医療業界の社内SE「院内SE(病院SE)」への転職!病院で働くシステムエンジニアの年収や仕事内容、必要なスキルは何?残業が少なくメリットが多い?志望動機はどう書く?

「病院でもシステムエンジニアって活躍しているの?」と思いがちですが、コンピューターの普及ともにSEの需要はあらゆる業界で高まっており、医療業界もそのひとつです。

最近は病院の受付からカルテなどを全て電子システムで管理する病院が増えていたりと、医療機関でもIT化は目まぐるしい進化をしており、院内SEの活躍はさまざまな職場で求められています。

今までシステムエンジニアという職種にはあまり関心がなかった人も、医療の現場で活躍するシステムエンジニアの仕事に興味を持ち始めた人も、「医療機関ではどんな仕事をするんだろう?」とか「残業って多いのかな?」「給料ってどれくらい受け取れるんだろう」と疑問に思っていることもあるでしょう。

そこで、システムエンジニアとして医療業界で働きたいと転職を考えている人向けに、院内SEの仕事内容や必要とされるスキル、年収、院内SEになるための方法などについてご案内します。

医療業界の社内SE「院内SE(病院SE)」への転職!病院で働くシステムエンジニアの年収や仕事内容、必要なスキルは何?残業が少なくメリットが多い?志望動機はどう書く?

病院内SEとは?主な仕事内容とは?

院内SEとはその名の通り、病院内にてシステムエンジニアとして働く人のことを指します。

かつては受付業務や診察室でのカルテの作成について、全ての作業や管理業務を人の手によって行っていた病院がほとんどでしたが、パソコンの導入と共に、近年はさまざまな管理業務をIT化させている病院が多くなってきています。

似たものとして、一般企業で働く「社内SE」という職業がありますが、院内SEも社内SEに分類される職種であり、システムの設計や管理を行うという点では、基本的には企業に務める社内SEと似ています。

病院SEもまた、病院業務に関わるシステムの設計や運用、管理を行うことが主な仕事となっていますが、実際の仕事は”ヘルプデスク”的な役割を担うことも多くなっています。

ここからは具体的に院内SEの仕事内容について見ていきましょう。

(1)システムの保守、運用

診察券による受付業務では、診察券の中にさまざまな情報が入れられて、患者の受付から診察、診療報酬、支払いといったすべての流れがネットワークで管理されます。

それぞれの患者にどのような治療を行ったかといった具体的な診察内容や1つ1つの投薬の情報も、電子カルテとしてシステムで管理され、入院している患者であれば、食事の栄養管理やアレルギー、使用した薬や点滴など事細かな内容も全てシステムで管理される情報の対象となるのです。

特に病床数が多い病院などの場合、1人1人の情報を紙カルテで管理していくのは難しく、なにか1つでも人為的な記入ミスや記載漏れなどがあった場合には、病院という場所柄、直接的に人の命に関わってきてしまい、病院の存続にも大きな影響をもたらすことになります。

そのため、院内SEは病院に勤務していながら直接患者さんに医療行為を行うわけではありませんが、システムの保守や管理業務は病院にとってとても大切な存在となります。

ただし電子カルテなどの大掛かりなシステムの開発や設計に関しては、外部のベンダーに委託して管理に関わる部分だけ病院内SEが担当する傾向にあり、院内SEがシステム開発をすることはあまり多くはありません。

(2)ヘルプデスク的業務

上記で紹介したようなさまざまなシステムを利用する医師や看護師、薬剤師、事務員といった病院スタッフに、システムの利用方法を教えたり、新たにパソコンや周辺機器を導入する際や、普段の管理についても病院内SEが担当するケースが多いのも特徴です。

場合によっては、看護師や医師にエクセルやワードの使い方を教えることもあります。

さまざまな診療科が集まるような大きな病院に行ったことがある人はイメージが付きやすいと思いますが、病院内には診察時の医師が使うパソコンのほか、各検査室でのパソコンなどを合わせると院内で使用されるパソコンの数はかなりの台数になりますよね。

例えば、病院内で使用されているパソコンやサーバーにトラブルが発生した時に対応するのは院内SEとなりますし、「プリンターの調子が悪い」とか「パソコン操作でわからないことがある」など、病院内で働く従業員からの問い合わせに対応するのも仕事の1つとなります。

つまり、ITやパソコンに関わることなら全て院内SEに問い合わせや呼び出しがいくことになり、ヘルプデスク業務やカスタマーサポート的な仕事も多くなります

また、病院のホームページを企画したり作成したりするのも院内SEの仕事の1つです。

転職の女神 長女2

院内SEは基本的には本格的なシステム開発やセキュリティ対策などを行うことはなく、システムの管理やヘルプデスク業務がメインとなります。

「困ったら呼ぶ」といった感じで院内で働く多くのスタッフに頼りにされるので、業務の幅は広くなります。

[/st-kaiwa-5109]