インプレッションアフィリエイトの方法を詳しく解説

2021年8月24日

インプレッションアフィリエイトの方法を詳しく解説

広告が表示されたときだけ報酬が発生する「アフィリエイト」をご存知でしょうか。

アフィリエイトとは、お客様が広告をクリックし、広告主が用意したランディングページから商品を購入して初めて成果が発生するというものです。

なので広告主は、売れていないのに報酬は支払ってくれません。

 

とはいえ、商品を色々な人に知ってもらうには、テレビ広告のようにインプレッション(人の目に触れること)が必要です。

今回ご紹介するのは、インプレッション数に応じて報酬をもらうことができるアフィリエイトプログラム「インプレッション型アフィリエイト」を紹介いたします。

インプレッションアフィリの前にクリック広告について

インプレッションアフィリエイトの方法を詳しく解説

インプレッション型アフィリエイトを紹介する前に、クリック広告アフィリエイトについて説明します。

クリック広告アフィリエイトの代表的な案件は「GoogleAdsence」です。

あたかも記事の一部のように表示され、興味のある商品やサービスが表示されるので、思わずクリックしてしまいます。

GoogleやFacebookは、"ビッグデータ “と呼ばれるユーザーのさまざまな情報を分析し、ユーザーの興味を刺激する広告を表示するシステムを進化させてきました。

今では、自分が欲しい商品やサービスを選んでいるのか、それともGoogleに強制的に選ばされているのか、わからなくなってきています。

 

クリック広告アフィリエイトの場合、クリックして訪れたサイトで商品を購入するかどうかは関係なく、ほとんどの場合、商品をクリックした時点で報酬が確定します。

GoogleAdsenceの場合は、しっかりとしたブログを運営することに加えて、サイトのジャンルもアルコール、タバコ、ギャンブル、不適切な表示、アダルトコンテンツなどに制限されており、審査が厳しい反面、他のクリック型に比べて単価が高いのが特徴です。

インプレッション型広告

インプレッションアフィリエイトの方法を詳しく解説

ンプレッション型広告の案件を提供しているASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)はいくつかあります。

基本的にインプレッション型の場合、広告が表示されるだけで報酬が発生しますが、広告表示1回あたりの収益は限りなくゼロに近いため、広告が1000回表示されたときの収益の目安である「RPM(インプレッション・レヴェニュー)」を使用します。

インプレッション・レヴェニュー(RPM)とは、1000回表示されたときの推定収益額を表します。インプレッション収入は、実際の収益額ではありません。推定収益をページビュー数、ビュー数、またはクエリ数で割り、1000を掛けたものです。

 

例えば、広告が10000回表示された時の推定収益が50円だった場合、RPMは5円(50/10000×1000)となります。

インプレッション型の場合、契約もクリックも必要ないため、導入のハードルは低いですが、その分単価も低くなります。

インプレッション型の仕組みは?

すでに説明したように、インプレッション型の仕組みは、広告が表示されたときに報酬が発生するというものです。

広告主にとっては、より多くの人に見てもらうことで企業や商品の認知度を高めることが目的となります。

 

一方、クリック課金型の場合、広告が表示されても広告料は発生せず、クリックされたときに広告料が発生しますが、インプレッション型の場合、表示には広告料が発生するものの、クリックされても広告料は発生しません。

広告主側のメリットとしては、クリック率の高い広告を提供できれば、クリック型の広告よりもコストを抑えることができる。

アフィリエイター側のメリットとしては、記事とは関係のない広告であっても、表示された時点で報酬が発生することです。

インプレッション型に適したサイト

次に、インプレッション型のアフィリエイト広告に適したサイトをご紹介します。

インプレッション型では、サイトが表示される回数が多いほど報酬が高くなるので、以下の3つのサイトがインプレッション型アフィリエイトに適しています。

1.PV数が多いサイト

やはり、サイトが表示される回数が多ければ多いほど、報酬も多くなりますので、PV数が多いサイトはインプレッション型のアフィリエイトに適したサイトと言えます。

これは成果報酬型、クリック報酬型、インプレッション報酬型の全てのアフィリエイトに言えることで、アクセス数が多ければ多いほど成果が上がるということです。

ただし、成果報酬型やクリック型の場合はコンバージョン率(成約率)を上げることが重要ですが、インプレッション型の場合はコンバージョン率は関係ないので、単純にアクセスを集められるサイトがインプレッション型のアフィリエイトには適しています。

トレンドブログ

芸能情報やスポーツ情報、流行のアイテムなどを扱うトレンドブログは、瞬時に多くのアクセスを集めることができます。

いわゆるバズ記事を連発するのは難しいですが、いかに多くのバズ記事を掲載できるか、いかに上手にバズ記事を掲載できるかが、トレンドブログでアクセスを集めるためのポイントです。

また、トレンドブログの場合、ほとんどの記事が一次情報へのリンクになっているので、クリック型や成果報酬型では成果が出にくいです。

インプレッション型の場合は、表示さえされればいいので、アクセスを集めるという点では、トレンドブログとかなり相性がいいと言えます。

まとめサイト

まとめサイトとは、一定のジャンルやテーマに沿って情報を集めたサイトのことですが、様々な情報を独自の視点でまとめたサイトであれば、成果報酬型やクリック型のアフィリエイトでも成果を出すことができます。

情報は日々更新されるので、興味のある情報をまとめたものであれば、ユーザーのアクセス頻度も高くなります。

また、通常のアフィリエイトに比べ、コンテンツが豊富で更新頻度が高ければ、より多くのユーザーのアクセスが期待できます。

購入実績が求められないインプレッション型アフィリエイトの場合は、表示されることが目的なので、アクセスさえ集まれば報酬を得ることができます。

まとめサイトやまとめブログのアフィリエイトにはインプレッション型が最適です。

インプレッション型の案件について

インプレッションアフィリエイトの方法を詳しく解説

次に、インプレッション型の案件を提供する3つのサービスをご紹介します。

Ad×Ad

Ad×Adは、審査なしで登録でき、表示される広告の位置やページランクによって獲得できるポイントが決まるポイントサービスです。

最低換金額は200ポイント(10円)で、ページランクや表示位置にもよりますが、平均獲得ポイントは1表示あたり約0.0045ポイントです。

つまり、1000表示あたり4.5ポイントなので、RPMは約0.2円となります。

 

ブログを運営しているとわかるのですが、初心者が月に10000PVを達成するのはかなり難しいことです。

その難しいハードルをクリアできたとしても、月に2円しか稼ぐことができません。月間100万PVでも、報酬は200円。

大量のアクセスがあったとしても、それをマネタイズするのはかなり難しいのではないでしょうか。

忍者アドマックス

忍者アドマックスは、無料ブログサービスやアクセス解析を提供する忍者ツールズのサービスで、審査なしで簡単に登録できる高単価案件のリワード型広告やインプレッション型広告を提供しています。

 

特徴としては、誰でもすぐに、どんなサイトでも広告を表示することができるので、審査が面倒だったり、サイトのデザイン性が低い場合でも、簡単に導入することができます。

忍者アドマックスの広告は、インプレッション型とクリック型が混在して表示されるため、どの広告がインプレッション型なのか、クリック型なのかを正確に判断することができません。

表示された広告がクリックされても報酬が発生しない場合と、クリックされなくても報酬が発生する場合がありますが、これは単価の高い広告を選択して表示している仕組みです。

 

忍者アドマックスは、30社以上の広告会社と提携し、インプレッションごとにリアルタイムで広告をオークションにかけ、サイトの収益を最大化します。

表示料金、クリック料金、パフォーマンス料金に関わらず、最も単価の高い広告が選択され、表示されます。

Google Adsense

意外かもしれませんが、Google Adsenseにもインプレッション型の広告があります。

すでにGoogleAdsenseをご利用の方は、「クリックされても報酬が発生しない」「クリックされていないのに数円の報酬が発生する」ということに気づかれるかもしれません。

これは、表示される広告がクリック型かインプレッション型かの違いによるもので、広告を出稿する側はどちらかを選ぶことができません。

選ぶキーワードによって、単価が高くなったり低くなったりしますが、他のサービスと比べて、クリック型の単価は比較的高く、インプレッション型の単価は高くなっています。

 

また、バナー広告だけでなく、インフィード広告やサイト内の記事に溶け込むテキスト広告もあり、サイトの色に合わせてカラーバリエーションを選ぶことができます。

また、検索最大手の特徴を活かし、サイトとの関連性が高い広告を表示したり、他のASPと成果報酬型契約を結んでいるアフィリエイトサイトの広告を非表示にすることも可能です。

 

一方で、このサービスを導入する際の審査は非常に厳しく、一定期間運営されていたり、一定の目的を持ったサイトやブログでなければ審査を通過することができません。

訪問者が求めている有益な情報を提供しているサイトであれば問題はありませんので、検索意図をきちんと考えた記事を投稿することを意識してください。

まとめ

インプレッションアフィリエイトの方法を詳しく解説

成果報酬型やクリック報酬型のアフィリエイトと比較しながらインプレッション型のアフィリエイトを紹介しましたが、簡単に実践できる反面、大量のアクセスを集められるサイトを構築できないと大きな収益を得ることは難しいです。

しかし、大量のアクセスを集めることができるサイトを構築できれば、収益化の方法はたくさんあります。

その際に重要なのは、間違った方法で運営しても時間が経過するだけなので、しっかりとしたサイトを構築することです。