SIRIUSを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

2021年7月10日

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

こんにちは、吉本です。

このページでは、SIRIUS(シリウス)を使ってアフィリエイトサイトを作る方法を説明していきます。

このページを見ているという事は、初心者の方がアフィリエイトを作ろうと考えていると思います。

なので、初心者の人がどうすると、アフィリエイトサイトを作ることができるのか?僕の考えで説明していきます。

SIRIUS(シリウス)を使ってアフィリエイトサイトの作り方

それでは実際にアフィリエイトを作る方法を説明していきます。
シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

上では商材から決めていますが、調査をしている時は良いキーワードを見つける時もあります。

そういう場合は、キーワードにあった商材を探すこともあります。

また、すでにレンタルサーバーを借りている場合は、4番は行いません。

ここでは、サイトの作り方をはじめから説明していますが、サイトの作り方は、SIRIUS(シリウス)でもWordPressでも変わりありません。

変わりがあるのは、SIRIUS(シリウス)とWordPressの使い方だけです。

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

この先には、サイトの作り方を説明してから、SIRIUS(シリウス)に記事を入れアップロードする方法を書いていますが、

SIRIUS(シリウス)に記事を入れる方法を見たい方は、サイトの作り方を飛ばして、SIRIUS(シリウス)に記事を入れるにリンクをしてください。

1.商材を決める

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

SIRIUS(シリウス)を購入した後、どのようなサイトを作ればいいのか決めるために、アフィリエイト会社(ASP)に登録し、商材を探していきます。

ASPはたくさんありますが、僕のおすすめはA8.netです。

もちろん、ASPによって商品が違うので、複数のASPに登録したほうがいいです。

また、同じ商品があったとしても、売れたときの報酬が違う場合もあります。

なので、高い報酬のASPを登録したほうが、1つ売った時、特になるわけです。

初心者の方におすすめしたいASPとしては、

を登録しておくと良いでしょう。

実際に、初心者はどのような商材にすればいいのか?

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法商材はたくさんありますが、自分の好きなものとか、検索で上位にあがりにくいものを選択してしまうと、せっかくサイトを作っても結果が出にくくなってしまいます。

ここで考えることは、

なるべく上位に行きやすい商材を選ぶこと

すでに、売れている商材(売れやすい商材)を選ぶこと

この2つです。

なるべく上位に行きやすい商材を選ぶこと

現在のGoogleは、上位に行きにくいジャンルがあります。

それはYMYLと言われるものです。

具体的には「サイトアフィリエイトのジャンルを決める」で説明していますが、年金やクレジットカードなど、人のお金や生活に関わることを題材にした場合は、検索で上位に行くことは難しいのです。

それに比べ、エンタメ系や恋愛、アフィリエイトの話などは、YMYLに関連が無いため、検索で上位に行きやすいジャンルです。

すでに、売れている商材(売れやすい商材)を選ぶこと

商材を選んで、自分のサイトから商品が売れても、確定率(購入後、実際に購入される確率)が低いと、貰える報酬が少なくなってしまいます。

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

例えば、報酬が5,000円だとしても、確定率が5%だったら、月に10個売れても、月に貰える報酬は大体「2,500円」ぐらいと考えられます。

(実際には、月に10個売れても、1個売れるか売れないかなので、0円か5000円)

そう考えると、確定率は高い方がいいのです。

A8管理画面

上はA8.netの管理画面ですが、商品のEPCと確定率が表示されていると思います。

EPCというのは、公式商品サイトの購入ボタンを押したとき、報酬がどのぐらい貰えるかの指標です。

計算式は難しいので書きませんが、EPCは高ければ高いほど良いです。

僕の場合は、「EPC100」「確定率70%」を目安で商品を選んでいます。

2.サイトの構成を考える

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

商品が決まったら、サイトをどのぐらいの大きさにするのか(ページ数にするのか)考えていきます。

一番簡単で、すぐに報酬に繋がるといわれていたのは、ペラサイトと言われる、1ページから少ないページでサイトを作る方法でしたが、今(2021年)では、なかなか検索上位に行くことが難しくなりました。

なので、サイトの構成は最低でも25ページ以上のサイトを作るようにしてみてください。

なお、サイトの構成については、次の「トップページのキーワードを決める」で、キーワードの決め方を選んでから、詳しく説明をします。

3.トップページのキーワードを決める

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

キーワードの決め方には、3つの選び方があり、

「商品キーワード」にするのか

「悩み系キーワード」にするのか

「一般名詞キーワード」にするのか

この3種類があります。

商品キーワードを使う場合

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

この場合、商品名をそのままキーワードとして使用しますが、単一の単語だけでは上位に表示されないため、関連キーワードやサジェストキーワードを探して記事を書きます。

例えば、情報商材「キーワードスカウターST」の場合、キーワードサジェストツール「https://seranking.com/jp/」を使ってみると

キーワードスカウターST

ご覧の通り、難易度は低いです。

検索ボリュームは140なので、検索で上位に来れば売れる可能性があります。

実際にページを作ってみました。

キーワードスカウターSTのページはこちら>

悩み系キーワード

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

悩み系キーワードとは、人の悩みを解決し、商品やお店に誘導するためのキーワードです。

そのためのキーワードはたくさんあるのですが、個人がサイトアフィリエイトをするのは難しくなっています。

その理由は、YMYLの進化により、検索結果の上位に入ることが難しくなっているからです。

参考までに、問題となっているジャンルを挙げてみましょう。

健康・美容:脱毛、ダイエット、育毛、肌、アトピー

お金のこと:借金、保険、株

生活のこと:しつけ、子ども

生活:しつけ、子供、その他

などがあります。

一般名詞のキーワード

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

一般名詞キーワードとは、「名詞」を持つキーワードのことです。

例えば、「訳あり物件」、「はちみつ通販」、「おもちゃレンタル」、「洗濯サービス」、「お名前シール」などです。

これらはほんの一例です。

以上、3種類のキーワードをご紹介しました。

初心者なら「商品キーワード」

慣れてきたら、「一般名詞キーワード」を使ってみましょう。

トップページ以外のページを考える

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

上記で、トップページのキーワードが決まったら、それ以外のページを考えます。

どのようなページを作るのかというと、トップページに関連するページを作ることです。

先ほど、商品キーワードの時、トップページを「キーワードスカウターST」で考えた場合を説明したので、それ以外のページを作る場合の事を説明していきます。

「キーワードスカウターST」という言葉を、ラッコキーワードのサジェストキーワード検索してみると、

サジェストキーワードは、

キーワードスカウターst
キーワードスカウターst 使い方
キーワードスカウターst 評判
キーワードスカウターst 特典

と表示されました。

ただ、「キーワードスカウターST」という言葉は、「キーワードスカウター」と調べる人もいるかもしれないため、「キーワードスカウター」でもサジェストキーワード検索します。

そうすると、

キーワードスカウター コンパス
キーワードスカウター mac
キーワードスカウター とは
キーワードスカウター 無料

このキーワードを見つけることができました。

つまり、「キーワードスカウターST」という言葉は、

この言葉でも検索されているという事がわかりました。

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

※トップページを「キーワードスカウターST」で作った場合、

他のページのキーワードに

この言葉を作ってページ作成をすると、「キーワードスカウターST」の内容が充実するため、サイト全体の内容が濃くなるため検索上位が見込まれます。

次は、関連キーワード(共起語)を探したページの見つけ方です。

先ほどの、ラッコキーワードを使い、左の選択部分から「共起語βを見る」を選択します。

そうすると、「キーワードスカウターST」のページの中に表示される、重要なキーワードが表示されます。

そこに出てくるキーワードをみて、新しいページの候補を考えていきます。

例えば、

「お宝」「ワード」

この2つから「お宝ワードを使って劇的に稼ぐ方法【2021年】」

という、タイトルから、「キーワードスカウターST」に誘導する。

「穴場」「ワード」

この2つから「穴場ワードでザクザク報酬を稼ぐ方法!【2021年】」

という、タイトルから、「キーワードスカウターST」に誘導する。

このようなページを作ることができます。

まとめると、

上のようなキーワードを使って、サイトを作っていきます。

全部のページを作っていけば、10ページのサイトができると思います。

もし、10ページ作っても、お客様がうまく入らない場合は、ページの内容が悪いのか、ページ数が少ないことが考えられます。

なので、

ページに文章を多くする。

または、新しいキーワードを考えてページ数を多くしていきます。

4.レンタルサーバーを決める

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

これから、継続してアフィリエイトをするなら、安いレンタルサーバーを選ぶか、速いレンタルサーバーを選ぶかのどちらかです。

おすすめはXSERVERバリューサーバーです。

XSERVERは速度が速いからです。
また、これからWordPressを始めたとしても簡単に登録ができるからです。

詳細は

レンタルサーバーの選び方|ここでドメインをアップロードしよう

上記をご覧ください。

5.ドメイン名を決める

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

ドメインは「中古ドメイン」「新規ドメイン」と2通りありますが、特に問題を感じなければ、中古ドメインを選択した方が早く上位表示します。

中古のドメイン名を使うと、検索エンジンに早く表示されるのでおすすめです。

中古ドメインの取得方法については、以下をご覧ください。

中古ドメイン屋で中古ドメイン名を購入しました。

ただし、中古ドメインにはペナルティなどもある為、使わなくても問題はありません。

6.記事を書く

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

ここからが、アフィリエイトサイトメインの記事を書く(ライティング)ところです。

キーワードによって、どのような記事を書くのか変わってきますが、一番のメインは検索意図に沿った文章を書くことです。

上記で「トップページのキーワードを決める」について説明しましたが、このキーワードが、

「商品キーワード」にするのか

「悩み系キーワード」にするのか

「一般名詞キーワード」にするのか

によっても、書く内容は変わってきます。

今回は、「商品キーワード」のライティング方法を説明していきたいと思います。

今回キーワードは、上記に引き続き「キーワードスカウターST」で作成していきます。

ページの作り方

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

まず、ページの作成ですが、基本的にはスマートフォンをベースに考えてください。

今や7~8割の人がスマートフォンで商品を確認したり購入したりしています。

スマートフォンで見づらいページだと、すぐに離脱されてしまい、検索結果の上位から落ちてしまいます。

スマートフォンのページを確認するのは簡単です。

Google Chromeを使い「F12」ボタンを押して、デベロッパーツールでテストをするのです。

サイトが完成したら、実際のスマートフォンで確認してみてください。

ペルソナの設定

お客様が記事に共感しやすいように、ペルソナを設定します。

項目 属性
名前 石川雄二
性別 男性
年齢 22歳
職業 会社員
収入 240万円
既婚・未婚 未婚
同意している家族構成 一人暮らし
居住地 東久留米市
学歴 某短大卒業
親しい友人の数 4人

このようにして、商品を買ってくれそうなペルソナを設定していきます。

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

最低でもこれだけ決めておくと、記事を読んだ人にとても伝わりやすくなります。

例えば、街の中で「水玉模様のドレスを着た彼女♪」と言えば、その人は自分の事だと思って反応してくれますよね。

しかし、「そこの人!」と言っても、誰の事を言っているのかわからないので、誰も反応はしてくれないでしょう。

文章も同じです。

誰に言っているのかわからないような文章を書いた場合、読んでいる人は誰に対して書いているのかわからない為、共感を得ることができません。

そうなると、商品を紹介しても、なかなか売れません。

しかし、1人の人にわかりやすく文章を書けば、話にまとまりが出てきて、共感して商品を買ってくれる可能性が高くなります。

PASONAの法則に基づいたページ作り

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

PASONAは、商品を販売するためのテンプレートです。

PASONAを使うと、あまり文章を使った事のない人でも、比較的簡単に文章が書くことができるので、初心者にもおすすめです。

それでは、PASONAの使い方をご紹介します。

先ほど考えたペルソナに当てはめて記事を考えてみます

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

PASONAは全部で5つのブロックに分かれています。

P 問題提起

あなたは〇〇でお困りではないですか?

A 煽り(あおり)

問題を放置すると、何が起こるか提示する

SO 解決方法

解決方法「問題を解決する方法があることを伝える。

※解決策はたくさん伝えるほど良いです。

N 絞り込み

希少性を演出し、購買意欲を高める。

A 行動

購入に促す。

上記に沿って、記事を作っていきます。

ここでは「キーワードスカウターST」のキーワードを使って、文章を作ってみました。

※下では画像を入れた文章となっていますが、実際にはWordやメモ帳を使って記事を書いていきましょう。

P 問題提起

A 煽り(あおり)

SO 解決方法

N 絞り込み

A 行動

実際のページの作り方と考え方

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

1 導入する商品のリサーチ

導入する商品のWebサイトやLP(ランディングページ)を、キーワードと合わせて確認します。

新商品であれば、キーワードは商品名になることが多いので、商品のWebサイトやランディングページを確認しましょう。

作成したアフィリエイトページは、公式サイトのページ(LP)への橋渡しとなります。

そのため、記事と商品ページが一致していないと、読み手は違和感を感じてしまいます。

まずは、公式サイトページのPRポイントを確認し、自分のページで何を書けばいいのかを考えてみましょう。

これからあなたは、お客様にキーワード商品を紹介するのです。

これは売り込みではありません。

お客様はなぜ「キーワード」を入力したのでしょうか?

私の場合は「キーワードスカウターST」という商品を選んだのですが、LPの紹介ページやクチコミを何度も見ていくうちに、お客様の思いを紐解くことができました。

アフィリエイトでうまくいかない

キーワードを選定することができない

簡単にお宝キーワードを探し出したい

ブルーオーシャンキーワードを見つけ出したい

ライバルの少ないキーワードが知りたい

つまり、お客様の思いは「悩みがあるから、このキーワードを入れた」ということがわかります。

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

なので、「キーワードスカウターST」のページの作りとしては、「キーワードスカウターST」はアフィリエイトでうまくいかない人に対して、

「キーワードスカウターST」は本当にライバルの少ないキーワードを探し出すことができるんだという、ページにしながらも、

自分の体験を入れつつ、私もキーワードで困っているのですが、「キーワードスカウターST」を使ったら対策できたんです!

と、 共感を得るような作りにすれば、購入してくれるだろうと考えたのです。

2 Googleでキーワードを検索

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

自分でキーワードを検索して、上位10ページの内容を確認します。

ただし、必ず個人の人が書いた文章を確認してください。

そうすることで、お客様が知りたいと思っていることがよくわかります。

3 問題提起

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

はじめの文章に、問題提起の文章を入れていきます。

ここで人の興味を引き、文章を読んでもらうことができるのです。

また、SEOを意識したサイトなので、タイトル、ディスクリプション、h1、見出し1にキーワード(ここの場合はキーワードスカウターST)を入れます。

4 あおり

3の問題提起をここで説明していきます。

5 解決方法

解決方法を書きます。

ここでは、たくさん書いています。

これ以外にも、口コミと特長を紹介して、納得感を増やすようにしています。

6 絞り込み

このページから、商品の特典を紹介して、今すぐに買わないと!という気持ちにさせます。

7 行動

オリジナルの特典を紹介することで、このページから買わないと!と思わせています。

7.SIRIUS(シリウス)でアフィリエイトサイトを作る

上記で作った記事を、SIRIUS(シリウス)に入れていきます。

SIRIUS(シリウス)を起動すると

SIRIUS(シリウス)のサイト管理画面が表示されます。

ここから、左上にある新規作成を選択して、新しいサイトを作成します。

SIRIUS(シリウス)の「サイト全体の設定」に入力します。

サイト名 → タイトル

サイト説明 → ヘッダー画像に表示される文章

h1 → キーワードが入った文章。
キーワードだけでもいいです。

META説明文 → キーワードが入った文章。
訪問者を誘導する文章をいれます。

アクセス解析タグには、どのようなアクセスが来たのかわかるように、無料で借りることができるものを用意します。

一般的なものは、Googleが多いです。

テンプレートは、すでに用意されているものからひとつ選びます。

全部が記入出来たら「OK]を押します。

すると、SIRIUS(シリウス)のトップページが開くので、記事タイトル名(見出し1)から、記事を入力していきます。

記事が入れ終わったら、プレビューでサイトの確認をします。

サイトが出来上がっていたら、アップロードをして、はじめページは完成となります。

次のページも同じように作業をしていく事で、サイトの内容が大きくなるので、Googleから評価を受けやすくなり、検索で上位に上がりやすくなります。

8.サイトの修正を行い、商品が売れるように対策する

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

サイトが完成して、アクセスが集まってきても、商品が売れないことが良くあります。

そういう時は、ページの修正を行い、商品が売れるように対策をしていきます。

アクセス解析をチェックする

「7.SIRIUS(シリウス)でアフィリエイトサイトを作る」の「アクセス解析タグ」にタグを入れておく必要があります。

アクセス解析タグを入れておくと、ページにどれぐらいの人が入ったのか、とか、どこのページに移動したのかなどがわかります。

ここでは「Googleアナリティクス」を入れた場合を紹介します。

1.タイトルを改善する方法

Googleアナリティクス」を入れると、はじめの「タイトル」を見た人が何%ページに入ってきたのかがわかるので、その値を見ながらタイトルの修正ができます。

例えばこのページの場合、

「タイトルが13399回表示されたが、209回しかページに入って貰えなかった」

ということがわかります。

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

クリック率は「1.54%」です。

クリック率は、キーワードにもよりますが「タイトル」を修正するだけで、もう少し改善することができるでしょう。

今のクリック率は「1.54%」ですが「3.08%」に改善することができれば、

お客が2倍ページに入ることになるので、ページ内の商品も2倍売れる可能性があります。

2.ページの記事を修正する方法

ヒートマップツールを入れて、ページ内の記事を修正します。

ヒートマップの公式ページはこちらから:https://www.ptengine.jp/

ヒートマップとは、訪問者があるページでどのような動きやクリックをしたのかを示す便利なソフトです。

そのため、ヒートマップを入れることで、SIRIUS(シリウス)サイトの記事を修正しやすくなります。

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

ヒートマップを入れると、お客様がどの部分を読んでいて、どの部分が読まれていないのかがわかります。

お客様が読んでいる部分は、ページの前面に持ってきたり、記事を広げたりして、より面白い記事にします。

お客様に読まれていない記事は、ページの後ろに移動させたり、思い切って削除したりします。

そうすることで、検索が上がったり、商品が売れたりする可能性があります。

以上が、SIRIUS(シリウス)サイトの記事修正方法でした。

SIRIUS(シリウス)を使ってアフィリエイトサイトを作る方法 まとめ

シリウスを使ってアフィリエイトサイトを作る方法

SIRIUS(シリウス)を使ったアフィリエイトサイトを作るですが、いかがでしたか?

SIRIUS(シリウス)を使ったと言っても、考え方は全部同じで、記事をまとめたらSIRIUS(シリウス)で作成するということになります。

SIRIUS(シリウス)は、使いやすいソフトなので初心者の方が使うにはとても便利で、僕もおすすめします。

SIRIUS(シリウス)を使っていき、だんだんアフィリエイトの事や、ホームページの事を覚えていって、WordPressを使っていけばよいでしょう。

ちなみに、SIRIUS(シリウス)には通常版と上位版の2種類がありますが、買うなら上位版じゃないと意味がないです。

なぜなら、上位版じゃないとスマホのサイトが同時作成してくれないからです。

今は、スマホが主流なので、スマホのサイトができないと、ホームページを作っても意味がないと言っても過言ではありません。

調べてみればわかりますが、色々なページ見る人の7~8割がスマホだからです。

そう考えると、SIRIUS(シリウス)を購入するなら上位版を購入して、1度にパソコンとスマホの同時再生を作るのがベストなのです。

※現在はSIRIUS(シリウス)の上位版と通常版では、それほど違いはないかもしれません。

なので、今からSIRIUS(シリウス)を購入する人は、通常版を購入し後から上位版にバージョンアップしたほうが良いかもしれません。

SIRIUS(シリウス)の公式ページはこちらから >>