サイトの滞在時間(平均セッション)を伸ばす方法【SEOとの関係も解説】

      
 
 

・サイトの滞在時間のこと教えて欲しい

・SEOとは関係あるの?

・伸ばし方も知りたい

今回はこんな疑問にお答えします。

 

サイトの滞在時間は、ブログを訪ねてくれたユーザーが、どのくらいブログを見ていたかを表す指標になります。

記事の文字数にもよってきますが…

・滞在時間が短い→すぐに離脱される低品質なサイト

・滞在時間が長い→ユーザー満足度の高い高品質なサイト

こんな風に、Googleの検索エンジンが理解するのでSEO(検索順位)にも

大きく関わってきます。

 

けれども、改善することが難しいのも事実です。

そこで、今回は僕が滞在時間を1分ほど伸ばすために実際に行った8つの方法を紹介していきます!

✔CONTENT

・サイトの滞在時間(平均セッション)とSEO

・サイトの滞在時間を伸ばす8つの方法

・サイトの滞在時間はリード文で決まる

サイトの滞在時間(平均セッション)とSEO

サイトの滞在時間は、アクセス数やブログの収益に比べると疎かにされがちですが、実際はSEOと深く関係があるので、アクセスや収益にさえ影響を及ぼします。

そんな、「サイト滞在時間」の仕組みを理解していきましょう。

サイトの滞在時間(平均セッション)とは?

「滞在時間」は、ユーザーがブログを訪ねた際に

ページやサイトに滞在していた時間のことを指します。

 

✔間違えやすいので要注意

「平均セッション時間」:ユーザーが一度サイトを訪ねた際に、滞在する時間

「平均ページ滞在時間」:ユーザーが特定のページに滞在した時間

つまり、「平均セッション時間」が伸びた場合は

ユーザー1人あたりのサイトに滞在する時間が伸びたということ。

「平均ページ滞在時間」が伸びた場合は

ユーザー1人あたりが各ページに滞在する時間が伸びたということになります。

(なお、どのページの記事が伸びたかも分析可能)

意味合いは似ていますが、異なる指標なので、注意しましょう。

サイトの滞在時間とSEO

Googleの発言を踏まえると、ブログの滞在時間が、直接的にSEO(検索順位)と関係することはありません。

ただ、部分的に活用したり今後アップデートで変わる恐れありそうな予感。

 

また、下の具体例を見ると…

項目名文字数滞在時間
ブログA3000文字30秒
ブログB3000文字2分

明らかに、ブログBの方が質が高いサイトであと言えるでしょう。

Googleも、「ユーザーからの満足度」が高い記事を優遇するアルゴリズムなので、滞在時間に目を向けることは、間接的なSEO対策として大切です。

サイト滞在時間の目安

サイトの滞在時間(平均セッション時間)は、目安として1分30秒を超えられるように努力しましょう。(理想は2分超え)

 

というのも、トップアフィリエイターさんの平均がその辺りだという結果がでているため。

 

また、各ページの滞在時間は文字数によっても変わりますが

2000文字-2分

3000文字-3分

5000文字-5分

辺りを目安にしていくと良いでしょう。

 

ただ、各ページの滞在時間はブログの中身(さっと読める内容か否か)にもよるので、基本的には、サイトの滞在時間に注力しましょう。

ということで、サイトの平均セッション時間(サイト全体の滞在時間)を伸ばす方法に移ります。

サイトの滞在時間を伸ばす8つの方法

サイトの滞在時間を伸ばすために、僕が行った具体的な対策が下の8つです。

検索意図に沿った記事作り

サイトの質を上げる

サイト内のコンテンツを増やす

スペースを適宜いれる

装飾でメリハリをつける

目に留まる画像を活用する

内部リンクを充実させる

漢字の多用はしない

順番に見ていきましょう。

検索意図に沿った記事作り

まず一番大切なことが、記事タイトルに合った本文になっているかです。

 

というのも、記事が検索意図に合っていないと離脱者が増えるので、サイトの滞在時間が減ってしまうため。

 

例えば、「ブログ 伸ばし方」というキーワードで検索結果にでた記事をクリックした際に、記事の内容がYouTubeの伸ばし方について細かく書かれていたら

 

ユーザーは、「思っていた内容と違う」と感じて即離脱してしまいますよね。

上は極端な例ですが、つまりは、きちんとユーザーの検索意図にあった記事を書こうということです。

検索意図の詳細については、下の記事を参照ください。

➣検索意図とは?【調べるツールとSEOとの関係】

サイトの質を上げる

単純ですが大事ですね。

記事の中身が薄いと、当然ですが読まれません。

 

記事の「読みやすさ」・「分かりやすさ」は、滞在時間に大きく関わっていきます。

自身のない方は、当ブログの「ブログ初心者」というカテゴリーでも、記事の質を高める方法に触れているので、併せて参照ください。

サイト内のコンテンツを増やす

質が大切であると同時に、量もとっても大切です。

サイト滞在時間(平均セッション時間)は、訪問したユーザーの滞在時間を意味するので、見られる記事自体が増えると、滞在時間も伸びますよね。

 

ただ、関連した記事を作成したり上手く内部リンクで繋ぐなど、工夫が必要になってくることは、理解しておく必要があります。

量の目安としては、1カテゴリーに20記事は書きましょう!

スペースを適宜いれる

ブログ記事をしっかり見てもらうためには、スペースを有効活用しましょう。

その効果は、特にスマホだと歴然です。

 

ブログ記事を読みやすくするべき理由は、平均滞在時間(平均セッション時間)に大きく影響するため。また、スマホの場合だと文章間のギチギチ感がよりでてしまいます。

上の文を見ると明らかですよね。

 

行間には最新の注意を払いつつ、記事を書いていきましょう。

目安としては、PCの編集画面で2~3行目に突入した辺りで改行という感じです。

装飾でメリハリをつける

どれだけ本気で書いた記事でも、きちんと読まれる部分は50%もありません。

だからこそ、「ここはきっちり読んでほしい」という箇所は、マーカーや太字でアピールしていきましょう。

 

要点を強調することで、読者の理解度を高めることができると、記事を理解できずに離脱する人が減るので、滞在時間も伸びていきます。

目に留まる画像を活用する

先ほどの「装飾でメリハリをつけよう。」という話と少しかぶりますが、ユーザーの目を止める方法として画像も有効です。

基本的に読者は流し読みをしているので、目を引くおしゃれな画像をh2タグ下に入れていきましょう。

 

また、図解を載せてユーザーの理解度を高めることも効果的ですよ。

内部リンクを充実させる

内部リンクが無い、あるいは低品質だと1度に1つしか記事を見てもらえないので、当然、サイトの滞在時間も短くなってしまいます。

そのため、他の関連記事への内部リンクも充実させていきましょう。

 

とはいえ、ただリンクを貼ればOKという訳ではありません。

詳しくは、下の記事で解説しているので興味ある方は参照ください。

➣SEOに強い内部リンクとは?【NG例と最適化する方法】

漢字の多用はしない

漢字が続く記事は大変可読性が悪いので注意が必要。

上のように漢字の割合が多いと、とっても見にくいですね。

漢字とひらがなのバランスも取りつつ、記事は書いていきましょう。

どうしても漢字が続いてしまう時は、句読点を使ってゆとりを作ると見やすくなりますよ。

サイトの滞在時間はリード文で決まる

先ほど話した内容は、主に記事全体における滞在時間を伸ばす対策でした。

ただ、実は一番ユーザーが離脱しやすいポイントが記事の「リード文(導入部分)」です。

ということで、読者を離さないリード文の書き方を抑えておきましょう!

結論ファーストで書く

記事で解説する内容は、リード文で書きましょう。

たまに、結論をもったいぶって最後の方で紹介する方がいますが

読者はリード文を見て「この記事は自分にとって価値があるか」を判断します。

そのため、記事の内容や読むメリットを冒頭でしっかり説明しないと

離脱して他のブログに移ってしまう可能性が高いです。

コンパクトに仕上げる

また、リード文の長い文章は嫌われます。

コラム記事であれば全く問題ありませんが

SEO流入を狙う記事の場合は、できるだけ簡潔に記事の要点を伝えましょう。

読者に少しでも負の感情を持たせてしまうと、ゲームオーバーです。

サイトの滞在時間(平均セッション)を伸ばしてSEO対策を万全に

今回は、サイトの滞在時間(平均セッション)を伸ばす方法について解説しました。

・読みやすさ、見やすさに徹底的にこだわる

・画像や装飾を使って、読者の目を止める

・内部リンクを充実させて、他の記事への誘導も狙う

・リード文では、記事の内容や読むメリットを簡潔に伝える

サイトの滞在時間は、SEOにも間接的に影響してくるので

Googleアナリティクスを使いながら、時々チェックしておきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。