アフィリエイトサイトに運営者情報は必要なのか?

2021年8月30日

アフィリエイトサイトに運営者情報は必要なのか?

アフィリエイトサイトに運営者情報は必要なのか?

 

今のサイトでは、必ず運営者情報を設置したほうがいいです。

なぜなら、運営者情報もSEOの項目のひとつになっているからです。

 

それでは、運営者情報をどのように書けばいいのか説明していきます。

アフィリエイトサイトの運営者情報について

アフィリエイトサイトに運営者情報は必要なのか?

アフィリエイトサイトの運営者情報を設置することで、ASPからの連絡や、訪問者からの質問などに対応することができます。

 

さらに、運営者情報を読んでくれた、訪問者の信頼感がアップすることで、サイトのSEOが上がることがあります。

運営者情報に入れた方が良い項目

運営者情報に書いておいた方が良い項目を説明します。

名前(会社名)

住所(かける人は)

電話番号(かける人は)

メールアドレス

サイト公開の目的

名前(会社名)

名前(会社名)は、自分のサイトへの連絡先をいただくために公開することが必要となります。

個人でサイトを公開している場合は、ハンドルネームでも可能ですが、本名の方が信頼度は増します。

 

本名を公開するのが不安な方は、ハンドルネームでも問題はありません。

 

問題なのは、訪問者に信頼を得てもらうためです。

住所(かける人は)

住所は会社でサイトを作成している場合は、書いた方が良いです。

これも信頼度アップになります。

電話番号(かける人は)

電話番号は、自分のサイトへ連絡先をいただくために公開しますが、逆にイタズラされる可能性もあります。

個人でアフィリエイトをする場合は、無理に乗せる必要はありません。

メールアドレス

メールアドレスが、連絡をやり取りするときの手段となります。

ただし、そのままメールアドレスを乗せておくと、スパムメールを送られることがあるため、

aaaaa(アット)gmail.com (アット)を変換してください。
というように、変換を入れておくようにしたり、メールアドレスを画像化にしたりするとよいでしょう。

または、メールフォームを設置する方法もあります。

メールフォームとは?>>

サイト公開の目的

運営者情報にサイト公開の目的を書いておくと、そこから共感を得て他のページを見てもらえる可能性が高いです。

このサイトの場合は、

このサイトでは、私、吉本が、アフィリエイト初心者でも利益を出せるような方法を解説したいと思います。

先ほどもお話しましたが、初心者がホームページを作っても成功するのは難しいと思います。

私も始めたばかりの頃は、なかなか成功できませんでした。その時は、先輩アフィリエイターのサポートもあり、なんとか成功しました。

しかし、現在では以前よりも難しくなっています。

そこで今回は、アフィリエイト初心者のために、アフィリエイトの方法を説明します。

このように説明しています。

 

そうすることで、初心者のアフィリエイターの方は、このサイトのページを真剣に(信頼して)見てくれます。

まとめ

「アフィリエイトサイトに運営者情報を書いた方がいいのか」というページでした。

今はどんなサイトでも、運営者情報は書いた方がSEOの効果が上がるので書いた方が良いでしょう。

  • また書くときは、正しい情報を書くこと。
  • 連絡先がちゃんと届くようにしておく。
  • 何のためのサイトなのかを明確にする。

おすすめ記事