【2021年】ペラサイト成功の作り方|見本例あり

2021年8月20日

ペラサイト

      
 
 

こんにちは。
吉本です。
1ページで完成する「ペラサイト」をご存知ですか?ここでは、ペラサイトについて説明していきます。
著者:株式会社アイ・ティー・ワン代表取締役 吉本 SEOコンサル及びアフィリエイターとして、このアフィリエイトの作り方を作成しています。

この「ペラサイト」とはアフィリエイトの方式のひとつです。
基本的には、1ドメインに1ページだけでサイトを作成したり、1ドメインに複数(少し)のページだけで、生産することがペラサイトといいます。
僕の場合、はじめは1ページで作って、後からページを少し増やすことが多いです。
実際はペラサイトとしてページを1ページだけ作っても、検索上位に上がらないこともある為、後からページを追加する場合があります。
そうすれば、ページが検索上位に上がるページがあります。
しかし、期待通りにページが上位に上がらないサイトもあります。
そのようなランキングサイトや利益が上がらないサイトは、バックリンクサイトとして利用して、メインサイトをサポートすることができます。

2021年のペラサイトの状況について

2021年でペラサイトのアフィリエイトサイト作り報酬を得ることはできるのか? 2021年の今では、ペラサイトで報酬を得ることは難しいでしょう。
どのようなキーワードを選択しても、報酬を得るサイトを作るのは難しくなっています。
とはいえSEOをうまく使えば、ペラサイトであれ検索で上位に行ける可能性があります。
ここでは、僕のペラサイトである「カナガンデンタルキャットフード」を見本として紹介します。
カナガンデンタルキャットフード このペラサイトは、現在(2021年6月)アクセスがあり、コンバージョンしています。
Googleの検索窓で「カナガンデンタルキャットフード」と入れてみてください。
飛ばされていなければ、上位に表示されていると思います。
サーチコンソール 上が、サーチコンソールの最近のデータになります。
アクセスは少ないですが、訪問者との意図があっているのでコンバージョンしているのです。

このカナガンデンタルキャットフードは、さくらサーバーの中古ドメインを使っています。
さくらサーバーの中古ドメイン取得方法について >>

もうひとつペラサイトの成功例を紹介すると、 「手の甲を即効で白くする方法は?」というホームページがあります。
手の甲を即効で白くする こちらも「手の甲を即効で白く」とか「手の甲 即効 白く」で調べると上位にあると思います。
このペラサイトは、相当昔に作ったのですが、最近検索で下に落ちたことがありました。
理由は、美容系で個人のサイトで上位にあげるのが難しくなったという点からです。
なので、キーワード調整とページ数を5ページほど増やしたところ、だいぶアクセスが戻ってきました。
上のようなペラサイトはどのようにして作るのか? このページでは、その作り方を説明いたします。

ペラサイトの作り方

ペラサイトの使い方 ペラサイトの作り方は、基本的に1ページで作るため、比較的簡単に思えるかもしれませんが、キーワードによって検索上位に上がりにくい為、なかなか難しいのが最近の傾向です。
しかも2021年となって、キーワード選定が非常に重要になってきます。
また、

  • 上位表示させることができるテキストの量
  • 読んでいて、違和感のない文章構成
  • 共感からコンバージョンにつなげる展開力

上のような事を、1ページにまとめる必要があるため、ライティングスキルも必要になります。
今回はそのような「ペラサイトの作り方」、しかも2021年でも対応できる方法について詳しく説明したいと思います。

以前のペラサイトと2021年のペラサイトについて

以前のペラサイトは、1ページ1ドメインで、どんどんサイトを作成していきました。
作っても検索の上位に表示しない場合は、どんどん新しいサイトを作っていくので、思った以上に費用が掛かります。
それでも、1サイト報酬を得ることが出来れば、50,000円や100,000円と報酬を得ることが出来たため、取り返しがついたのです。
しかし現在のペラサイトは

  • 報酬を得るサイトが出ても、すぐに検索が下位に行き、報酬を得るのが難しい
  • 「ペラサイト」だけでは検索上位に行くのが難しい
  • キーワードの選択が難しい(ほとんどのキーワードを企業サイトが占領している為)
  • 分かりやすい文章で書かないと、上位表示に行くことが難しい

など、難しいことが多くなりました。
そこで、僕が行う2021年のペラサイト手法として、

  • 1ページ1ドメインのやり方は同じ
  • 今まで以上にしっかりとサイトを作り、訪問者によく見られるページにする。
    そうすることでGoogleの評価を得るので、上位にいることが出来る。

先ほど紹介した「カナガンデンタルキャットフード」は、キャットフードの体験レビューとして書いているため、購入したいと思う人が見てくれるページに仕上がっています。
また、2021年のペラサイトは、サイトをどんどん作っていくような手法は行いません。
狙ったキーワードを、数個作成するだけです。
ただし上位に上がらない場合は、バックリンクとして使う可能性もあります。

バックリンクとは

バックリンクとは、被リンクの事を指します。
バックリンクサイトとは、メインサイトに対し、被リンクを張る為のサイトの事です。
現在(2021年)でも、バックリンクは効果があるので、自分でバックリンクを作って被リンクを入れる人はいますが、やり過ぎるとメインサイトの評価は下がってしまいます。

バックリンクについて

 

さくらサーバーなど、レンタルサーバーの借ドメインを使った中古ドメインとは?

さくらサーバーやエックスサーバーを借りたとき、ドメインをひとつ借りられることは知っていますか?

さくらサーバーであれば、△△△△.sakura.ne.jp

エックスサーバーであれば、□□□□.xsrv.jp

というようなドメインです。

 

元々、レンタルサーバーのドメインは強力なので、上位に行きやすいです。

そのレンタルサーバーを借りる時「中古ドメイン」を狙って借りれば、かなりの確率で上位に行きやすくなります。

 

さくらサーバーの中古ドメイン取得方法について >>

ペラサイトのポイント

ペラサイトは、狙ったキーワードで上位にいかない場合、コンバージョンしないので、キーワード選定が重要なポイントとなります。
もちろんですが、売れる商品狙ったキーワードのふたつがそろい、初めてコンバージョンとなります。
商品の選び方、キーワードの選び方は、後で詳しく説明しますが 「商品キーワード」にするのか 「悩み系キーワード」にするのか 「一般名詞キーワード」にするのか によって変わってきます。

2021年のペラサイトで使うキーワードの場合

2021年のペラサイトで使うキーワードは、商品キーワードにします。
その理由は、検索で上位に行きやすいからです。
逆に言えば、それ以外のキーワードでページを作っても、企業系のサイトが多く、ペラサイトで上位に行くことは難しいです。

ペラサイトのメリットデメリット

ペラサイトのメリット

ペラサイトのメリットは、構成をシンプルに作ることができるので、訪問者に対し効率よくコンバージョンさせることができます。
大きなサイトを作っていくと、似ているページが増えていくために、ページの重複が起こります。
ページの重複が無いということもペラサイトのメリットともいえます。

ペラサイトのデメリット

デメリットも多く、いろいろなキーワードを1ページに含める必要がいる為、コンテンツ量が多くなる事が多いです。
簡単に言えば、競合サイトよりもたくさんの文字数を書く必要がいるため、大変な作業になります。
また、何個も何個もペラサイトを作っていれば、そのうち報酬が出る・・・というわけにはいかなくなりました。
なので、2021年以降でペラサイトを始めるなら、1サイトに対して時間を掛けて作成したほうが良い結果が出ると考えています。

ペラサイトの作り方

ペラサイトを作るには、普通にサイト構築ができるだけのスキルが必要となってきます。

ペラサイトを始めて、アクセスが増え報酬を得るようになってきたら、少し大きなサイトを作っていくと、さらに報酬のアップが見込めます。
または、そのペラサイトのページ数を増やしていけば、報酬のアップが簡単に行うことが出来ます。

それでは実際に、ペラサイトを作る方法を説明します。

上では商材から決めていますが、良いキーワードが見つかったときなどは、順番が逆になるときもあります。
また、既にレンタルサーバーを借りている場合、3番は無くなります。
4番は、中古ドメインのほうが効果があります。

1.商材を決める

はじめに商材を決めていきます。
商材を決めるときは、ASPのプログラム検索から調べていきます。
ここでのポイントは、売れている商品を選択することです。
せっかくお客様が入っても売れなければ意味がないからです。
A8管理画面 上はA8の管理画面ですが「EPC」と「確定率」が表示されているのがわかると思います。
これは、簡単に言えば「売れやすい値」となっています。
僕の場合は、EPCは100以上、確定率は70%目安で選んでいます。
※「EPC」と「確定率」の詳しい調べ方はA8.netでご確認ください。
※「EPC」と「確定率」は商材を提携すると確認することができます。
売れている商品をゴッソリ探すツールもあります >>

2.キーワードを決める

キーワードの選び方には、 「商品キーワード」にするのか 「悩み系キーワード」にするのか 「一般名詞キーワード」にするのか この3種類あるとお伝えしました。
2021年のペラサイトでは商品キーワードを選択した方が良いと説明しましたが、ここでは3つのキーワードを使う方法を紹介します。

商品キーワードを使う場合

これは、商品名をそのままキーワードにするのですが、単ワードだけでは中々上位に行くことは難しいかもしれません。
しかし、有名ではない商品の場合は、商品名だけで紹介したほうがいいことも多いです。
例えば、情報商材の「キーワードスカウターST」の場合、 キーワードサジェストツールの「https://seranking.com/jp/」で調べてみると、 キーワードスカウターST このように「難易度は低く」 検索ボリュームは140なので、検索が上位に来れば売れる可能性があります。
そのため、関連キーワードやサジェストキーワードを探して記事を書きました。
キーワードスカウター ※このページはペラサイトではなく、このサイトにあるページです。
キーワードスカウターSTのページはこちら >>

悩み系キーワード

悩み系とは、人の悩みを解決し、商品やお店に誘導するキーワードです。
悩み系キーワードはたくさんありますが、サイトアフィリエイトで行うのは、個人では難しい状況になっています。
理由は、YMYL系が進んでいるために、検索で上位にあげる事が難しいからです。
悩み系のジャンルを紹介すると、 「健康、美容」脱毛、ダイエット、育毛、肌、アトピー 「金銭」借金、保険、株 「生活」しつけ、子供 などがあります。
ペラサイトをやるならば、悩み系キーワードは難しいので、選択しない方が良いと思います。
今回成功例として紹介した「手の甲 即効 白く」は悩み系ですが、今から作る場合、選択肢として選ぶのはやめた方が良いでしょう。

一般名詞キーワード

一般名詞キーワードとは「名詞の名前」をキーワードとしたものです。
例えば、「訳アリ物件」「はちみつ 通販」「おもちゃレンタル」「洗濯代行」「名前シール」 などがあります。
ここでは、 URL正規化でSEO対策 というページを作ったので紹介します。
URL正規化 ※このページはペラサイトでは無く、このサイトにあるページです。


以上の3つのキーワードの種類がありますが、 2021年のペラサイトを取り組む場合は、 「商品キーワード」 が、おすすめです。
なぜなら、検索上位に行きやすいからです。
ペラサイトをやっているとわかりますが、悩み系キーワードや一般名詞キーワードは、競合サイトが多すぎて、上位に行くのがほぼ無理です。
それに比べ商品キーワードであれば、上位に行ける商品を見つけることが出来るでしょう。
その商品でサイトを作成していきます。

キーワードの決め方

商品名が決まったとき、実際のキーワードはどのように設定したほうがいいでしょうか。
キーワードには「商品名」のみ、「商品名 購入」「商品名 値段」「商品名 価格」など色々あります。
商品名」のみでペラサイトを作った場合。
まずはじめに調べたいのは商品名」で上位に行くかということをチェックします。
その理由は、できれば商品名をキーワードにしたいからです。
もちろん「商品名 口コミ」や「商品名 評判」であれば、上位に行ける可能性は商品名よりありますが、アクセス数がとても少なくなるからです。
ここでは、先ほどと同じように「キーワードスカウターST」を調査して、Google検索窓を調べた時、どのようなタイトルが並んでいるか調べてみます。
キーワードスカウターST このように、個人の人が作ったのページが上位にあるので、検索上位に行ける可能性が高いです。
こういう場合は商品名のみのキーワードでサイトを作ります。
しかし「商品名」で調べた時、大企業などが多い場合は、 「商品名+○○」というキーワードに変更します。

大企業というのは

大企業は、ドメインが強い為、どのようなページを作っても上位に上がる可能性が高いです。
大企業というのは、具体的に、 rakuten amazon yahoo goo mynavi my-best suumo athome homes などのことです。
(実際はもっとあります)

もし「商品名」で上位に行けそうではない場合は「商品名+○○」というキーワードで考えてみます。
「商品名+○○」というキーワードのポイント 「訪問者の考え」について

商品を購入するつもりで入力している。
商品名 + 購入 商品名 + 値段 商品名 + 価格 商品名 + 値段 商品名 + 激安 商品名 + 注文 上のキーワードの場合は、商品が欲しいので入力しています。
ということは、自分のページでは、 「○○商品はこちらです >>」 と、公式のページに紹介するだけで、購入してくれます。
ただし、検索数はそれほど多くないです。
商品の事をもっと知りたい 商品名 + 口コミ 商品名 + 効果 上のキーワードは検索数が多いほうです。
しかし、商品についてもっと知りたいことがある為、上のキーワードを入れています。
なので、その商品についてしっかり教えてあげてから、 公式ページに誘導しましょう。
商品名 + 副作用 商品名 + 成分 このキーワードは、商品について、さらに知りたい人が入力するものです。
正解、丁寧に商品の事を伝えるようにしましょう。

 

キーワードを決める まとめ

あなたがペラサイトのキーワード決めるときは、

  • 「商品名」で作るチェックをする。
  • 難しいようであれば、お客様が悩んだり調べたりしている「商品名+○○」でもOKです。

3.レンタルサーバーを決める

レンタルサーバーを決めていきます。
アフィリエイターをやっている方なら、安いレンタルサーバーを選択するか、速度が速いレンタルサーバーを選ぶかのどちらかだと思います。
おすすめは、XSERVERバリューサーバーです。
XSERVERが早くでWordPressのインターネットも簡単なのでイチオシです。

ただし、上でも言いましたが、レンタルサーバーの仮ドメインを使ったサイトを作る場合は「さくらサーバー」か「ロリポップ」がおすすめです。

詳細についてはさくらサーバーの中古ドメイン取得方法に詳しく書いてありますが、商品を作る為のサイト費用をほぼ0円でできてしまうからです。

(普通であれば、独自ドメインの費用の1000円ぐらい掛かります)

4.ドメインを決める

ドメインは、中古ドメインを使うことで、早く検索エンジンに表示されるのでおすすめです。
もちろん今であれば、新規ドメインを使っても問題はありません。

中古ドメインの取得方法について

中古ドメイン屋さんで中古ドメインを購入した

さきほど説明をした、さくらサーバーの中古ドメイン取得方法の場合は、独自ドメインの中古ドメインを買う必要はありません。

なので、費用は安く済みます。

5.記事を書く

ペラサイトは、訪問してきたお客様を、そのページでコンバージョンさせるため、キラーページと呼ばれるページを作成します。
記事の書き方については、ページの量が多くなるため、他のページで紹介します。

6.記事をアップする

記事が作成出来たら、インターネットへアップロードし公開します。
その為の、ソフトやCMS(コンテンツマネジメントシステム)が必要となってきますが、簡単に行うなら、SIRIUSがおすすめです。
SIRIUSの場合は初心者でも、簡単に作業が出来るような設計がしてあるために、マイクロソフトのWord感覚で操作ができます。

記事をアップ後、アクセスがあった後の対応

記事をアップした後アクセスがあっても、すぐに商品が売れるということはありません。
そういう時は、ページを修正していきます。
その修正方法を紹介します。

具体的に説明しましょう。

サイトタイトルを修正する

タイトルを修正する場合、Googleのアナリティクスと、サーチコンソールに登録しておく必要があります。
なので、Googleアナリティクス、サーチコンソールに登録したくない場合は、この作業はしなくても結構です。

Googleアナリティクスでページのクリック率をチェックする

Googleアナリティクスでは、ページに入った人の率がわかります。
例えばこのページの場合、 検索結果に 「110回」表示され、 「2回」クリックされた。
と言うことです。
なのでクリック率は、 「1.82%」ということです。
1.82%はかなり低いです。
なので訪問者がクリックしたくなるタイトルに変更します。
今はクリック率が1.82%ですが、 3.64%になれば、2倍5.46%になれば、3倍のお客が獲得できるので、 商品も2倍、3倍に増える可能性があります。

ページの記事修正をする

ページの記事修正をするために、ヒートマップのツールを入れます。
詳細はこちらから:https://www.ptengine.jp/ ヒートマップとは、訪問者がページ内でどのような動きをしたり、クリックしたりしたのかがわかる便利なソフトです。
なので、ヒートマップを入れることで、ペラサイトの記事修正がしやすくなります。
ヒートマップを入れてみると、お客さんが読んでいたい部分と、お客さんが読んでいる部分がわかります。
お客さんが読んでいる部分は、ページの前に持ってきたり、話を広げて記事を膨らませたりします。
お客さんに読まれていない記事は、ページの後ろに持って行ったり、思い切って削除したりします。
そうすることで、検索が上がったり、商品が売れることがあります。

ペラサイトに画像を入れる

 

ペラサイトに画像を入れることで、ページが見やすくなります。
また画像を入れることで、ページにクッションが入り、記事の読み飛ばしが少なくなります。
なので見出しの後に、画像を入れたり、300~500文字の後に画像を入れたり、ページ見たときに、キレイの思えるようなページ作りにしていきます。

アフィリエイトのリンクが押されているかチェックします。

 

いくらアフィリエイトのリンクをたくさん入れていても、お客様に押されていなければ意味がありません。
アクセス解析でリンクが押されているか? PTエンジンでリンクが押されているか? チェックをします。
上の画像は、PTエンジンで確認したものです。
2回リンクを押されていたのですが、そのうち1回はアフィリエイトのリンクを押されていました。
※もしアフィリエイトリンクが1日2回でも、アフィリエイトリンクを1回押されていればそのページはとても優秀です。
人を文章に惹きつけ、しっかりとリンクまで誘導しているということになるのですから。
このページでは、プレゼントを付ける予定ですが、そのプレゼントには人を惹きつける記事の書き方を書いています。

ペラサイトで売り上げが上がってから

 

ペラサイトを作っていくと、だんだん売上が上がってきます。
その後の対応方法を紹介します。

ペラサイトの売り上げについて

上記のペラサイトの売り上げは、見てもわかるように2019年のものです。
現在(2021年)、ペラサイトを使って、アフィリエイトの報酬を上げるのは、かなり難しくなりました。
理由は、Googleがしっかりと評価したサイトでない場合、検索上位にあげないからです。
もちろん、1ページのサイトでも、上位にあげることもありますが、はっきり言うと、そのようなキーワードを探すこと自体が難しいのです。
以前、僕が販売していた情報商材「1Weekアフィリエイト」という商品があるのですが、 この商品も、ペラサイトから、サイトを作ってだんだんサイトを大きくするものです。
「1Weekアフィリエイト」の情報も古くなってきたところが多く、 今のGoogleには効果が無いところも多くなってきました。
そこで「1Weekアフィリエイト」の修正版「1Weekアフィリエイト2021」を作り、このページで紹介しようと思っています。
出来上がったときにまたここで紹介します。

最後に

ペラサイトで検索上位に行く方法、いかがだったでしょうか? ここで書いてある方法は、今現在(2021年6月)に本当に作業している方法をそのまま書いてあります。
しかも、ペラサイトをちゃんと紹介してるので、本気で真似をしていけば、稼げるサイトを作ることが出来るようになるでしょう。
その中で、色々な商品を検証して紹介していけばいいので、思ったほどお金はかからないですし、そこで売れるものを見つければ・・・ 後はあなたがやるか、やらないかです! ※下のアフィリエイトサイトのやり方では、通常のアフィリエイトサイトの作り方を紹介しています。
こちらでも、本気で紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

 

おすすめ記事