アフィリエイトの商品を紹介する時は、リサーチを行わないとより良い文章を書くことが出来ませんよね。

では実際に、リサーチはどのように行えばいいのでしょうか?

このページでは、僕が商品を紹介する時の、リサーチの方法を紹介していきます。

徹底的に調べるリサーチの方法7

僕の場合、実際にリサーチする方法を調べてみたところ、7つありました。

ここでは、その7つの方法を紹介していきます。

商品のLPをリサーチ

まずはじめは、商品のLP(ランディングページ)をリサーチします。

LPはアフィリエイトにとって一番重要なページとなるので、ここのページを徹底的に調べていきます。

ここの中から、商品のキーワードやペルソナなども考えていきます。

商品の公式ページをリサーチ

商品の公式ページもLPと同じように重要です。商品の公式ページにはLPには書かれていない、キーワードや会社の秘話、口コミなどが書かれている場合があるので、徹底的に調査していきます。

ここの話(キーワード)を自分のサイトに入れることで、自分のコンテンツが広がり、検索数が増えることが多くなります。

競合サイトをリサーチ

検索で上位に行くためには、競合サイトのチェックは欠かさずやることが特に重要です。実際に、自分が狙ったキーワードで調べ110位、できれば20位ぐらいのページを調査して、どのようなページを書いているのか調べていきます。

そこに書いてあるページがGoogleに評価されているページなので、自分も参考にしながら、ページの構成を決めていきます。

自分のページは、検索上位にあるページ以上のものを目指して、作成していきます。

Yahoo!知恵袋や、教えて!gooなどをリサーチ

自分で決めたキーワードを、Yahoo!知恵袋や、教えて!gooなどで調査をして、その買取をリサーチしていきます。

自分がこれからキーワードとして作ろうと思っている商品は、既に誰かが調べたり、悩んだりして、知恵袋で答えを求めている人がいるでしょう。

なので、その答えをリサーチして自分のページで紹介することで、コンテンツが増えるので、検索数が増えていくのです。

SNSを使ってリサーチ

SNSを使うと、商品の体験談や口コミが、本音で書いていることがあります。

中でも、インスタは顔出しでやっているので、心に刺さる内容が多いです。

それに比べ、twitterは自分の名前は出してはいませんが、本音をそのまま出しているという感じなので、両方ともチェックしてみるのが良いでしょう。

クライドソーシングから既存の体験者から口コミをもらう

実際に使っている人であれば、本当のことがわかるので、内容もリアルな文章となります。

コストはかかりますが、その分コンバージョンに繋がりやすいおすすめの文章となるでしょう。

例えば「○○という化粧品を使ったことがある人アンケート募集」ということで依頼すれば、すぐに本音の意見が集まってきます。

まとめ

アフィリエイトのリサーチについて説明しました。

アフィリエイトの商品を紹介する時は、リサーチが重要です。

とはいえ、リサーチばかりに時間を掛けると、記事を書く時間が無くなってしまうので、僕の場合は作業時間を決めて行っています。

結局、アフィリエイトは商品を紹介するために記事を作っているわけではありません。

それをよく考えてリサーチしましょう。