アフィリエイトの成約率(コンバージョン率)を上げる方法

2022年7月4日

アフィリエイトの成約率(コンバージョン率)を上げる方法

アフィリエイトで成約した時の重要な言葉「成約率」(コンバージョン率)とは、お客様が公式サイトでボタンを押して成約した後、実際に成約した確率の事です。

具体的には、100人が公式サイトでボタンを押した後、実際に10人成約した場合、成約率が10%となります。

成約率(コンバージョン率) = 成約数 ÷ アクセス数

ここでは、成約率がどのようにすれば上げることが出来るのか、詳しく説明していきます。

成約率を上げるための考え方

アフィリエイトの成約率(コンバージョン率)を上げる方法 サイトアフィリエイトは、少ないアクセスで、成約につなげるというのが基本的な考え方です。

先ほど説明した、成約率(コンバージョン率)の式をもう一度見てみると、

成約率(コンバージョン率) = 成約数 ÷ アクセス数

成約率を上げるためには、少ない人数で、たくさん成約して貰えれば、成約率が上がります。

例えば、10人のアクセスで、5人成約すれば、成約率50%となるわけです。

上のように、成約率を上げていくには、自分のサイトのどこを変えていけばよいのでしょうか? 実際に、ページのコンバージョン率を上げていくには、できあがった記事を何度も修正していく必要があります。

このページでは、できあがったページの修正をして成約率(コンバージョン率)を上げる方法を説明していきます。

ページの修正をして成約率(コンバージョン率)を上げる方法

アフィリエイトの成約率(コンバージョン率)を上げる方法 実際に僕が、コンバージョンを上げる場合は、下記の方法で行っています。

  • ページタイトルで「欲しい!」と思わせる、お客様を誘導
  • ページ内でお客様を引き込み、共感させる
  • わかりやすい文章で、離脱させないページを作成する
  • ベネフィットを伝えることで「商品」を欲しいと思わせる

ページタイトルで「欲しい!」と思わせる、お客様を誘導

アフィリエイトの成約率(コンバージョン率)を上げる方法 ページの中で、最初に見てもらうのは、ページのタイトルです。

そのタイトルが良くないと、入ってきたお客様の、コンバージョンも下がってしまいます。

まずは「ページの中には素敵なことが待っている」という文章を書いて、ページに誘うことです。

とはいっても、ページに書いて無いことを書くと離脱してしまうので、本当のことを書くようにしてください。

ページ内でお客様を引き込み、共感させる

アフィリエイトの成約率(コンバージョン率)を上げる方法 ページの文章は、入ってきたお客様が主人公です。

そのため、こちらの事を押し売りにしては、すぐに帰られてしまいます。

キーワードにもよりますが、お客様の考えを解消してあげるのが、ページの役割です。

まずは、お客様の考え(悩み)を解消する文章を書いて、共感を得ることを考えましょう。

共感をしたお客様は、ページ内のリンクをクリックしてくれるので、そのまま商品が売れる確率が増えるでしょう。

わかりやすい文章で、離脱させないページを作成する

アフィリエイトの成約率(コンバージョン率)を上げる方法 分かりにくい文章を書くと、その文章だけで逃げられてしまいます。

僕の考えになりますが、小学生が読んでもわかる文章を書くことが、わかりやすい文章だと思っています。

もちろん、自分の言いたい事が的外れになっていては、元も子もありません。

言いたいことをわかりやすく伝えていきましょう。

ベネフィットを伝えることで「商品」を欲しいと思わせる

アフィリエイトの成約率(コンバージョン率)を上げる方法 ベネフィットとは、お客様が商品を購入後に得られる、うれしい未来や素敵な未来のことをいいます。

ベネフィットとメリットは間違えることが多いので、違いを説明します。

ベネフィットとメリットの違い

ベネフィット = お客様に待っている素敵な未来
メリット = 商品を買ったときの効果

具体的に、「シミ消しクリーム」で説明します。

メリットベネフィット
シミが薄くなる好きな人から褒められる
1日1回でOKお肌がきれいになる
簡単に使える外を堂々と歩ける
初回990円みんなの注目の的
敏感肌でも使えるママ友から素敵と評判

 

上の表を見てわかると思いますが、ベネフィットとは、なりたい未来の事です。
なりたい未来を想像させることが、成約率をアップさせるポイントとなります。

まとめ

アフィリエイトの成約率(コンバージョン率)を上げる方法 アフィリエイトの成約率(コンバージョン率)を上げる方法を説明しました。
アクセスがあるコンバージョンのページなのに、1件も報酬が上がらなかったり、コンバージョン率が低い場合は、上記の方法を検討してみましょう。

コンバージョン率の平均は高くても5%ぐらいです。

もし、あなたのページのコンバージョン率が悪い場合は、もともと商品が売れにくいものだった場合や、集客している訪問者が良くない場合があります。

そういう、自分の記事以外の部分の検討も行っていきましょう。

おすすめ記事