると考えますよね。

中途採用が増えるのは、2~3月と9月~10月の2つがあると言われています。

企業側も、せっかくお金をかけて求人広告を出すのであれば、1回の求人で多くの転職希望者へアプローチして良い人材を確保したいと思うのが自然ですよね。

なぜこの時期に中途採用が増えるのかと言うと、上期の期初である4月と下期の期初である10月の中途社員を見越した採用活動を企業が行っているからです。

転職者側も、3月に退職してそのまま4月に転職を済ませるという流れを作りやすいため、転職希望者にとっても悪くないタイミングであることがわかり、下半期が始まる9月から10月というのは、企業による新規プロジェクトを開始する時期でもあり、それに向けた人材確保のために中途採用が集中することもあります。

この2つの時期は、年度の切り替わりのタイミングで昇格などの組織変更や人事異動があったり、退職者が出る時期とも重なっているため、求人ニーズがとても高くなるのです。

もし4月入社を目指すのであれば1月頃から、10月入社を目指すのであれば7月頃からしっかりと準備する必要があります。

第二新卒の採用場合は、新卒採用の研修と一本化して行うことから、それを見越して1月から採用を開始する企業もあれば、中途採用と新卒採用の時期を分けて、新卒の配置が固まった後で即戦力となる中途採用に力を入れるため、4月から5月求人を出す企業も多くあります。

反対に、新卒採用と中途採用を同一の採用担当者が行っている場合には、新卒採用が一段落してからしか中途採用に乗り出さないため、6月になってから中途採用を活発に行う企業もあります。

企業が年度の途中で求人を出す場合には、欠員補充のため採用を急いでいるケースも多く、こういったタイミングなら採用もされやすいケースもありますが、もともといた人材の欠員補充のための一時的な求人募集のほか、決められた枠内で時期問わず随時採用を行っている企業もあり、根本的な部分はその企業によるのが正直なところです。

欠員補充の急募の求人が出やすいのは4月や5月が一般的に多いため、穴場的時期と言われることがあります。

転職に有利な時期やタイミングは?何月がオススメ?ボーナスや資格取得、求人数、企業の積極採用も関係する?年代別のポイントも!

逆に新規の求人も転職者も少ないのは12月で、12月というのは年末であるために通常業務で忙しく、転職のことまで手が回らないのは企業も転職希望者も同じであり、企業側からしても、年末年始などの大型連休を挟むと選考も途切れることや、中途採用には力を入れない傾向が強いことが理由として挙げられます。

ただ、自分が希望しているような条件の求人が企業からいつ出されるのかというのは、予測の範囲でしかありませんし、最も効率的なのはそういった求人が出た時に見逃すことなく、スムーズに応募できるかどうかではないでしょうか。

「あの会社で働きたい」などと希望の企業が決まっているのであれば、こまめに求人はチェックしておくほうがいいでしょう。

転職の女神 長女
転職の女神 長女

また考えてもらいたいのは、求人数が多ければ多いほど、自分が希望にマッチする求人も埋もれてしまいやすいため、全ての求人の中から自分が欲しい求人情報を全てピックアップするのは難しく、その上いろいろな求人が出ているので目移りもしやすいですし、自分1人では探しきれないという可能性が出てくることも頭においておきましょう。

さらに、求人数が増加するということは転職者にとってメリットにもなりますが、逆に言えば他の転職希望者も増加する時期にあたるので、ライバルが多く競争率は高くなると言えます。

そのため、この時期は”転職しやすい”と言える反面、”有利であるかどうか”は別問題だと言えるため、「この時期に転職しよう」とこだわりすぎるのはオススメできません。

②ボーナスの時期から考える転職のタイミング

転職に有利な時期やタイミングは?何月がオススメ?ボーナスや資格取得、求人数、企業の積極採用も関係する?年代別のポイントも!

さらに、求人数が増加する時期については、ボーナスも関係していると言われています。

企業によって異なる場合もありますが、だいたいどの企業もボーナスを支払う時期は7月~8月の夏季と12月の冬季の年2回となっています。

「ボーナスを受け取った後に退社をしよう」と計画を立てている人はとても多く、もちろんそうした方が自分にとってもメリットは大きいと言えます。

ただ、みんな考えることは同じなので、”ボーナス受給後”というのは同時に他の転職者も多くなることから、企業からの欠員補充のための求人も出やすくなる反面、同じような転職希望者も多くなることが予測できます。

だからと言って、あえてボーナスをもらわないで時期をずらして転職をするのはやはりもったいないですから、ボーナスをしっかり受け取ってから退職する方がいいでしょう。

ボーナスを受け取ってから退職する場合、急に退職することを会社側に伝えてもすぐには退職できませんし、仕事を辞めてから転職先を見つけていては無職の期間が出来てしまうので、しっかりと在職中から転職活動を始めるのがベストです。

自分の会社のボーナス支給月の、だいたい3ヶ月前くらいから転職活動を開始するといいでしょう。

例えば夏のボーナスの支給月の7月に合わせるなら、転職活動を開始するのは4月または5月、冬のボーナスに合わせるなら10月あたりから転職活動を開始するといった感じです。

ということは、ボーナスを受け取る前の時期の転職は絶対に辞めたほうがいいのかな?

転職の女神 長女
転職の女神 長女

答えは『いいえ』ね。
例えばせっかく自分の希望条件に近い求人が出ているのに、ボーナスが欲しいばかりに応募を諦めたりするのは1番良くない例です。

自分の求める条件の求人は常にあるとは限らないし、目先のボーナスよりも今後自分がより良い条件で仕事が出来る方が価値が高いと言えるわよね。

もし良い求人が出ているのであれば、ボーナスを優先するのではなく、すぐにでも応募し転職活動を始めたほうが良いでしょう。

③企業の受け入れ体制の違いから見るタイミング

転職に有利な時期やタイミングは?何月がオススメ?ボーナスや資格取得、求人数、企業の積極採用も関係する?年代別のポイントも!

4月は新入社員が入社する時期でもあり、中途採用であっても新入社員と一緒に入社後の研修を受けることができるといったメリットがあります。

特に第二新卒者などで、「ビジネスマナーにはあまり自信がない」「ブランクがあるから不安」などといった人でも、4月の入社を目指せば新入社員と共に丁寧な研修を受けることができると考えられます。

企業側としてもそういったタイミングでマナー講習や研修などをまとめて行えることでメリットも高く、転職者にとってもメリットがあるということです。

しかし、異動や新卒の研修などが一通り落ち着いたタイミングで入社したとしても、手が空いているからこそ「手厚くサポートしてもらえた」などの体験談もあります。

ですので、絶対に4月というのを意識しなくとも、基本的にはどのタイミングで入社してもある程度は受け入れフォローは期待できるでしょう。

④キャリアや年代別で見るタイミング

転職に有利な時期やタイミングは?何月がオススメ?ボーナスや資格取得、求人数、企業の積極採用も関係する?年代別のポイントも!

企業側としては、社会人経験が3年未満の第二新卒の場合、新卒にはない実務経験や社会人経験などを身に付けている人材を即戦力として求める企業が多く、転職先の選択肢の数としては決して少なくないと思います。

介護士 次女2
介護士 次女2

でも、転職したいと思っても”最低でも3年は辞めないほうがいい”と聞いたことがあるけど、やっぱり3年は我慢した方がいいのかな?

昔はよくそう言われたものですが、今ではそういった風潮は重視されたいのが一般的で、同じ企業で3年耐えたからと言ってそれによって必ず内定が獲得できるわけではありません。