今この記事を読んでいる人は、「もう明日から会社に行きたくない…」とか「会社を辞めたいけどどうしたらいいのかわからない…」など、仕事や会社に対して悩みや不満を抱えていることでしょう。

さらにその中でも、「もしかしたら仕事を辞めたいと思っているのは自分だけなのでは…」、とか「こんなふうに思うのは甘えなのでは」と思ってしまっている人もいるかもしれません。

または、会社を辞めたいと思っていて意思は固まっているのに、なかなか会社が辞めさせてくれそうな雰囲気ではなかったり、強烈な引き止めにあっていて困っている人もいるでしょう。

最初にこれだけははっきり言って伝えておきますが、”あなたの仕事は、あなたの人生そのもの”です。

もちろんこれを読んでいる人の中には、辞めるべきではない人や、辞める時期ではない人、まだ今の職場で頑張ったほうがいい人も少なからず含まれているはずで、大切なのは、”少しでも後で後悔しない選択をすること”です。

そのためには、まずは世の中の人たちが辞めたいと思っている理由を知り、自分と照らし合わせること、そしてその理由別の対処法を知り、自分なりに辞めるべきか辞めないべきかを判断する材料とし、辞めるとしたらなるべく荒波を立てないで円満に会社を退職できるようにすることです。

このページでは、これまで幾度となく転職を経験した私の実際の体験談なども含めてお話してきますので、今悩んでいる方のお役に少しでも立てたらいいな、と思います。

みんなが仕事を辞めたいと思う理由ランキング!

仕事をやめたいと思うことは珍しいことではありません。

こちら人生の大きな分岐点!「現在の仕事を辞めたいと思ったことはある?」実態アンケートをとったところ、”仕事を辞めたいと思ったことがある”と答えた人は、全体の7割近くにのぼりました。

これを見ると、全体の7割というのはかなり多い数字ですよね。

私が調査したデータのほかに、厚生労働省が調査した最新のデータを調べてみたところ、「令和元年上半期の常用労働者の動き」では、約460万人もの人が離職しているという結果が出ていました。


(厚生労働省入職と離職の推移 より)

これは上半期だけの人数になりますが、かなり大勢の人が実際に会社を退職しています。

平成18年からの推移を見ると、こんな感じになっていました。


(厚生労働省入職と離職の推移 より)

常にどの時代でも一定数以上の人たちが会社を辞め、新たに転職をしてきており、「会社を辞めたい」と思うのは特別なことではありません。

「仕事を辞めたい」と思う理由は人それぞれあると思いますが、個々の事情が異なっていたとしても、大体みんな同じような理由で会社を辞めたいと思っているようです。

転職の女神 長女
転職の女神 長女

では、一体みんなはどのような理由で会社に別れを告げたのでしょうか?

会社を辞めた本音の理由を、ランキング形式で見ていきましょう!